湿布の種類と使用規則

湿布は通常、発熱や痛みを和らげるために使用されます。一般的に使用される湿布には、冷湿布と温湿布の2種類があります。湿布が効果的に機能するためには、利点とその使用方法を知っておくことが重要です。

体の特定の部分または全身に湿布を使用することは、怪我による痛みや腫れなどの不満を和らげる別の方法です。ただし、圧縮は適切に使用されていないと効果的に機能しません。

使用できる湿布の種類

毎日の苦情を和らげるために一般的に使用される湿布には、次の2種類があります。

温湿布

温湿布、より正確には温湿布と呼ばれる2つのタイプ、すなわち乾熱と湿熱があります。

温湿布は、温湿布、赤外線、またはサウナで行うことができます。一方、温かい湿った湿布は、温水または温浴に浸したタオルを使用できます。

温湿布の機能は血管を拡張することで、細胞や体組織への血流がスムーズになります。温湿布は、負傷した体組織の回復にも役立ちます。

一般に、温湿布を与えることによって克服または緩和できるいくつかの条件を以下に示します。

  • 関節炎による関節の痛み、腫れ、こわばり
  • 頭痛
  • 筋肉痛またはけいれん
  • 背中の痛み
  • 慢性的な痛み、例えば状態 線維筋痛症
  • 捻挫などの筋肉または関節の損傷

温湿布を使用するときは、使用する熱または熱に注意を払うことが重要です。火傷の危険性があるため、高温の湿布を使用しないでください。

また、温湿布は打撲傷、腫れ、または開いた傷には使用できないことに注意してください。

さらに、糖尿病、皮膚炎、深部静脈血栓症(DVT)、出血性疾患、および次のような神経障害などの特定の病状を持っている人 多発性硬化症、温湿布の使用は推奨されない場合があります.

これらの病気のいずれかに苦しんでいる場合は、温湿布を使用する前に医師に相談する必要があります。

冷湿布

冷湿布は、怪我による痛み、腫れ、炎症を軽減するために使用できます。体が怪我をすると、怪我をした体の部分が炎症を起こし、痛みや腫れを引き起こします。

この怪我による炎症は、通常、体が怪我から回復するまで短時間しか続きません。ただし、これらの苦情を減らすために、冷湿布を使用できます。

さらに、冷湿布は次の状態を治療するためにも使用できます。

  • 虫刺され
  • かゆみや日焼けした肌
  • 関節痛
  • 片頭痛
  • 腱炎や滑液包炎などの筋肉組織または結合組織の損傷または炎症

冷湿布は、布で包んだ角氷または冷凍ジェル、または冷水に浸したタオルです。

冷湿布は、筋肉や関節のこわばりや、糖尿病、心臓病、高血圧などの特定の病状のある人には使用しないでください。

冷湿布は、感覚神経障害によるしびれやうずきを訴える人の使用もお勧めしません。

温湿布を使用するための規則

温湿布は、冷湿布よりも長期間使用できます。ただし、一般的に、温湿布を適用するための推奨時間は15〜20分です。

温湿布を使用する場合は、湿布の温度が皮膚の火傷を防ぐために熱すぎないことを確認してください。激しい痛みを和らげるために、温水に30分から最大2時間浸すことができます。温湿布は、最長で1〜2週間使用できます。

冷湿布使用規則

冷湿布は、あざや捻挫などの急性または最近の怪我の治療に使用できます。怪我の治療では、冷湿布は48時間以内にのみ使用する必要があります。

冷湿布を与えるための推奨時間は10〜15分から最大20分です。冷湿布を長時間与えることは避けてください。血液循環を阻害し、怪我の治癒過程を妨げる可能性があります。

温湿布または冷湿布のどちらを使用する場合でも、熱すぎたり冷たすぎたりする湿布の使用は避けてください。湿布の使用は、短い家庭療法にのみ推奨されることに注意してください。

温湿布または冷湿布を使用しても苦情が改善しない場合は、医師に相談して、迅速かつ安全に治療を行う必要があります。