目覚めた後、顔が腫れているように見えますか?これらの4つの方法で克服する

私たちの多くは、広告のように目を覚ますと、新鮮な顔を切望します。しかし、目覚めると顔がむくんで、フレッシュの定義からは程遠いのが現実です。実は多分 番号, 地獄?答えは、多分です!ここでその方法をご覧ください、 来て

目覚めたときの顔のむくみはごく一般的なことです。これの最も一般的な原因は、前夜の高塩分の食事またはアルコールの消費です。ただし、顔のむくみは、睡眠中の頭の位置、ホルモンの変化、ストレス、脱水症、アレルギーによっても引き起こされる可能性があります。

目覚めたときに腫れた顔を克服する方法

目覚めた後に腫れた顔に対処するためにあなたがすることができるいくつかの方法は次のとおりです。

1.冷水で顔を洗います

目覚めた直後に冷水で顔を洗うと、顔の腫れを抑えることができます。基本的に、腫れは、睡眠中に血液が顔の領域に運ぶ液体の蓄積です。 今、 冷水は顔への血流を減らし、腫れが続かないようにします。

2.きゅうりで顔を圧迫します

きゅうりには、目の腫れを減らすのに役立つと考えられている抗酸化物質が含まれています。最大限の効果を得るには、冷蔵庫に入れておいた冷たいきゅうりを使用できます。

3.お湯で顔を圧迫します

冷水の後、温水で顔を圧迫することもできます、 ほら。ぬるま湯で顔を圧迫すると、顔に溜まった水分の流れをスムーズにするのに役立ちます。ただし、目の周りは避けてください。

4.水を飲む

体内のフリーラジカルを除去するのに役立つだけでなく、目覚めた後の飲料水は顔の腫れに対処するのにも役立ちます。 ほら。水は体内の塩分と水分レベルのバランスをとることができるため、目覚めた後の顔のむくみの訴えは徐々に消えます。

来て、腫れた顔が戻ってくるのを防ぎます

次の方法で目覚めた後の腫れた顔を防ぐこともできます:

  • 夜は、アルコールやインスタントラーメンや缶詰などの塩分やナトリウムを多く含む食品を食べすぎないようにしてください。
  • 使用を避ける 化粧 顔の炎症を防ぐために就寝する前に。
  • お腹で寝ないでください
  • 顔に水分がたまらないように、枕で頭を支えて寝てください。

目覚めた後の腫れた顔は正常であり、それ自体で徐々に収縮します、 どうして。だから、朝顔がむくんでいるのを見て、動揺する必要はありません。

それでも、かゆみ、痛み、赤み、さらにはきつさなど、顔の腫れが不自然に感じられる場合は、注意が必要です。その場合は、すぐに医師の診察を受けてください。顔のむくみは健康上の問題が原因である可能性があります。