人間の鼻の解剖学をのぞく

鼻の解剖学的構造は、最適な動作メカニズムを作成するために互いに支え合ういくつかの部分で構成されています。これらの部分の1つが乱されると、嗅覚器官としての鼻の機能が損なわれる可能性があります。

鼻は五感の一つです。この器官のおかげで、人間は甘い匂いや悪い匂いなど、さまざまな種類の匂いを認識することができます。鼻の解剖学的構造を知ることで、鼻がどのように機能し、どのように健康を維持するかを理解できることが期待されます。

鼻の解剖学

知っておくべき重要な鼻の解剖学的構造は次のとおりです。

1.鼻孔

鼻の外側からは、鼻腔につながる2つの小さな穴しか見えません。これらの2つの穴は、呼吸時の空気の出入りとして機能します。

2. B

鼻腔には細い毛がついています。これらの毛は、鼻腔に入る汚れをろ過するように機能します。時々、粘液や汚れが鼻の細い毛の間に凝固することがあります。

3. Sイリア

鼻腔の中には、ほうきのように機能する小さな組織もあります。繊毛は、汚れを捕らえ、それが下気道に下がるのを防ぐ働きをします。

繊毛は有害物質に非常に敏感であり、その1つがタバコの煙です。これらの物質に繰り返しさらされると、繊毛の機能が損なわれます。繊毛が損傷していると、気管支炎などの呼吸器疾患を発症するリスクが高まる可能性があります。

4.壁 真ん中

2つの鼻孔の間には、中隔と呼ばれる中央または分割壁があります。この壁は骨と軟骨(柔らかい骨)でできています。

目に隣接する上部の仕切り壁は骨で満たされています。軟骨で満たされた真ん中と底にいる間。そのため、中鼻と下鼻を押すとしなやかになります。

5.側壁

中央の壁に加えて、鼻には側壁または側壁もあります。これらの側壁は、鼻甲介または コンチャ。これらの構造は、私たちが呼吸する空気を暖め、加湿し、ろ過するのに重要な役割を果たします。

6.サイン

鼻の内側には4つの副鼻腔があります。つまり、頬骨の最大の副鼻腔としての上顎洞、額の中央にある前頭洞です。 篩骨 目の間の鼻の橋と副鼻腔にあります 蝶形骨 鼻腔内。

これらの4つの副鼻腔は、粘液を産生する粘液の層によって裏打ちされています。今まで、副鼻腔の機能が何であるかは明らかではありません。粘液、汚れ、細菌が副鼻腔に閉じ込められると、副鼻腔炎と呼ばれる炎症が発生する可能性があります。

鼻のしくみ

鼻は嗅覚として知られています。その機能の1つは、消費に適さなくなった悪臭のある食品と、まだ消費に適している新鮮な香りの食品を特定することです。では、鼻はどのように機能して、さまざまな種類の匂いを知ることができるのでしょうか。

私たちが最初に呼吸する空気は鼻腔に入ります。鼻腔の上部には、嗅覚または嗅上皮があります。嗅覚は、嗅覚を検出できる受容体を含んでいるため、嗅覚の面で重要な役割を果たしています。

嗅覚を正常に認識した後、受容体は嗅神経に信号を送り、次に嗅球に信号を送ります(嗅球)。その後、信号が脳に送られ、吸入すると匂いとして解釈されます。

鼻はまた別の重要な役割を持っています、すなわち気道のドアとして。最初に、私たちが呼吸する空気は、ろ過プロセスのために鼻孔を通って鼻腔に入ります。肺に入らないはずのほこりや粒子は、鼻腔に残ります。

きれいな空気は気管または気道への旅を続け、その後肺に行き着きます。息を吐くと、肺からの空気も同じように出てきます。

鼻の健康を維持する方法

私たちにとって最も重要な気道の1つとして、健康な鼻を維持することは、副鼻腔を健康に保つことによって行うことができます。それらの中には:

  • くしゃみや咳をするときは口を覆い、公共の場ではマスクを着用してください。目標は、気道感染症の主な原因としてのウイルスや細菌の感染を回避することです。
  • 手が汚れていると、ウイルスや細菌が鼻に広がる可能性があるため、手で顔に触れる習慣は避けてください。
  • ウイルスやバクテリアが手に長生きしていたるところに広がる時間がないように、石鹸で頻繁に手を洗ってください。
  • タバコの煙、車の煙、燃えるごみからの煙、ほこりは避けてください。その理由は、汚れた空気には、副鼻腔やもちろん呼吸に問題を引き起こす可能性のある化学物質が含まれているためです。
  • 特にほこり、動物の皮屑、カビに対するアレルギーの病歴がある場合は、アレルギーの引き金(アレルゲン)を避けてください。
  • ウイルスやバクテリアの温床にならないように、エアコンは定期的に掃除してください。

鼻の解剖学的構造を理解することに加えて、それほど重要なことは常に健康な鼻を維持しようとすることです。鼻や呼吸に障害を感じた場合は、すぐに医師に相談して治療を受けてください。