ファティマグラスは出産を開始できますか?これが事実です

すべての妊婦は赤ちゃんをスムーズに出産したいと思っています。その結果、ファチマグラスを食べるなど、さまざまな方法でそれを実現している妊婦も少なくありません。彼は、この草本植物は労働を開始することができると言いました。そうですか?

ファティマグラスまたは プミララビシア は、インドネシアやマレーシアなど、東南アジアのいくつかの国で薬として頻繁に使用されている草本植物です。

さまざまな研究によると、この植物にはホルモンのエストロゲン(植物エストロゲン)に似た物質が含まれているだけでなく、抗炎症作用や抗酸化作用もあるため、さまざまな病気を治療できると考えられています。

伝統的に、ファチマグラスは、性欲を高め、閉経後の症状を和らげ、月経中の痛みを和らげるために、一部の女性によってしばしば消費されます。それだけでなく、この草本植物は出産プロセスを開始することができると予測されています。

スムーズな陣痛のためのファティマグラスの利点についての事実

多くの人々は、ファチマグラスが胎児の健康を維持するのに有益であり、スムーズな分娩に良いと信じています。これらの利点を得るために、この植物は通常、薬草またはハーブティーとして消費されます。

実際、ファチマグラスが出産を開始できるという仮定は間違ったものであり、まっすぐにする必要があります。

ファチマグラスは、女性が出産しようとしているときに女性の体が生成するホルモンであるオキシトシンというホルモンの活性を刺激することができます。このホルモンは収縮を引き起こし、陣痛プロセスをスピードアップする可能性があります。

期日より前に消費された場合、ファチマグラスは早産や流産のリスクを高める可能性があります。ファチマグラスは、先天性疾患や胎児の欠陥のリスクを高めるとも言われています。

したがって、妊娠中の女性は、最初に医師に相談せずに、ファチマグラスを含む薬やハーブ製品を摂取するべきではありません。

妊娠中の女性にとってのファティマグラスの一連の危険

陣痛促進剤として使用されていると言われていますが、ファチマグラスのオキシトシンのレベルは明確ではなく、実際には妊娠や出産に危険を及ぼす可能性があります。

ファチマグラスは、過剰にまたは頻繁に摂取すると、母親と胎児に次のようなさまざまな危険を引き起こす可能性があります。

1.流産のリスクを高める

ファチマグラスは収縮を引き起こす可能性があります。出産期日より前または妊娠期間が非常に早い時期に摂取した場合、このハーブは流産のリスクを高める可能性があります。ファティマグラスの摂取はまた、子宮内での胎児死亡のリスクを高める可能性があります(死産).

2.早産や胎児の変形を引き起こします

流産のリスクを高めることに加えて、ファチマグラスの消費は早産を引き起こす可能性があります。この植物はホルモンのオキシトシンを刺激するので、出産予定日(HPL)が来る前に陣痛が早く起こる可能性があります。

早産児は生まれる時期が早すぎるため、臓器機能障害、感染症のリスクの増加、授乳困難、乳幼児突然死(SIDS)など、さまざまな健康上の問題や合併症を引き起こす可能性があります。

3.胎児に中毒を引き起こします

妊娠中の女性にとって危険であるだけでなく、ファチマグラスを含む薬やハーブ製品の摂取も胎児に影響を与える可能性があります。これは、薬やハーブ製品に、胎児に害を及ぼし、先天性疾患や先天性欠損症を患わせる可能性のある有毒物質が含まれている可能性があるためです。

ファチマグラスは、妊娠していない女性の健康上の問題を治療するために、たとえば更年期障害や月経前症候群の症状を和らげるために使用される場合があります。

一方、この植物は妊娠中および授乳中の女性による消費には推奨されていません。これは、ファチマグラスが安全に摂取でき、妊娠、出産、授乳に有益であることを証明する研究がないためです。

上記の情報を知った後、妊娠中の女性はファチマグラスや他の薬草を摂取することを避けるべきです、はい。安全を確保するために、薬やハーブ製品を使用する前に医師に相談することを忘れないでください。

妊娠中の女性がスムーズに出産したい場合は、ファチマグラスや他のハーブ植物を消費せずに、定期的に運動する、ストレスを避ける、栄養価の高い食べ物を食べる、会陰マッサージを行うなど、いくつかの方法があります。妊娠中の女性は、出産予定時刻の前に出産を試みることもできます。

妊娠中の女性がまだ好奇心が強いか、すでにファチマグラスを消費していて、子宮内の胎児の状態を心配している場合は、医師に相談してみてください。