かゆみを伴う皮膚の赤い斑点の原因を認識する

かゆみを伴う皮膚の赤い斑点の出現は、多くの原因によって引き起こされる可能性があります。トリガーのいくつかは、虫刺され、感染症、アレルギー、免疫系障害です。

かゆみを伴う皮膚の赤い斑点は、顔、腕、脚によく発生します。ただし、この状態は、体または体の他の領域でも発生する可能性があります。

かゆみを伴う皮膚の赤い斑点の原因

かゆみを伴う皮膚の赤い斑点の出現を引き起こす可能性のあるさまざまなものがあります。それらのいくつかを次に示します。

1.かみ傷 NSバグ

昆虫などの小動物の咬傷は、皮膚のかゆみを伴う赤い斑点の最も一般的な原因の1つです。蚊、アリ、ペットのノミ、ベッドダニ、クモに刺された場合、この苦情が発生する可能性があります。

赤くてかゆみのある斑点に加えて、虫刺されの周りの痛みや腫れも感じられることがあります。

2. D皮膚炎 kコンタクト

その後のかゆみを伴う皮膚の赤い斑点の最も一般的な原因は、接触性皮膚炎です。接触性皮膚炎は、石鹸、化粧品、香水、宝石、植物などのアレルゲンまたは刺激物との直接接触の結果として発生します。

この状態に対処する最善の方法は、原因を特定して可能な限り回避することです。さらに、冷湿布で圧迫したり、コルチコステロイドを含む局所薬を塗布したりすることもできます

3. Dアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎または湿疹は、一般的に乾燥したかゆみを伴う皮膚の症状を特徴とします。この状態はしばしば子供たちによって経験されます。原因は定かではありません。ただし、遺伝的要因と非衛生的な環境は、この状態のリスクを高める可能性があります。

アトピー性皮膚炎の症状は、通常、コルチコステロイドクリーム、または医師が推奨する他の薬で治療されます。

4.白癬

白癬は白癬とも呼ばれ、伝染性で、頭皮、胸の下、脇の下、鼠径部、足など、体のいくつかの部分に広がるか広がる可能性のある真菌感染症です。

白癬は、かゆみを伴う皮膚の赤い斑点、うろこ状で肥厚した皮膚から、皮膚表面のただれの出現まで、さまざまな症状を特徴としています。

白癬感染症を治療するには、医師の指示に従って、抗真菌クリームを塗布するか、錠剤の形で抗真菌薬を服用します。

5. Sチリ

疥癬 または疥癬はダニによって引き起こされる皮膚の炎症です ヒゼンダニ。疥癬 それは一般的に、特に夜間に発疹と激しいかゆみの出現を特徴とします。

発疹やかゆみのある部分に常に傷が付いていると、感染した痛みにつながる可能性があります。 疥癬 それは一般的に皮膚に適用される軟膏やクリームで治療されます。

かゆみを伴う皮膚の赤い斑点を防ぐ方法

一般に、かゆみを伴う皮膚の赤い斑点を防ぐ方法は、トリガーを特定して回避することです。また、苦情の再発を防ぎながら悪化を防ぐため、医師の推奨に従って治療を受けることをお勧めします。

また、体と周囲の環境の清潔さを維持するために勤勉でなければなりません。皮膚が赤くてかゆみを伴う斑点を経験するのを防ぐために行うことができるいくつかのヒントは次のとおりです。

  • 定期的に皮膚保湿剤を使用してください。
  • 苦情の原因にさらされるリスクがある場合は、保護服または手袋を着用してください。たとえば、洗剤で洗うとき。
  • 入浴時には無香料の石鹸を使用してください。
  • 特にアレルギーの病歴がある場合は、ペットや植物に特に注意してください。
  • ペットを清潔に保ち、発疹や皮膚のかゆみを引き起こす可能性のある汚れ、細菌、ノミにさらされないようにします。
  • この状態はかゆみを悪化させる可能性があるため、ストレスをうまく管理してください。

かゆみを伴う皮膚の赤い斑点を経験した場合は、医師に相談することをお勧めします。特に、この状態が長引くか悪化する場合。医師は原因を診断し、それを治療するための適切な治療を提供します。