共感の意味、特徴、および利点を理解する

共感とは、他の人が何を感じているかを理解し、その人の視点から見て、その人の立場にいる自分を想像する能力です。共感は、人間間の関係を構築し、維持する上で重要な役割を果たします。

人間は幼児期から共感の兆候を示し始めており、小児期および青年期にさらに発達します。ただし、ある人の共感のレベルは別の人とは異なる場合があります。共感しやすい人もいれば、共感しにくい人もいます。

共感のレベルのこの違いは、子供時代または現在の社会環境、物事の見方、子育てのパターン、過去の経験、期待など、いくつかの要因の影響を受ける可能性があります。

共感の特徴

あなたが高い共感を持っている人であるかどうかを示すいくつかの特徴があります。それらの中には次のものがあります。

  • 他人に対して高い関心と優しさを持っている
  • 聞き上手です
  • 他人の気持ちを理解するのが得意
  • 多くの場合、他の人がベントする場所として使用されます
  • 多くの場合、他の人の気持ちについて考えます
  • 他の人の問題のカウンセラーになるようにしばしば頼まれる
  • 多くの場合、悲劇的な出来事に悩まされていると感じます
  • 常に苦しんでいる他の人を助けるようにしてください
  • 誰かが真実を言っているときは簡単にわかります
  • 社会的状況で時々疲れたり圧倒されたりする

共感のさまざまな利点

高い共感を持っていることは、あなた自身だけでなく他の人にも多くの利益をもたらします。それらのいくつかを次に示します。

1.社会的関係を構築する

他の人との社会的関係を築くには共感が必要です。共感を持って、他の人が何を考え、感じているかを理解することができます。また、すべての社会的状況で適切に対応するように訓練されます。

2.自分の感情を調整する

他の人と共感することはまたあなたの感情を制御するためにあなたを訓練します。そうすれば、ストレスを感じにくくなります。

3.援助行動の練習

あなたが共感するとき、あなたはそれが他の誰かの立場にあることがどのようなものであるかを想像することができます。これはあなたがその人の負担や問題を和らげることができる何かをすることを奨励します。

したがって、共感は人間同士の相互扶助や利他主義の実践にも役立ちます。共感は愛を伝える重要な要素でもあります。

共感を育むためのヒント

共感は能力であるため、それを構築または強化することができます。共感を育み、強化する方法は次のとおりです。

  • あなたとは異なるバックグラウンドを持つ人々とたむろしてください。
  • 他の人とコミュニケーションをとるときは、ボディランゲージや、顔の表情などの他の形式の非言語的コミュニケーションに注意してください。
  • 邪魔をせずに、できる限り相手の話を聞くようにしてください。
  • あなたが本当に彼または彼女に同意または反対しなくても、他の人を理解するようにしてください。
  • 多くの場合、他の人の立場になります。

共感の成長と強化はすぐにはできません。ただし、上記の方法を毎日実行し続けます。時間が経つにつれて、あなたの共感は研ぎ澄まされ、あなたはすぐにそれが特にあなたの社会生活において役立つことに気付くでしょう。

上記の方法は、一部の人にとっては実践が難しい場合もあるため、共感を生むことなく実行できます。これが日常生活に支障をきたしていると感じた場合は、遠慮なく心理学者に相談して正しい解決策を見つけてください。