これは血中の正常な血小板数の重要性です

血液中の血小板の通常の数は、血液1マイクロリットルあたり150,000〜400,000血小板です。血小板の数がその量より少ないか多い場合、血液凝固プロセスに干渉する可能性があります。したがって、常に正常な血小板レベルを維持することが重要です。

血小板(血小板)は血小板としても知られており、血液凝固の過程で重要な役割を果たします。また、血小板は、血液凝固障害によるさまざまな病気のスクリーニング(早期発見)や診断にもよく使われます。

血小板数が少なすぎたり多すぎたりすると、体はさまざまな健康上の問題を経験します。

血中の正常な血小板数

血小板は血液と脾臓に見られます。これらの血球は無色で、ライフサイクルはわずか10日です。あなたの体は骨髄で新しい血小板を生成することによって血小板の供給を更新します。

怪我が発生すると、血小板が凝固して出血を止めます。出血が止まった後、傷は徐々に治ります。血小板が不足していると、けがをしたときに体が出血を止めるのが難しくなります。

先に述べたように、体内の正常な血小板数は、血液1マイクロリットルあたり約150,000〜400,000血小板です。血小板数が血液1マイクロリットルあたり150,000未満の場合は、血小板数が少なすぎます。逆に、血小板数が血液1マイクロリットルあたり400,000を超える場合は、血小板が多いと見なされます。

低血小板の原因と症状

体内の血小板数が減少したり、少なすぎたりする状態は、血小板減少症として知られています。血小板数が少なすぎると、怪我をした場合に出血を止めるのが難しくなります。

血小板数のこの減少は、次のようないくつかの原因によって引き起こされる可能性があります。

  • 再生不良性貧血
  • 肝障害または肝硬変
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)
  • 鉄分と葉酸の欠乏
  • 敗血症やデング出血熱などの感染症
  • 白血病
  • 自己免疫疾患
  • 妊娠
  • 抗生物質、抗凝血薬、てんかん薬、化学療法などの特定の薬の副作用

血小板数の減少は無症候性である可能性があります。ただし、この状態は、体が出血しやすい場合に見られます。

この状態では、あざができやすい、あざができやすい、赤紫色の発疹、尿や便の血、倦怠感、皮膚や目が黄色くなる、脾臓が肥大する、頻繁に鼻血が出る、出血するなど、いくつかの兆候や症状が現れることがあります。歯茎..

上記の症状のいずれかが発生した場合は、すぐに医師に相談してください。診断を決定し、体内の血小板の数を評価するために、医師は身体検査と血液検査の形でのサポート検査を行います。

血小板数の減少と診断された場合、他の治療法では血小板数を正常化できない場合は、輸血の形で治療を行い、薬を投与し、脾臓を切除する手術を行うことがあります。

高血小板の原因と症状

血小板数が少ないことに加えて、血中の血小板数の増加も経験する可能性があります。医学用語では、この状態は血小板増加症と呼ばれます。血中の血小板の高レベルは、次の理由で発生する可能性があります。

  • 出血を引き起こす怪我や傷
  • 溶血性貧血、鉄欠乏性貧血、真性赤血球増加症などの血液疾患
  • 結核などの感染症
  • 白血病などのがん
  • 脾臓摘出手術の歴史
  • 経口避妊薬などの特定の薬の副作用
  • 高地に住む

さらに、手術からの回復や過度のアルコール摂取など、他のいくつかの状態が原因で血小板数も増加する可能性があります。

血小板増加症はしばしば症状を引き起こしません。ただし、この状態により、頭痛、めまい、胸痛、失神、めまい、息切れ、手足のしびれやうずきなどのいくつかの症状が現れることがあります。

血小板数が多すぎると、血液が凝固しやすくなったり、凝固したりして、血管が詰まる可能性があります。これは、脳卒中、心臓発作、深部静脈血栓症(DVT)、塞栓症などのさまざまな重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

外科的創傷を含む、損傷または損傷によって引き起こされる血小板数の増加は、通常、創傷が治癒した後に正常に戻ります。ただし、特定の病気や病状が原因である場合は、原因に応じて血小板数の増加を治療する必要があります。

正常な血小板数は、傷を自然に治療する身体の能力を確保するために重要です。血小板数異常の症状が出た場合は、すぐに内科医に相談して適切な治療を受けてください。