おたふく風邪-症状、原因、治療

おたふく風邪は 炎症 ウイルス感染による耳下腺。おたふく風邪はでマークされています 頬の腫れ 苦しんでいる。この状態は伝染性である可能性があり、一般的に子供に影響を及ぼします。

耳下腺は耳の下にあります。この腺は唾液を生成するように機能します。おたふく風邪は、グループのウイルス感染により耳下腺が炎症を起こしたときに発生します パラミクソウイルス。ウイルスは、口や鼻から出てくる唾液や粘液の飛沫を介して他の人に簡単に広がる可能性があります。

おたふく風邪の原因

おたふく風邪は、クラスのウイルス感染によって引き起こされます パラミクソウイルス。 このウイルスは、患者の口や鼻から出てくる唾液や粘液の飛沫である液滴を介して広がります。侵入したウイルスは留まり、増殖し、耳下腺の炎症と腫れを引き起こします。

このウイルスの拡散は、次の場合に簡単に発生する可能性があります。

  • 患者が咳、くしゃみ、会話をするときに吸入した粘液の飛沫
  • 患者の周りにある物体に触れてから、最初に手を洗わずに鼻と口に触れます
  • キスなど、患者と直接接触する
  • 被災者との飲食器具の共有

おたふく風邪のリスクを高める可能性のあるいくつかの要因があります。

  • はしか、おたふく風邪、風疹を予防するためのMMRワクチンを接種していない
  • 2〜12歳
  • HIV / AIDS、コルチコステロイド薬の長期使用、化学療法などにより免疫力が低下している
  • おたふく風邪の症例が多い地域に住むか旅行する

おたふく風邪の症状

おたふく風邪の症状は通常、ウイルスに感染してから14〜25日後にのみ現れます。おたふく風邪は、耳下腺の腫れと感染症の症状を特徴としています。

以下は、おたふく風邪が発生したときに発生する症状の一部です。

  • 耳下腺の腫れにより、頬の腫れは片側または両側になります
  • 食べ物を噛んだり飲み込んだりするときの痛み
  • 口渇
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 胃痛
  • 食欲減少

おたふく風邪を患っている人の中には、症状が軽度で、風邪の症状に似ている場合もあります。何人かの患者は何の症状も経験しません。

いつ医者に行くか

あなたまたはあなたの子供が上記のおたふく風邪の症状を経験するかどうか医師に確認してください。早期治療は合併症を防ぐことができます。

あなたまたはあなたの子供が次のようなより深刻な症状を経験した場合は、すぐに医師の診察を受ける必要があります。

  • 激しい頭痛
  • 首がこわばる
  • 非常に重い眠気
  • 発作
  • 意識の喪失または失神

7日経っても症状が改善しない場合は、コントロールするか、医師に確認してください。

おたふく風邪の診断

医師は、患者が経験した症状、患者の病歴と免疫、およびおたふく風邪のある人との交流や症例のある地域への旅行の履歴など、おたふく風邪の危険因子の有無について質問します。おたふく風邪の。

その後、医師は患者の頬や首の腫れを調べ、患者の喉や扁桃腺の状態を確認します。

診断を確認するために、医師は次の形式で追加の検査を行います。

  • おたふく風邪の原因となる微生物の種類を検出する唾液スワブテスト
  • 血液検査、血液中の感染を検出する
  • 尿路への感染の広がりを確認および検出するための尿検査

おたふく風邪の治療

患者の免疫システムが良好であれば、おたふく風邪は1〜2週間以内に自然に回復します。おたふく風邪に苦しんでいるときに現れる苦情や症状を和らげるために行うことができるいくつかの方法は次のとおりです。

  • 休息を増やし、十分な睡眠をとる
  • もっと水を飲む
  • 腫れた部分を温水または冷水で圧迫して痛みを和らげる
  • 噛みすぎないようにやわらかい食べ物を食べる
  • イブプロフェンやパラセタモールなどの発熱や鎮痛剤の服用

おたふく風邪の合併症

耳下腺を攻撃することに加えて、おたふく風邪を引き起こすウイルスはまた、体の他の部分に広がり、感染する可能性があります。この広がりは、次のようないくつかの合併症を引き起こす可能性があります。

  • 睾丸の炎症(精巣炎)
  • 卵巣または卵巣の腫れ
  • 乳腺の炎症(乳腺炎)
  • 急性膵炎
  • 脳と脊髄の内層の炎症(髄膜炎)
  • 脳の炎症(脳炎)

一部の患者では、おたふく風邪は難聴、心臓の問題、流産を引き起こす可能性もありますが、これらの合併症は非常にまれです。

おたふく風邪の予防

おたふく風邪は、MMR免疫を与えることによって防ぐことができます(NSイーズル、 NSええと、 NSウベラ)子供たちに。 MMRワクチンは、はしか、おたふく風邪、風疹から体を守ります。

このワクチンは、子供が15〜18か月のときと、5歳のときに、2回子供に接種する必要があります。ただし、15〜18か月の年齢で最初の免疫が行われなかった場合でも、子供が3歳になるまで最初のワクチンを接種することができます。

小児期に接種されていない場合でも、MMRワクチンは成人期に接種することができます。おたふく風邪の原因となるウイルスにさらされるリスクが高い人には、成人用のMMRワクチンが推奨されます。

免疫力の低下に苦しんでいる人や、ゼラチンやネオマイシンなどのワクチンに含まれる成分にアレルギーがある人は、MMR免疫を受けることをお勧めしません。

おたふく風邪の予防は、個人の衛生状態を維持し、定期的に手を洗い、トイレタリーを共有したり、患者と患者を食べたりせず、くしゃみや咳をするときに口を組織で覆うことによる咳エチケットを適用することによっても行うことができます。

おたふく風邪の患者はまた、最初の症状が現れてから少なくとも5日間は家にいることをお勧めします。これは、おたふく風邪が他の人に伝染するのを防ぐためです。