レボフロキサシン-利点、投与量および副作用

レボフロキサシンは、肺炎、副鼻腔炎、前立腺炎、結膜炎、尿路感染症、皮膚感染症などの細菌感染症によって引き起こされる病気の治療に役立つキノロン系抗生物質です。この抗生物質は、錠剤、シロップ、点眼薬の形で入手できます。

レボフロキサシンは、これらの細菌にさらされた人々の炭疽菌や腺ペストを治療するだけでなく、予防します。この薬は、感染症の原因となる細菌を殺すことによって機能します。

商標:レボフロキサシン、レボフロキサシン半水和物、Farlev、Cendo LFX、Cravit、Lekuicin、Nislev、Prolecin、Simlev、Zidalev。

レボフロキサシンとは何ですか?

グループ抗生物質のキノロンクラス
カテゴリー処方薬
利点尿路感染症、副鼻腔炎、前立腺感染症、肺炎、皮膚感染症、炭疽病、腺ペストなどの細菌感染症を治療します。
によって消費されます大人と子供
妊娠中および授乳中の女性のためのレボフロキサシンカテゴリーC: 動物実験では胎児への悪影響が示されていますが、妊娠中の女性を対象とした管理された研究はありません。期待される利益が胎児へのリスクを上回る場合にのみ、薬物を使用する必要があります。

レボフロキサシンは母乳に吸収されます。母乳育児をしている場合は、最初に医師に相談せずにこの薬を使用しないでください。

剤形錠剤、点眼薬、注射

レボフロキサシンを使用する前の注意事項

  • キノロン系抗生物質に対するアレルギーの病歴がある場合は、レボフロキサシンを服用しないでください。
  • 糖尿病、心臓、腎臓、神経疾患、大動脈瘤、うつ病、てんかんの病歴がある場合は注意してください。
  • 特定の遺伝性疾患、G6PD疾患がある場合は、医師に相談してください。重症筋無力症、または他の関節や筋肉の障害。
  • 臓器移植を受けたことがあるかどうかを医師に伝えてください。
  • あなたの病歴と、現在服用している薬草療法、サプリメント、ビタミンなど、現在服用している薬について医師に伝えてください。
  • 妊娠中、授乳中、または妊娠を計画している場合は、医師に相談してください。
  • レボフロキサシンは、腸チフスワクチン接種の効果を妨害または阻止する可能性があります。予防接種を受ける前に医師に相談してください。
  • レボフロキサシンはめまいを引き起こし、集中力を妨げる可能性があります。この薬を使用している間は、車両を運転したり、重機を操作したりしないでください。
  • アレルギー反応や過剰摂取がある場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

レボフロキサシンの投与量と使用説明書

レボフロキサシンは、患者さんの状態や病気に応じて医師が処方します。ただし、一般的に、レボフロキサシンには次の投与量が使用されます。

  • 経口レボフロキサシン(錠剤およびシロップ)

    投薬量:1日あたり250-500mg。治療期間は3日から8週間までさまざまです。

  • レボフロキサシン点眼薬

    投与量:最初の1〜2日間は2時間ごとに1〜2滴(1日最大8回)。 3日目から5日目まで、頻度は1日4回、1〜2滴に減少します。

子供のレボフロキサシンの投与量は、体重と医師の推奨に従って調整されます。レボフロキサシンの注射は、通常は入院中、医師または医師の監督下にある医療関係者のみが行う必要があります。

レボフロキサシンを正しく使用する方法

使用を開始する前に、医師のアドバイスに従い、レボフロキサシンパッケージの情報をお読みください。以下は、タイプ別のレボフロキサシンの使用方法に関するガイドです。

経口レボフロキサシン(錠剤およびシロップ)

経口レボフロキサシンは、食事の前後に服用できます。特にレボフロキサシンシロップは、食事の1時間前または2時間後にこの薬を服用してください。コップ一杯の水で薬(錠剤またはシロップ)を服用してください。

レボフロキサシンの摂取量が1日1回の場合は、朝に服用することをお勧めします。 1日に2回以上処方される場合は、服用の間に十分な時間を確保するか、医師のアドバイスに従って調整してください。

気分が良くなった場合でも、必ず医師が処方する薬を全量服用してください。これは、感染が再発するのを防ぐために重要です。薬を飲んだ後も症状が改善しない場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

制酸剤とスクラルファート薬、および亜鉛または鉄を含むマルチビタミンは、レボフロキサシンの吸収と性能を妨げる可能性があります。薬の予定された消費の2時間前から2時間後までそれを使用しないでください。

レボフロキサシン滴

レボフロキサシン滴を使用する前に手を洗ってください。次に、頭を後ろに傾け、下まぶたを引いて片手でポケットを作り、もう片方の手で薬を落とします。

数秒間点滅しないでください。次に、目を閉じて1〜2分間、薬が感染領域に浸透するようにします。滴が正しく目に入らなかったと感じる場合は、別の滴を追加してください。

レボフロキサシンの使用を忘れた場合、次に予定されている使用の間隔が近すぎなければ、すぐに使用することをお勧めします。それが近い場合は、それを無視し、用量を2倍にしないでください。

レボフロキサシンを服用している間、皮膚と目は日光に対してより敏感になる可能性があります。家の外に移動したい場合は、閉じた服を着て、日焼け止めを塗り、眼鏡をかけて身を守ってください。

レボフロキサシンと他の薬剤との相互作用

レボフロキサシンを特定の薬と一緒に服用すると、次のようないくつかの相互作用が発生する可能性があります。

  • 鉄、亜鉛サプリメント、制酸剤と併用すると、レボフロキサシンの吸収が低下します。
  • テオフィリンやNSAIDなど、発作の閾値に影響を与える可能性のある薬と併用すると、中枢神経系障害や発作のリスクが高まります。
  • コルチコステロイドと併用すると、腱損傷のリスクが高まります。
  • 抗不整脈薬と併用すると、QT延長のリスクが高まります。
  • オピオイド薬の尿検査などの臨床検査に影響を与えます。

レボフロキサシンの副作用と危険性

レボフロキサシンは副作用を引き起こす可能性があります。この薬を使用した後の一般的な副作用は次のとおりです。

  • 下痢や便秘などの消化器疾患。
  • 吐き気と嘔吐。
  • めまい、頭痛、睡眠障害。

これらの副作用は数日で消えます。これらの影響がより深刻であると感じたり、改善しない場合は、すぐに医師の診察を受けてください。また、アレルギー性の薬物反応や次のような重篤な副作用が発生した場合は、すぐに医師の診察を受けることをお勧めします。

  • 尿量と色の変化。
  • 筋肉、腱、関節の痛みや腫れ。
  • チクチクするまたはしびれ。
  • 胸痛。
  • 視覚、味覚、嗅覚、または聴覚の障害。
  • 重度の下痢または血便。
  • 幻覚。