健康のためのアロエベラの10の利点

さまざまなメリットがありますアロエ 健康と美容のために。不思議ではありません 同じ植物 既知 名前で アロエ これ おひさしぶりですね克服するために使用 様々 からの範囲の健康問題 皮膚疾患 それまで便秘.

最近のアロエベラの最も人気のある利点の1つは、肌に潤いを与えることです。乾燥肌を治療するための天然成分としてアロエベラを作る証拠、多くの美容製品。さらに、アロエベラには健康のための多くの利点がありますが、それは残念です。

アロエベラのさまざまな利点

これがあなたの健康のためのアロエベラまたはアロエベラの利点です:

1.乾燥肌の克服

アロエベラを肌に塗ると、乾燥肌の治療に役立ちます。これは、アロエベラにはミネラル、酵素、抗酸化物質、ビタミンA、C、Eが含まれているためです。これらは肌の保護層を強化して肌をよりしっとりさせるのに役立ちます。

2.にきびを取り除く

研究によると、朝と夕方にアロエベラジェルを処方された抗ニキビ薬と一緒に適用すると、ニキビを約35%減らすことができます。

にきびを治療するためのアロエベラの利点は、にきびの原因となる細菌を殺すのを助けることができるサリチル酸と他の消毒化合物の含有量のおかげで得られるかもしれません。

3.クリーニング 化粧

敏感肌の方は、お手入れの代わりにアロエベラをお使いください。 化粧 刺激なし。アロエベラはジェルのような質感で、お肌に潤いを与えながらメイクを溶かします。

4.腫れぼったい目を克服する

さらなる研究が必要ですが、目の下の領域にアロエベラを適用すると、腫れぼったい目の治療に役立つと考えられています。これはおそらく、アロエベラには血流を増加させる能力があり、蓄積された水分の移動を促進できるためです。

5.創傷治癒を促進します

多くの研究で、アロエベラのジェルやクリームを肌に塗ると、軽度(1度および2度)の火傷の治癒プロセスがスピードアップすることが示されています。実際、ある研究では、アロエベラは軽度の火傷に一般的に処方されている軟膏よりも効果的であることがわかりました。

6.gを和らげるかゆみや発疹 慢性

炎症によって引き起こされるいくつかの慢性疾患は、皮膚や口のかゆみを引き起こす可能性があります。もちろん、これは飲食や一般的な快適さを妨げる可能性があります。

研究によると、アロエベラジェルを含むうがい薬を1日3回、3か月間使用すると、口のかゆみや発疹を減らすことができます。アロエベラジェルを1日2回、2ヶ月間肌に塗っても同じ効果が得られます。

7.回復を助ける 寒い午後

いくつかの研究は、アロエベラ抽出物を含むクリームが治癒過程をスピードアップできることを示しています 寒い午後 または単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる痛み。アロエベラには抗ウイルス作用があり、ヘルペスウイルスとの戦いに役立つため、保湿効果だけでなく、この利点も得られます。

8.pを克服する乾癬

アロエベラを含むクリームの使用は、乾癬によって生じる皮膚のプラークを減らすとも言われています。実際、アロエベラクリームはより効果的であると考えられています トリアムシノロン 一般的に乾癬に処方されます。ただし、さらに調査を行う必要があります。

9.血糖値を下げます

アロエベラ抽出物を毎日摂取することで2型糖尿病患者の血糖値を下げることができることが研究で示されているため、アロエベラは糖尿病治療薬になる可能性があります。

ただし、糖尿病治療薬と併用すると血糖値が大幅に低下し、実際に健康を害する可能性があるため、使用には注意が必要です。

10.スムーズな排便

この最後のアロエベラの利点は、長い間多くの人々に知られています。アロエベラジェルのラテックスは下剤として知られています。ただし、下痢の形で副作用を引き起こす可能性があるため、使用には注意が必要です。

注意してください アロエベラの副作用

それは多くの利点をもたらしますが、アロエベラの使用から生じる可能性のある副作用があります。たとえば皮膚では、アロエベラを塗るとアレルギー反応を起こす可能性があります。このアレルギー反応は通常、ニンニク、タマネギ、チューリップにもアレルギーのある人が経験します。

アロエベララテックスを大量に摂取すると、腹痛やけいれんを引き起こす可能性もあります。実際、長期的には、下痢、体重減少、腎臓の問題、筋力低下、尿を含む血液、心臓の問題を引き起こす可能性があります。

したがって、アロエベラジェルやラテックス製品を不用意に摂取しないでください。副作用を避けるために、パッケージの情報を読むことをお勧めします。

アロエベラのジェルやラテックスを摂取してはいけない人々のグループは次のとおりです。

  • 流産や胎児の欠陥のリスクを高めるため、妊娠中の女性
  • 腹痛、けいれん、または下痢を引き起こすリスクがあるため、12歳未満の子供
  • 手術中および手術後に血糖値を乱すリスクがあるため、今後2週間以内に手術を受ける患者
  • 痔核、腎不全、または腸の炎症がある患者。これらの状態を悪化させる可能性があるためです。

アロエベラは健康と美容に多くの利点をもたらすことができます。外用の場合、アロエベラは一般的に安全です。ただし、アレルギーのリスクに注意し、使用する製品がBPOMによって承認されていることを確認してください。

医師の投薬に加えて、代替治療または追加治療としてアロエベラを使用する場合にも注意する必要があります。特定の病状がある場合は、アロエベラを含む製品やハーブ療法を使用する前に、まず医師に相談してください。