細胞核の機能と部分を理解する

細胞の核は、体内の細胞の働きに重要な役割を果たしています。その重要性のために、核として知られているこの器官は、赤血球などの特定の細胞を除いて、人体のすべての細胞に見られます。

基本的に、細胞はオルガネラと呼ばれるいくつかの器官または構造で構成されています。細胞核または核は、細胞体の中で最大かつ最も顕著な細胞小器官です。この細胞の核は、染色体を含む核膜(膜)に囲まれています。

細胞核機能

各オルガネラには異なる役割があります。細胞の核自体は、情報センターとしての主な機能とすべての細胞活動の制御を持っています。人体に例えると、細胞核や核は脳と同じような役割を果たします。

それだけでなく、細胞核または核の他のいくつかの機能は次のとおりです。

  • の形で遺伝情報を保存します デオキシリボ核酸 (DNA)
  • 細胞の成長と分裂を制御します
  • さまざまな酵素を合成することにより、細胞代謝を調節します
  • RNAの生成
  • リボソームを生成する

上記の核のさまざまな機能の中で、この1つのオルガネラが他のタイプのオルガネラと比較して最も重要で目立つと考えられていることは驚くべきことではありません。実際、細胞核は細胞の体積の約25パーセントを占めています。

細胞核部品

一般に、細胞核または核は、4つの主要な部分で構成されています。

1.コアシース

核膜は、細胞核を裏打ちする滑らかな膜です。細胞のこの部分は、他の細胞小器官との分離器としてだけでなく、保護剤としての機能を持っています。細胞核のエンベロープには、分子が出入りする小さなギャップまたは細孔があります。

2.核質

核質は、細胞核または核内の厚い液体であり、多くのタンパク質や、ミネラル、DNA、RNAなどの他の物質が含まれています。さまざまな酵素を処理する場所として機能することに加えて、核質と呼ばれるこの部分は、細胞核の形状と構造を維持するのを助ける役割も果たします。

3.核小体

核小体は細胞核の内部であり、丸く、固体で、色が濃い。核小体は外側に膜(保護膜)を備えていません。この部分は、細胞内のタンパク質形成部位として機能するリボソームの生成に重要な役割を果たします。

4.染色体

染色体は、細胞の核にある細い糸の形をした構造です。染色体には、遺伝子情報を保存するDNAのコレクションが含まれています。正しく機能するためには、DNAをタンパク質と組み合わせる必要があります。染色体におけるDNAとタンパク質のこの組み合わせは、クロマチンとしても知られています。

細胞核とその部分の機能を知ると、この最大の細胞小器官が人間の生存に非常に重要な役割を果たしていることがわかります。したがって、さまざまな慢性疾患を回避するために、フリーラジカルへの曝露とその悪影響から体の細胞を保護することが重要です。