ミコナゾール-利点、投与量および副作用

ミコナゾールは、白癬(白癬)、水ノミ、癜風、カンジダ症などの皮膚の真菌感染症の治療に使用される抗真菌薬です。ミコナゾールは、真菌性皮膚感染症に加えて、口、爪、または膣の真菌感染症の治療にも使用されます。

ミコナゾールは、真菌の細胞膜の構造を損傷することによって機能するため、細胞膜が適切に機能できなくなり、真菌細胞がカリウムやその他の重要な化合物を失う原因になります。そうすれば、真菌の成長を止めることができます。

ミコナゾールは、カンジダ属、ミクロスポルム属、エピダーモフィトン属、トリコフィトン属、ピチロスポロン・オービキュラーレ(マラセチア・ファーファー)など、いくつかの種類の真菌の増殖を止めるのに効果的です。

ミコナゾールの商標: Altadis、Benoson M、Daktarin、Dactazol、Eight-Eight、Fungares、Funtas、Harconazole、Kalpanax、Kanesol、Kang Shuang Pi Cream、Locoriz、Miconazole Nitrate、Micoskin、Micreme、Mikazole、Mikoz、Moladerm、Mycorine、Mycozol、Neo Kanesol Vaslone、Zolacort、Zolagel

あれは何でしょう ミコナゾール

グループ抗真菌剤
カテゴリー処方薬と市販薬
利点皮膚、口、爪、膣の真菌感染症の治療
によって使われた大人と2歳以上の子供
妊娠中および授乳中の女性のためのミコナゾールカテゴリーC: 動物実験では胎児への悪影響が示されていますが、妊娠中の女性を対象とした管理された研究はありません。ミコナゾールが母乳に吸収されるかどうかは不明ですが、期待される効果が胎児へのリスクを上回る場合にのみ、この薬を使用する必要があります。母乳育児をしている場合は、最初に医師に相談せずにこの薬を使用しないでください。
剤形軟膏、粉末、クリーム、ジェル、錠剤、 ペッサリー

ミコナゾール使用前の注意事項

ミコナゾールを使用する前に注意しなければならないことがいくつかあります。

  • この薬、またはケトコナゾール、クロトリマゾール、イトラコナゾール、エコナゾールなどのアゾールグループの他の抗真菌薬にアレルギーがある場合は、ミコナゾールを使用しないでください。
  • 妊娠中、授乳中、または妊娠を計画している場合は、ミコナゾールを使用する際に注意してください。
  • ミコナゾールを経膣的に使用する前に、発熱や腹痛、悪臭を放つ膣分泌物、糖尿病、HIV / AIDSがあるかどうかを医師に伝えてください。
  • ミコナゾールの有効性と安全性が確立されていないため、2歳未満の子供にはミコナゾールの使用を避けてください。
  • 漢方薬やサプリメントなど、他の薬を服用している場合は医師に相談してください。
  • ミコナゾールを服用した後にアレルギー反応や過剰摂取があった場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

ミコナゾールの投与量と使用説明書

ミコナゾールの投与量は、治療される状態と薬剤の剤形に基づいて分けられます。以下は、ミコナゾールの一般的な用量です。

状態:口腔カンジダ症

大人と2歳以上の子供

  • 24 mg / mLミコナゾールを含む経口ジェル:2.5mlを1日4回塗布します。症状が治まった後も、少なくとも1週間は治療を続けてください。
  • トローチ:1〜2週間の単回投与として1日50mg。

状態:腸カンジダ症

成熟した

  • 20 mg / mLミコナゾールを含む経口ジェル:20 mg / kg体重を4回に分けて塗布します。最大投与量は1日あたり1,000mg(40mL)です。症状が治まった後も、少なくとも1週間は治療を続けてください。

状態:皮膚の真菌感染症(足白癬、いんきんたむし、体部白癬、癜風、カンジダ症)

大人と子供

  • 2%ミコナゾールを含むクリーム、軟膏、または粉末:1日2回、2〜6週間塗布します。

状態:爪の真菌感染症

大人と子供

  • 2%ミコナゾールを含むクリーム:クリームを1日1〜2回10日間塗布します。

状態: 膣内イースト菌感染症  

成熟した

  • 2%ミコナゾールを含むクリーム:就寝時に1日1回10〜14日間、または1日2回7日間クリームを塗布します。
  • ペッサリー:1日100 mg、就寝時に7〜14日間単回投与。

ミコナゾールを正しく使用する方法

使用する前に、医師のアドバイスに従い、ミコナゾールパッケージの情報をお読みください。最初に医師に相談せずに用量を増減しないでください。

医師が推奨する時間の長さに応じてミコナゾールを使用してください。通常、この薬は症状が治まった後数日間使用する必要があります。これは、感染が再発するのを防ぐためのものです。

ミコナゾールを使用する前に感染した皮膚領域を洗って乾かし、その後手を洗うことを忘れないでください。これは、感染が体の他の部分に広がるのを防ぐためです。

経膣的に使用するミコナゾールについては、使用説明書に従って提供されているアプリケーターを使用することをお勧めします。

使用する場合 経口ジェル または口の中のイースト菌感染症を治療するための経口ジェル、あなたはそれを使用した後30分の間それを食べたり飲んだりしないでください。これは、消費された食べ物や飲み物によって薬が洗い流されないため、薬が最大の効果を発揮できるようにするために行われます。

最大の結果を得るには、ミコナゾールを定期的に使用してください。使用スケジュールを覚えやすくするために、毎日同じ時間に服用することをお勧めします。

ミコナゾールの服用を忘れた場合は、次のスケジュールの休憩が近すぎないか覚えたらすぐに使用してください。それが近い場合は、それを無視し、用量を2倍にしないでください。

ミコナゾールは、高温多湿、直射日光を避け、乾燥した涼しい場所に保管してください。小児の手の届かない場所に保管。  

ミコナゾールと他の薬物および成分との相互作用

以下は、ミコナゾールを他の薬と一緒に服用したときに発生する可能性のあるいくつかの相互作用です。

  • シサプリドまたはテルフェナジンと併用すると、心臓のリズム障害のリスクが高まります
  • ワルファリンの有効性が高まり、それによって出血などの副作用のリスクが高まります
  • トリアゾラム、ミダゾラム、およびロバスタチンやシンバスタチンなどのスタチンコレステロール薬の有効性の低下
  • クラスの薬と併用すると麦角虫症のリスクが高まる 麦角アルカロイド、ジヒドロエルゴタミンやエルゴタミンなど
  • ミダゾラム、アルプラゾラム、ドセタキセル、カルバマゼピン、シロスタゾール、メチルプレドニゾロン、シクロスポリン、タクロリムス、フェニトイン、ドセタキセル、カルシウム拮抗薬による副作用のリスクの増加
  • 血中のグリベンクラミドなどのスルホニル尿素糖尿病薬のレベルの上昇

ミコナゾールの副作用と危険性

ミコナゾールクリーム、軟膏、または粉末を使用した後に発生する可能性のあるいくつかの副作用は次のとおりです。

  • じんましん
  • 膨らんだ肌
  • 色素脱失
  • 接触性皮膚炎
  • 気道の炎症

ミコナゾール経口ジェルを使用する場合、発生する可能性のあるいくつかの副作用は次のとおりです。

  • 頭痛
  • 舌の味の変化
  • 口渇
  • 吐き気
  • 下痢
  • 胸焼け

一方、ミコナゾールの場合 ペッサリー、引き起こされる可能性のある副作用は次のとおりです。

  • 膣の灼熱感
  • 月経困難症(痛みを伴う月経)
  • かゆい
  • 刺激

まれですが、この薬に対するアレルギー反応も発生する可能性があります。通常、発疹、舌、顔、喉のかゆみや腫れ、重度のめまい、息切れが特徴です。これらの症状が発生した場合は、すぐに医師に相談してください。