足の痛み、多分これが原因です

多くの人は、通常は自分で治るので、足の痛みを無視します。実際、の痛み 唯一 意味する可能性があります 健康上の問題があります 特にそれが長期間続くか、頻繁に再発する場合、深刻です。

足の痛みは、かかと、つま先、足首など、足の特定の部分に現れることがあります。ただし、足の表面全体に足の痛みを感じることもあります。この痛みの出現は、片足だけ、または両方にあることもあります。

状態 yang 足を引き起こす可能性があります 病気

足の痛みは、足を長時間使用して立ったり、歩いたり、走ったりすることができない場合、または足自体の自然な形状が原因で発生する可能性があります。それは一般的に無害であり、自然に消えます。

ただし、これとは別に、筋肉、靭帯、骨、皮膚、神経など、足のさまざまな組織の障害が原因で足の痛みが発生することもあります。

足の痛みを引き起こす可能性のあるいくつかの条件は次のとおりです。

1.カルス

この状態は、皮膚層が厚くなると発生します。足や手に固いしこりとして現れるたこは、一般的に摩擦や圧力から身を守るための皮膚のメカニズムです。

しかし、特にたこが歩行に使用され、ストレスがかかっている場合、たこは足の裏を痛めることがあります。この状態は、薬や手術で治療することができます。

たこによる足の痛みを防ぐために、適切なサイズの靴を履き、快適で柔らかい靴を履き、ハイヒールを履かないようにすることをお勧めします。

2.中足骨痛

足の前の痛みや灼熱感は、医学的には中足骨痛と呼ばれます。

この障害による足の裏の痛みは、通常、太りすぎや肥満の人、適切なスポーツシューズなしで激しい運動をする人、または長時間タイトな靴を履く人に発生します。

中足骨痛のほとんどの症例は、鎮痛剤、休息、および足の冷湿布で治療することができます。再発を防ぐために、快適でフィット感のある靴を使用し、ハイヒールを履く習慣を避けることをお勧めします。

3.外反母趾

外反母趾は、骨のしこりが足の親指の関節に現れる状態であり、通常、膨らみの上の痛みと赤みを伴います。この状態では、親指がもう一方のつま先を押して、足の裏に痛みを引き起こす可能性があります。

外反母趾の形成は、狭すぎる靴を履くことによって引き起こされる可能性があります。さらに、外反母趾は、足の構造の先天性欠損症または足の関節の炎症(関節炎)によっても引き起こされる可能性があります。

4.筋肉の捻挫と筋違い

足の痛みの訴えは、捻挫や脚の筋肉の緊張によっても引き起こされることがよくあります。これらの怪我は、一般的に、運動中に捻挫や転倒をしたときに発生します。

捻挫や骨格筋による足の裏の痛みは、足が腫れ、打撲傷を負い、痛みを伴い、動きにくくなることがよくあります。この状態は通常、数日以内に自然に治まります。

5.痛風病

これは、足の痛みを引き起こすことがよくある病気です。さらに、関節に尿酸の結晶が蓄積すると、炎症のために足が腫れ、赤くなり、触ると温かくなります。痛風による脚の痛みは、一般的に突然現れ、ひどく感じて歩きにくくなることがあります。

痛風による足の痛みや腫れの症状は、パラセタモールやメフェナム酸などの鎮痛剤、尿酸低下薬などで治療できます。 コルヒチン、保冷剤、および十分な休息。

再発を防ぐために、尿酸を上昇させる可能性のあるアルコールや食品の摂取を制限することをお勧めします。

6. リウマチoid関節炎

関節リウマチ 手足の関節など、体の小さな関節を攻撃する自己免疫疾患の一種です。による関節炎 関節リウマチ 時間をかけて治療せずに放置すると、骨の侵食や関節の変形を引き起こす可能性があります。

この炎症の影響を受ける足や手の関節は、一般的に腫れ、痛みを伴い、硬く、動きにくくなります。関節に加えて、この病気は、皮膚、目、肺、血管などの他の体組織にも炎症を引き起こす可能性があります。

7.末梢神経障害

末梢神経障害は、末梢神経系または末梢神経系の損傷によって引き起こされる病気です。この病気は、足、手、またはその両方に影響を与えることがよくあります。

末梢神経障害は、脱力感、痛み、うずき、しびれ、動きの困難など、足や手にさまざまな症状を引き起こす可能性があります。

末梢神経障害は、ビタミンB欠乏症、傷害、感染症、遺伝的要因、腎臓または肝機能の障害から、糖尿病や自己免疫疾患などの特定の疾患に至るまで、多くの原因によって引き起こされる可能性があります。

これらは、足の痛みを引き起こす可能性のあるさまざまな状態や病気です。足の痛みの訴えがたまにしか現れず、自然に治る場合、一般的にこれは心配する必要はありません。

ただし、足の痛みが長引いたり、頻繁に再発したり、足の動きが困難になったり、歩けなくなったりするなどの不満がある場合は、適切な治療ができるように医師に相談してください。原因。