ローヤルゼリーをうっかり消費しないでください

NSオヤルゼリー一般的にハーブのサプリメントとして消費されます 健康。しかし、 実際、これまで、その有効性を保証できる科学的研究や研究はあまりありませんでした。。 Se一方、一部の人々では、 ローヤルゼリー アレルギーなどの副作用を引き起こす可能性があります.

ローヤルゼリー ミツバチのミルクの分泌から生成されます。この商品は、はちみつやはちみつに加えて、ミツバチの加工品のひとつです。 ビーポーレン。何人かの人々はしばしば 作るローヤルゼリー それは特定の病気を克服するのを助けると主張されているので、薬として。

コンテンツを理解する コンテンツ とメリット ローヤルゼリー

ローヤルゼリー 水、タンパク質、アミノ酸、糖、抗酸化物質、ビタミンB複合体、およびカリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、亜鉛などのさまざまなミネラルが含まれています。強力な抗酸化作用があるだけでなく、 ローヤルゼリー また、抗炎症作用、抗菌作用、抗癌作用があることも知られています。

コンテンツのおかげで、いくつかの利点があります ローヤルゼリー 以下を含む健康に良い:

1.ヘルプ 創傷治癒 肌に

ローヤルゼリー 傷を癒し、皮膚の感染症や炎症を治療するための伝統的な薬として古くから使用されてきました。これは、これらのハーブ製品には、傷口を清潔に保ち、感染を防ぐことができる抗菌、抗炎症、および抗酸化作用が含まれているためです。

いくつかの研究は次のように述べています ローヤルゼリー 糖尿病患者の傷、軽度の火傷、擦り傷の治療に役立つ可能性があります。

2.肌の健康を維持する

ローヤルゼリー また、肌の健康を維持するのに有益であると主張されているため、スキンケア製品の追加成分としてもよく使用されます。 ローヤルゼリー 肌に潤いを与え、炎症を克服し、紫外線への曝露による肌のダメージを修復し、肌の早期老化を防ぐことができると言われています。

3. M炎症を軽減します

フェノール化合物といくつかの種類のアミノ酸 ローヤルゼリー 高い抗炎症作用と抗酸化作用があることが知られています。そのための、 ローヤルゼリー フリーラジカルへの曝露による細胞や体組織への損傷を防ぎながら、炎症を軽減すると考えられています。

4.悪玉コレステロール値を下げる

それを述べている研究があります ローヤルゼリー 血中の悪玉コレステロール(LDL)を下げるのに役立ちます。そうすれば、心臓病や脳卒中のリスクを減らす可能性もあります。それでも、あなたはただ頼ることはできません ローヤルゼリー コレステロールを減らすために。

悪玉コレステロール値を低く抑えるには、内臓、揚げ物、野菜など、飽和脂肪を多く含む食品を制限して健康的な食生活を送る必要があります。 ファストフード、および運動ルーチン。

5.血圧を下げます

カリウム含有量、抗酸化剤、および抗炎症剤 ローヤルゼリー また、血管の筋肉組織を滑らかにするのにも適しているため、血圧を下げて安定させることができます。

それ以外、 ローヤルゼリー また、血管の閉塞(アテローム性動脈硬化症)の形成を防ぎ、心血管疾患のリスクを減らすのに良いと言われています。

6.更年期症状を軽減する

いくつかの研究は、次のような特定のハーブ製品を示しています ローヤルゼリー、更年期症状を軽減することができます。別の研究でも、 ローヤルゼリー 月経前症状を軽減するのに役立つと考えられています。

7.血糖値を制御する

ローヤルゼリー インスリン抵抗性を防ぎ、糖尿病のリスクを減らすために血糖値を安定に保つのに良いと主張しました。ただし、メリットの有効性 ローヤルゼリー これはまださらに調査する必要があります。

上記のメリットとは別に、 ローヤルゼリー また、喘息、不眠症、膵炎、肝臓病、胃潰瘍、腎臓病、はげや脱毛などのいくつかの病気の予防と克服に役立つと考えられています。

ただし、残念ながら、一部のメリットは ローヤルゼリー 健康のために効果的であることが証明されていません。これまで、有効性と安全性を確保できる医学的科学研究はあまりありませんでした ローヤルゼリー 健康のために、特に病気の治療として。

使用の副作用 ローヤルゼリー

の組み合わせを含むサプリメントを取る ローヤルゼリー 抽出します ビーポーレン 許可されています。しかし、あなたはまだ消費のために注意しています ローヤルゼリー 重度のアレルギーやアナフィラキシーでさえ、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

さらに、消費しすぎたり頻繁に摂取したりすると、 ローヤルゼリー 次のようないくつかの副作用を引き起こす可能性があります。

  • 腹痛と下痢
  • 消化管出血
  • 血圧の低下(低血圧)
  • 皮膚の発疹または隆起

このハーブ製品は、子供、妊婦、授乳中の母親など、特定のグループによる安全性と消費に適していることも証明されていません。したがって、使用したい場合 ローヤルゼリー 治療法として、最初に医師に相談してください。