その部分に基づいて大脳の機能を理解する

大脳(大脳)は脳の最大の部分です。この非常に複雑な器官には、体の動きの調節、言語スキル、思考、記憶の保存など、体にとってさまざまな重要な機能があります。

大脳は、左脳と右脳の2つの部分に分かれています。左半球は体の右側の動きを制御し、右半球は体の左側を制御します。これらの2つの部分は、脳梁と呼ばれる神経線維によって接続されています。

いくつかの理論に基づいて、脳のこれらの2つの半球は独自の機能を持っているという仮定があります。大脳の左半球が話す能力、数える能力、話す能力において重要な役割を果たしているかどうかについて言及しました。右半球は、音楽、形、感情、色などの抽象的なものを解釈するのに役立ちます。

しかし実際には、左脳と右脳は、それらの機能を実行する際に、協調して同時に機能します。

パートに基づく大脳機能-NSどうしたの

右脳と左脳は、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉の4つの部分に分かれています。大脳の各葉には、独自の機能があります。

1.前頭葉

前頭葉は大脳の最大の部分であり、脳の前部に位置しています。このセクションは、体の動きの制御、物事の評価と計画、問題の解決、感情と自制心の調整において重要な役割を果たします。

前頭葉の損傷は、性行動や習慣の変化、社会的スキルの低下、集中力の低下、話し方や感情の調整の困難、体の反対側の衰弱を引き起こす可能性があります。たとえば、左前脳が損傷すると、体の右側の動きが妨げられます。

2.後頭葉

後頭葉は脳の後ろにあります。大脳のこの部分は、視覚を通して物体を認識し、書かれた言葉の意味を理解するのに役立ちます。

この葉の損傷は、物体の認識の困難、色の識別の不能、幻覚、単語の理解の困難などの問題を引き起こす可能性があります。

3.側頭葉

側頭葉は、耳に平行な頭の両側にあります。大脳のこの部分は、聴覚、記憶、感情の機能を担っています。側頭葉の損傷は、記憶、発話知覚、および言語スキルに問題を引き起こす可能性があります。

4.頭頂葉

頭頂葉は前頭葉の後ろにあります。この部分は、脳の他の部分からのメッセージを解釈する上で重要な役割を果たします。頭頂葉は、触覚、体の動き、痛みの感覚、および計算能力の解釈にも役割を果たします。書くことや絵を描くことなど、指を使う細かい運動技能も、大脳のこの部分によって制御されます。

頭頂葉の怪我や損傷により、体の反対側の感覚(しびれやうずき)が失われる可能性があります。

脳の健康を維持する

非常に重要な大脳の機能を考えると、脳の健康は適切に維持されるべきです。脳の健康を維持するいくつかの方法は次のとおりです。

  • 脳を研ぎ澄まし、訓練することができる活動をする
  • 定期的な運動
  • 喫煙しない
  • ストレスを減らします
  • 運転中または特定のスポーツを行うときに頭部保護具を着用する

上記の方法に加えて、栄養価の高い食品、特に果物や野菜、オメガ3脂肪酸を含む食品、ナッツを食べることも、脳の健康を維持するための重要なステップです。

大脳や脳の他の部分の機能障害が疑われる不満や症状を経験した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。