流産-原因と予防

流産とは、妊娠中(在胎週数が20週に達する前)に自然に妊娠を停止することです。流産の原因は人によって異なります。たとえば、妊娠中の女性が苦しんでいる病気や、胎児が正常に発育していないことが原因です。

流産は、膣からの出血、腹部や腰の痛みやけいれんを特徴とする場合があります。妊娠の兆候や兆候が現れた場合、妊娠中の女性はすぐに医師に連絡してできるだけ早く治療を受けることをお勧めします。

流産を防ぐための具体的な手順はありません。一般的に、流産の予防は、妊婦の状態を健康に保つことによって行われます。

流産の特徴

流産の主な特徴は、妊娠初期の膣からの出血で、スポッティングまたはフローの形で発生します。これらの症状は、腹痛やけいれん、腰痛を伴う場合があります。血液に加えて、濃厚な液体や血栓や組織も出てくる可能性があります。

妊娠中の女性の流産の特徴は、次のような流産の段階によって異なります。

  • 流産 やむを得ない(中絶インシピエンス)

    流産では、胎児は子宮から出ていません。しかし、妊婦は出血や産道(子宮頸部)の開放を経験しているため、流産は避けられません。

  • 流産 番号 完了 (不完全な中絶)

    中絶が不完全な段階では、胎児組織が出てきましたが、部分的にしか出ていません。

  • 完全な流産 (完全な中絶)

    すべての胎児組織が子宮から出てきたとき、それは完全な中絶であると言われています。

時には、流産も出血せずに発生する可能性があります。この状態はと呼ばれます 稽留流し。

いつ医者に行くか

妊娠初期のすべての膣からの出血が流産の兆候であるとは限らないことに注意する必要があります。正常な妊婦は、受胎後6〜12日で膣からの出血スポットを経験します。これは胎児が子宮壁に付着するときです。この出血は着床出血と呼ばれます。しかし、それは通常この時点で、女性は自分が妊娠していることに気づいていません。

正常な場合もありますが、妊娠初期の膣からの出血は流産の脅威(中絶の差し迫ったもの)の疑いがあるため、すぐに産婦人科医に診てもらう必要があります。実際に流産が発生していない場合、医師はそれを防ぐための治療を受けることができます。

さらに、妊娠中の女性は、妊娠の最初の学期に次のような苦情を経験した場合は、すぐに医師の診察を受ける必要があります。

  • 食べたり飲んだりできなくなるまで嘔吐
  • 膣分泌物
  • 排尿時の痛み

流産の原因

流産の原因は非常に多様であり、必ずしも確実に特定できるとは限りません。一般的に、流産は、遺伝性疾患または胎盤の問題による異常な胎児の発育が原因で発生します。

さらに、流産は次の原因でも発生する可能性があります。

  • 糖尿病や腎臓病などの慢性疾患。
  • ループスや抗リン脂質抗体症候群などの自己免疫疾患。
  • トキソプラズマ症、風疹、梅毒、マラリア、HIV、淋病などの感染症。
  • 甲状腺疾患やPCOSなどのホルモン障害。
  • 子宮頸管無力症(頸管無力症)や子宮筋腫などの子宮の異常。
  • 非ステロイド性抗炎症薬、メトトレキサート、レチノイドなどの服用薬。
  • 子宮頸部などの子宮の異常。

妊娠中の女性が流産するリスクを高める要因はいくつかあります。

  • 35歳以上の妊娠
  • 以前に流産したことがあります
  • アルコール飲料の消費
  • 薬物乱用
  • 過度のストレス

流産の原因ではありません

流産については多くの神​​話や誤解があります。したがって、流産を引き起こす可能性があることを心配しているため、特定のことをするのを嫌がる妊婦も少なくありません。繰り返しになりますが、以下の条件は流産を引き起こしません:

  • スポーツですが、適切な運動について産科医と再度話し合うことができます。
  • 辛いものを食べる。
  • 飛行機の中で。
  • セックスする。
  • 化学物質または放射線への暴露のリスクがある仕事を除いて、仕事。

流産の診断

妊娠中の女性が流産の症状を経験した場合、産科医は内部検査を含む身体検査を行います。医師は、症状を尋ねたり、妊婦の体調をチェックしたりするほか、超音波検査を行い、妊婦が流産したかどうかを判断します。

超音波検査に加えて、妊娠中に増加するはずのホルモンHCGのレベルをチェックするために血液検査も行われます。

繰り返される流産

妊娠中の女性が繰り返し流産(習慣性流産)を経験する場合、原因となる可能性のある要因を見つける必要があります。そのために、産科医は以下の検査を行います:

  • 経膣超音波検査

    経膣超音波検査により、医師は子宮の状態をより詳細に調べて、異常を検出することができます。

  • 遺伝子チェック

    この検査は、患者またはそのパートナーに遺伝的異常があるかどうかを確認することを目的としています。

  • 血液検査

    この検査は、ホルモン障害、血栓や凝固、感染症など、流産を引き起こす可能性のある特定の障害をチェックするために行われます。

流産管理

流産の治療法は、流産の段階によって異なります。治療の主な原則は、出血や感染を防ぐことです。以下は、経験した段階に応じた流産の治療法の一部です。

流産の脅威

流産が発生していないが、その方向にすでに脅威がある場合、医師は妊婦に完全にベッドで休むようにアドバイスします。あなたの産科医にはっきりと、あなたが完全にベッドで休む必要がある時間とあなたが避けるべきことを尋ねてください。

それでも、妊娠中の女性は流産するリスクがあります。そのため、子宮を強化するために医師がホルモン剤を投与することもあります。

その流産 NS番号 NSパット NS避けて k流産 NS番号 l完了

妊娠中の女性が流産したと宣言された場合、胎児がまったく出ていないか、部分的に排出されているかにかかわらず、残りの胎児は1〜2週間以内に子宮から自然に出てくることができます。しかし、この待機プロセスは、母親に感情的なストレスを引き起こす可能性があります。したがって、医師は薬や手術による治療を勧める傾向があります。

与えられた薬は、24時間以内に子宮から残りの組織を取り除くプロセスをスピードアップすることを目的としています。この薬は口から摂取することも、膣に直接挿入することもできます。産科医は、胎児の出産を助ける薬に加えて、感染を防ぐための抗生物質や出血を減らすための出血防止薬を与えることもできます。

薬に加えて、医師は流産に対処するために掻爬術を行うことができます。このマイナーな操作は、子宮頸部(子宮の首)を拡張し、子宮から胎盤と胎児を取り除くために特別なツールを使用することによって実行されます。妊娠中の女性が大量の出血を経験したり、感染の兆候が現れたりした場合は、できるだけ早く掻爬を行う必要があります。

流産 l完了

すべての胎児組織が排出された流産では、それ以上の治療は必要ありません。患者が感じる他の不満を克服するために、医師によって薬が与えられることがあります。

流産後の回復

流産後の回復にかかる時間は数日から1週間です。しかし、流産したばかりの妊婦は、多くの場合、感情的なショック、あるいは流産後のうつ病を経験します。この状態の回復には時間がかかります。したがって、配偶者や家族からの支援が非常に必要です。

女性は流産後1〜1.5か月で生理が戻り、健康的な方法で再び妊娠することができます。

流産休暇

マンパワーに関する2003年インドネシア共和国法第13条、第82条第2項によれば、女性労働者は、流産を経験した場合、1.5か月の休暇または医師の診断書に従う権利があります。

これは、女性の身体的および感情的な状態が回復するまで休む時間を与えるためです。

流産防止

流産はさまざまな要因の影響を受けるため、流産を防ぐために必要な具体的な手順を決定することは困難です。しかし、一般的に、流産を防ぐために行うことができるいくつかの方法があります、すなわち:

  • バランスの取れた栄養で健康的な食事をとること、特に食物繊維を含む食品の消費を増やすこと。
  • 通常の体重を維持します。
  • 喫煙したり、アルコール飲料を飲んだり、薬物を乱用したりしないでください。
  • 感染症を予防するために医師の推奨に従ってワクチンを接種してください。
  • 検出された流産の原因の治療。たとえば、抗リン脂質抗体症候群の場合は抗凝血薬を注射します。

流産の合併症

流産は、子宮内に残っている胎児の体組織の残りの部分が原因で感染を引き起こすリスクがあります。この状態は敗血症性流産と呼ばれます。敗血症性流産に注意すべき症状は、発熱、悪寒、膣分泌物、下腹部の硬化です。

さらに、子宮内に残っている胎盤組織も出血を引き起こすリスクがあり、貧血やショックにつながる可能性があります。