若い妊婦のためのさまざまな健康食品の選択肢

妊娠中の栄養摂取量を満たすために摂取できる若い妊婦向けのさまざまな健康食品があります。妊娠初期には流産しやすいので、これを知っておくことが重要です。したがって、体の健康は常に維持されなければなりません.

栄養摂取は、妊娠中、特に妊娠の最初の3か月間で考慮する必要がある重要なことの1つです。これらの栄養素は、若い妊婦のための飲み物や健康食品、そしてサプリメントから得ることができます。

妊娠中の女性の健康に良いだけでなく、健康的な食品の摂取は胎児の発育にも良いです。

若い妊婦のための様々な健康食品

若い妊娠中、妊娠中の女性が必要とするさまざまな栄養素があります。さて、ここに栄養の種類に基づいた若い妊婦のためのいくつかの種類の健康食品があります:

1.葉酸の供給源

葉酸は水溶性のビタミンB群です。これらの栄養素は、DNAと赤血球を形成する過程で重要な役割を果たします。さらに、葉酸は、二分脊椎や無脳症などの神経管欠損症で赤ちゃんが生まれるのを防ぐこともできます。

葉酸の天然型である葉酸は、牛レバー、インゲン豆、ほうれん草、ブロッコリー、卵、ピーナッツ、アボカドなどのさまざまな食品に含まれています。一方、葉酸は妊娠サプリメントから得ることができます。

2.鉄の供給源

妊娠初期の倦怠感は、妊娠中の女性がよく経験します。妊娠中の女性がそれを経験した場合は、貧血のリスクを予測するために医師にヘモグロビンレベルをチェックしてみてください。

貧血は妊婦によく見られ、一般的に鉄欠乏によって引き起こされます。この状態は、全粒穀物、豆、豆腐、インゲン豆、ほうれん草、牛肉、鶏肉、卵、魚介類などの鉄分が豊富な食品を食べることで克服できます。

3.繊維の供給源

妊娠中の場合は、毎日25〜30グラムの食物繊維を摂取することをお勧めします。妊婦が摂取できる高繊維食品の例としては、新鮮な果物、調理済み野菜、玄米や豆などの全粒穀物があります。

若い妊婦のためのこのタイプの健康食品は、妊娠中の便秘や痔の予防に適しています。

4.タンパク質の供給源

タンパク質は妊婦が必要とする主要な栄養素の1つであるため、毎日の食事で見逃してはなりません。タンパク質は胎児の細胞や組織を形成する過程で重要な役割を果たし、妊娠中の免疫システムを維持するのに適しています。

妊娠中の女性は、赤身の肉、豆腐、豆、鶏肉、魚などのタンパク質食品を毎日2〜3サービング摂取することをお勧めします。

5. カルシウム源

乳製品には、妊婦や胎児の骨の成長に良いカルシウムが含まれています。若い妊婦の健康食品になり得る乳製品、すなわちミルク、チーズ、ヨーグルト。カルシウムは、緑の葉野菜、全粒穀物、魚、豆腐、テンペにも含まれています。

6. DHAのソース

DHAは、エビ、イワシ、カタクチイワシ、イカなどの魚やシーフードから得られます。さらに、DHAはDHAサプリメントを摂取することによっても取得できます。

DHAは、赤ちゃんの脳、目、神経の発達に有益であり、早産や産後うつ病を防ぎます。

妊娠の最初の学期中は、生の、調理が不十分な、または低温殺菌されていない食べ物や飲み物を食べることは避けてください。

魚にはいくつかの種類があるので、シーフードを食べるのが好きな妊婦も注意する必要があります シーフード 水銀で汚染されている可能性があります。タイプ シーフード 若い妊婦が避けるべきものは、マグロ、フエダイ、サバです。

妊娠中の女性はまた、若い妊娠中の女性のために少しずつ、しかし頻繁に健康的な食品を食べることをお勧めします。これは、妊娠初期によく見られる吐き気を防ぐためです。

若い妊婦のために健康的な食事をすることに加えて、定期的に医師にあなたの妊娠状態をチェックすることを忘れないでください。これは、妊娠に問題がないことを確認し、治療が必要な異常があるかどうかを早期に検出するために行うことが重要です。