妊娠中の膣分泌物の原因と克服方法を理解する

妊娠中の膣分泌物に対処するにはさまざまな方法があります。ただし、最初に、何が原因で膣分泌物が発生するのかを知る必要があります。ほとんどの場合、膣分泌物は妊娠中の自然なプロセスが原因で発生します。

妊娠中の膣分泌物を克服するためにできる主な方法は、親密な臓器領域の清潔さを維持することです。これを行うことは重要です。なぜなら、膣分泌物を克服できることに加えて、膣内で細菌感染を起こすリスクも最小限に抑えることができるからです。

妊娠中の女性の白帯下の原因

妊娠中は、子宮頸部と膣壁が通常よりも柔らかくなるため、体は自動的により多くの血流を送り、これらの領域を保護するためにより多くの膣液または粘液を生成します。このより多くの粘液産生は、妊婦の体内の高レベルのホルモンエストロゲンによっても影響を受けます。

いつもより多くの膣分泌物を経験しても心配しないでください。透明または乳白色で、強い臭いがない限り、膣分泌物は正常な膣分泌物です。

ただし、膣分泌物の色が黄色、緑色、または灰色に変化し、鋭い臭いがあり、膣領域のかゆみや腫れを伴う場合は異なります。このような分泌物は、妊娠障害の兆候または性感染症を含む感染症の症状である可能性があるため、注意する必要があります。

妊娠中の膣分泌物に対処する方法

妊娠中の膣分泌物に対処する方法は、親密な臓器の清潔さを維持する方法と切り離せません。これがあなたがする必要があるいくつかのことです:

  • 親密な領域を乾燥して清潔に保つために、通常より頻繁に下着を交換してください。
  • 天然コットンなど、吸収性の良い素材で作られた下着を使用してください。
  • 選ぶ ナプキン 香水は含まれていません。変化する ナプキン 湿気を感じたらできるだけ早く。
  • きつすぎる服や下着の着用は避けてください。

放電の色が黄色または緑色である場合、不快な臭いがある場合、またはその他の厄介な症状を伴う場合は、投薬が必要になります。したがって、それを克服するために医師に相談してください。

医師は通常、膣分泌物の原因に応じて種類と投与量のある薬を勧めます。選ばれた薬は確かに妊婦にとって安全です。

妊娠中の感染による膣分泌物を防ぐためのヒント

ほとんどが正常ですが、妊娠中の膣分泌物も感染によって引き起こされる可能性があります。感染による膣分泌物を防ぐために取ることができるいくつかのステップがあります:以下を含みます:

1.常に手を洗ってください

親密な場所に触れる前または後に、手を適切に洗うことを習慣にしてください。これは、細菌や細菌が膣に侵入するのを防ぐために行うことが重要です。

2.親密な臓器を正しい方法できれいにする

排便または排尿した後、正しい方法で水を使用して親密な臓器をきれいにしてください。最初に膣をきれいにし、次に肛門をきれいにして、肛門からの細菌が膣に入るのを防ぎます。清潔に感じたら、柔らかいタオルまたはティッシュペーパーを使用して乾燥させ、膣を乾燥させて潤いを保ちます。

3.次のことは避けてください

親密な臓器を掃除する際、特に敏感肌の場合は、香水を含む石鹸の使用を避けることをお勧めします。さらに、行うことも避けてください 膣の潅水 またはあまりにも頻繁に女性用衛生石鹸を使用します。

これらのものは、膣内の善玉菌のpHとバランスを混乱させる可能性があります。善玉菌のバランスが適切に維持されていないと、膣感染症のリスクがさらに高くなります。

4. G快適な下着を着用

ゆるい綿の下着は、妊娠中の女性のためのオプションになることができます。さらに、特に膣分泌物が多い場合は、通常よりも頻繁に下着を交換することをお勧めします。これは、あなたの親密な臓器の領域が乾燥して清潔に保たれるようにするために行われます。

妊娠中の膣分泌物はすべての妊娠中の女性に発生する可能性があり、苦情が彼女を悩ませ始めていない限り、正常なことです。上記のように妊娠中の膣分泌物に対処する方法で苦情が軽減されない場合は、合併症を防ぐために医師に相談してください。