左頭痛の原因とそれを克服する方法

原因s頭痛左側 できるライフスタイル、食べ物から特定の病気に至るまで、多様性。痛みを正しい方法で解決し、危険な状態を予測できるように、左側の頭痛の原因とその特徴を特定します.

左側の頭痛はゆっくりまたは突然起こり、しばしば激しいまたはズキズキする痛みのように感じます。通常、この状態は数時間以内に回復します。ただし、痛みが治まらない場合は、より深刻な状態の兆候である可能性があります。

左頭痛の原因を認識する

左側の頭痛の原因はいくつかあります。そのうちの1つは、飲酒、食事の遅れ、睡眠不足、ストレスなどの不健康なライフスタイルです。

さらに、防腐剤、ナッツ、加工肉を含む食品など、特定の食品も左側の頭痛を引き起こす可能性があります。塩分を過剰に摂取すると、頭痛がしやすくなります。

左側の頭痛を引き起こす可能性のあるいくつかの病状もあります:

1.群発頭痛と片頭痛

頭痛は頭全体に感じられますが、頭の左側や右側など、特定の領域で重くなったり、集中したりすることもあります。頭の片側でより優勢であると感じる頭痛は、通常、群発性頭痛または片頭痛によって引き起こされます。

この状態は通常、倦怠感、ストレス、睡眠不足、または強い匂いや明るい光などの特定の刺激の場合に頻繁に発生します。片頭痛または群発性頭痛による左側頭痛の持続時間も、わずか数分から1日までさまざまです。

2.感染症とアレルギー

インフルエンザなどの気道感染症は、発熱、咳、鼻水、頭痛の症状を伴うことがよくあります。一方、アレルギー反応は気道と副鼻腔の空洞を狭める原因となり、左側の頭痛を引き起こします。この状態は、一般的に副鼻腔炎を患っている人々によく見られます。

3.三叉神経 NSユーラルジア

三叉神経痛は、三叉神経の障害であり、顔面領域から脳に身体的感覚または刺激を伝達するように機能します。この状態は、顔の片側の痛みが特徴であり、左側の頭痛を引き起こす可能性があります。

4.高血圧

典型的な身体的症状はありませんが、高血圧は首の緊張感を引き起こし、左側の頭痛を含む頭痛を引き起こす可能性があります。

5.ストローク

突然の激しい頭痛は脳卒中の兆候である可能性があります。したがって、これらの症状を経験した場合、特に体の片側に脱力感があり、飲み込んだり話したりするのが困難な場合は、すぐに医師に相談する必要があります。

6.脳震盪

脳震盪は通常、脳に損傷を与える衝撃または激しい打撃によって引き起こされます。脳震盪は、左側の頭痛などの症状を引き起こす可能性があります。

7.脳腫瘍

脳腫瘍は、腫瘍または癌細胞が脳組織で成長する状態です。腫瘍は、激しい、突然の、再発性の頭痛、および視力喪失、言語障害、歩行困難、頻繁な嘔吐、発作などの他の症状を引き起こす可能性があります。

男性への方法ガタ私は頭痛を残しました

左側の頭痛の痛みを和らげるために、次のようなさまざまな家庭薬を試すことができます。

  • 痛む頭を温めたり冷やしたりします。
  • 暖かいシャワーを浴びてください。
  • 十分な休息を取ります。つまり、毎日7〜9時間眠ります。
  • 心地よい音楽を聴きます。

必要に応じて、イブプロフェン、パラセタモール、アスピリンなどの市販薬を服用できます。

ただし、左側やどこかで頭痛が悪化している場合は、すぐに治療できるように医師の診察を受けてください。左側の頭痛や消えない頭痛の訴えを和らげるために、医師は次の薬のいくつかを与えることができます:

  • NSAID または非ステロイド性抗炎症薬、 ナプロキセン、激しい頭痛を和らげるのに役立ちます
  • NSエタ ブロッカー、 アテノロール、メトプロロール、プロプラノロールなど、高血圧を治療し、一時的な片頭痛を予防します
  • 抗けいれん薬, なので トピラマート, ジバルプロエックスナトリウム、およびガバペンチン、片頭痛および慢性頭痛を予防および治療するため
  • 医学a抗うつ薬, なので アミトリプチリン、慢性頭痛に伴ううつ病、不安神経症、睡眠障害の治療に役立ちます
  • NSotulinum 毒素、またはオナボツリヌス毒素A(ボトックス)の注射は、頭の筋肉の緊張を和らげるのに役立ち、他の薬と互換性のない人々のためのオプションかもしれません

これらの薬は医師の処方に従ってのみ使用する必要があることを覚えておくことが重要です。したがって、突然、激しい、消えない、または日常生活に支障をきたすほどの左側の頭痛を経験した場合は、すぐに医師に相談する必要があります。