あなたの子供が取得しなければならない強制的な免疫のリスト

強制免疫とは、1歳未満の子供が受けなければならない免疫です。インドネシアでは、子供に与えなければならない免疫化の5つのタイプがあります。病気に対する最大の保護効果を提供するために、各タイプの免疫化はそれ自身のスケジュールに従って与えられる必要があります。

免疫化は、障害や死さえも引き起こす可能性のある危険な病気に対する免疫を提供するために、人の体にワクチンを与えるプロセスです。

強制免疫は、子供たちの病気の伝染を防ぎ、同時に子供たちが他の子供たちに病気を伝染させるのを防ぐのに安全で有用であることが証明されています。

感染症にかかっているにもかかわらず、免疫化を受けた子供は通常、免疫されていない子供よりも軽い症状を示します。

5種類の強制免疫と投与スケジュール

インドネシア共和国保健大臣の2013年第42号および2017年第12号の免疫管理に関する規則に基づき、リトルワンが取得しなければならない強制免疫には5つのタイプがあると述べられています。 。

これらの5種類の強制免疫は、子供の年齢と政府が設定したスケジュールに応じて、そしてもちろん医師の考慮に基づいて行われます。免疫化の5つのタイプは次のとおりです。

1.B型肝炎の免疫化

B型肝炎はまだインドネシアで一般的に見られます。 B型肝炎の免疫は、肝硬変や肝臓癌などの危険な合併症を引き起こす可能性のある肝臓感染症であるB型肝炎の予防を目的としています。使用されるワクチンの種類はB型肝炎ワクチンです。

ワクチンは乳児に4回与えられます。最初の投与は、赤ちゃんが生まれた直後、または出生後12時間以内に行われます。その後、2、3、4ヶ月齢で再度ワクチンを接種します。

赤ちゃんがB型肝炎に感染した母親から生まれた場合、B型肝炎の免疫は出生後12時間以内に赤ちゃんに与えられなければなりません。赤ちゃんはまた、B型肝炎ウイルスに対する免疫を迅速に生み出すために、B型肝炎免疫グロブリン(HBIG)の注射を受ける必要があります。

2.ポリオの免疫

ポリオは、脳や脊髄の神経系を攻撃するウイルス感染によって引き起こされる感染症です。重症の場合、ポリオは息切れ、髄膜炎、麻痺、さらには死を引き起こす可能性があります。 今、 ポリオ免疫は、子供が病気にかかるのを防ぐことを目的としています。

インドネシアでは、一般的に使用されているポリオワクチンの種類はポリオワクチンドロップ(経口)ですが、注射の形で入手できるポリオワクチンもあります。

ポリオワクチンのドロップは、赤ちゃんが生まれたとき、または遅くとも生後1か月のときに4回行われます。さらに、ワクチンは2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月の年齢で連続して与えられました。一方、注射可能なポリオワクチンは、4ヶ月齢で1回接種されます。

3.BCG免疫

この免疫化は、結核や結核の原因となる細菌から体を保護することを目的としています。結核は、気道、骨、筋肉、皮膚、リンパ節、脳、胃腸管、腎臓を攻撃する可能性のある危険な感染症です。

インドネシアにはまだ結核の症例数が多いため、BCG免疫はインドネシアの必須免疫のリストに含まれています。 BCG免疫は1回だけ行われ、2〜3か月の乳児に与えられます。 BCG免疫は、赤ちゃんの皮膚への注射によって行われます。

4.はしかの免疫

はしかの免疫は、肺炎、下痢、脳の炎症(脳炎)を引き起こす可能性のある重度のはしかの予防策として行われます。はしかの免疫は、子供が9か月、18か月、6歳のときに3回行われます。

子供が15か月の年齢でMR / MMRワクチンを接種された場合、18か月の年齢で麻疹の免疫化は再度必要ありません。これは、MRまたはMMRワクチンにすでにはしかワクチンが含まれているためです。

5.DPT-HB-HiB。免疫化

DPT-HB-HiB免疫は、ジフテリア、百日咳(百日咳)、破傷風、B型肝炎、肺炎、髄膜炎(脳の炎症)の6つの病気に対する保護と予防を同時に提供できます。

この強制免疫は4回行われ、2か月、3か月、4か月の乳児に連続して投与され、最後の投与は子供が18か月のときに行われます。

子供に与える必要のある追加の免疫

上記の5つの必須免疫に加えて、インドネシア小児科医協会(IDAI)は、各子供が追加の免疫を受けることを親に推奨しています。

  • はしか、風疹、おたふく風邪を予防するためのMR / MMRワクチン。
  • 肺炎球菌ワクチン(PCV)。肺炎、耳の炎症、髄膜炎の原因となる肺炎球菌の感染を防ぎます。
  • 下痢を引き起こす胃腸炎から子供を守るためのロタウイルスワクチン。
  • 子供のA型肝炎と腸チフスのリスクを減らすためのA型肝炎と腸チフスワクチン。
  • 水痘の原因となる水痘帯状疱疹ウイルスの感染を防ぐための水痘ワクチン。
  • インフルエンザワクチン、インフルエンザによるARIに対する防御を提供します。
  • 子宮頸がんの予防としてのHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン。
  • ワクチン 日本脳炎 (JE)、ウイルス感染を防ぐため 日本脳炎 炎症性脳疾患を引き起こします。

強制免疫を取得するには、子供をposyandu、ヘルスセンター、診療所、病院などのヘルスサービスセンターに連れて行くことができます。

強制免疫は、政府によって予算が組まれているため、無料または非常に安い価格で行うことができます。一方、追加の免疫は、ワクチンの価格と医師のサービス料金に応じた料金を支払うことで取得できます。

最適な保護効果を達成するために、必須免疫化と補足免疫化の両方のすべてのタイプの免疫化は、推奨されるスケジュールに従って乳児によって取得されなければなりません。ただし、予防接種スケジュールが到来したときに子供が病気になった場合は、子供が回復するまで免疫を延期することができます。