母乳育児中の母親のための7つの健康食品

母乳育児は、赤ちゃんの成長と発達にとって重要な時期です。まで栄養サポートもっと注意が必要. 母乳育児中の母親のための健康食品にはいくつかの種類があります 赤ちゃんの栄養ニーズを満たすために消費することができます。

一般的に、母乳育児中の母親は、適切な乳製品を確保するために、最大500カロリーのより多くの栄養摂取を必要とします。ただし、すべての母乳育児中の母親が追加のカロリーを必要とするわけではありません。これは、妊娠前の体重、妊娠中の体重増加、母親の活動度によって異なります。

母乳育児中、母親はより多くのビタミン、ミネラル、タンパク質、および複雑な炭水化物を摂取することもお勧めします。母乳の生産と品質をサポートすることに加えて、母親は母乳育児中に病気にならないようにバランスの取れた栄養を必要とします。さらに、母乳育児中の母親は、加工食品、カフェイン、アルコールなど、母乳の品質を低下させる可能性のある食べ物や飲み物を制限する必要もあります。

母乳育児中の母親のためのさまざまな健康食品

バランスの取れた栄養パターンを持つ健康食品を選択し、授乳中に過度の体重を減らすことを避けてください。栄養価の高い母乳育児中の母親のための健康食品の種類は次のとおりです。

  • タンパク質の供給源として、卵子は授乳中の母親にとって簡単な選択です。母乳(ASI)に必須脂肪酸を追加したい場合は、DHA強化卵を選択してください。朝食にはゆで卵やスクランブルエッグを食べることができます。

  • サーモンは赤ちゃんの神経系の発達のためのDHAの源です。母乳中のDHAのレベルは、授乳中の母親が摂取する食品の種類によって異なります。さらに、サーモンのDHAは、産後うつ病を予防することもできます。ただし、赤ちゃんが水銀にさらされるリスクを減らすために、鮭の摂取量を1週間あたり12オンスに制限してください。

  • 玄米

    玄米は食物繊維や栄養素が多く含まれているので、満腹感を長持ちさせることができます。このタイプの米は、白米と比較して、摂取後に血糖値が大幅に上昇することもありません。

  • 緑の野菜

    ほうれん草やブロッコリーなどの緑の野菜は、カロリーが低く、ビタミンAが豊富で、赤ちゃんや授乳中の母親に適しています。さらに、モリンガの葉などの緑の野菜には、心臓の健康を維持するのに役立つカルシウム、ビタミンC、鉄分、抗酸化物質も豊富に含まれています。

  • 牛乳

    カルシウム含有量の高い母乳は、赤ちゃんの骨の発達を助けます。ミルクはカルシウムの良い供給源です。さらに、ミルクにはビタミンD、タンパク質、ビタミンBも含まれています。1日3杯のミルクが授乳中の母親のニーズを満たします。ミルクが苦手な方は、カルシウムやたんぱく質も豊富なヨーグルトを食べてみてください。

  • 日付

    デートはカルシウムが豊富な甘いおやつの1つで、ミルクの生産を促進することができます。食物繊維の含有量は、授乳中の母親にも非常に適しています。ナツメヤシに加えて、授乳中の母親はカルシウム源としてアーモンドを摂取することもできます。

  • オレンジ

    柑橘系の果物は、ビタミンCの含有量が高いため、授乳中の母親のエネルギーを高めるのに非常に適しています。カルシウム強化オレンジジュースは、授乳中の母親にとって栄養価の高い飲み物の選択肢になり得ます。

上記のさまざまな食品の選択は、授乳中の母親にとって有益な場合があります。また、母乳育児中の母親のためのさまざまな種類の健康食品に関する情報は、医師または栄養士と相談することで入手できます。