ビオチン-利点、投与量および副作用

ビオチンは、タンパク質、炭水化物、脂肪の代謝に関与するビタミンです。 そして健康な皮膚、髪、目、肝臓、そして神経系を維持することができると信じられています。

上記の役割のいくつかに加えて、ビオチンは妊婦と胎児の健康を維持するために必要な重要な栄養素の1つでもあります。ビオチンは、ビタミンB7またはビタミンHとしても知られています。

当然のことながら、ビオチンの必要性は、よく調理された卵、調理された牛レバー、またはサーモンを定期的に摂取することで満たすことができます。ただし、喫煙、栄養失調、アルコール依存症、妊娠中や授乳中などの一部の状態では、ビオチン欠乏症が発生する可能性があります。

ビオチン欠乏症は、細い髪、目、鼻、口の周りの赤い発疹、またはうずきによって特徴付けることができます。ビオチンサプリメントは、これらの状態でのビオチン欠乏症の治療に使用できます。

ビオチンはまた、円形脱毛症、爪のもろさ、糖尿病性ニューロパチーの痛みなど、いくつかの症状を治療できると考えられています。ただし、これらの条件でビオチンを投与することの有効性を判断するには、さらなる研究が必要です。

ビオチンの商標: Cernevit、Nephrovit FE、Pehavral、Soluvit N、Vivena-9

ビオチンとは

グループ無料の薬
カテゴリービタミンサプリメント
利点ビオチン欠乏症の予防と治療
によって消費されます大人と子供。
妊娠中および授乳中の女性のためのビオチンカテゴリーN:分類されていません。ビオチンが母乳に吸収されるかどうかは不明です。母乳育児をしている場合は、最初に医師に相談せずにこの薬を使用しないでください。
剤形フィルムコーティング錠と注射

ビオチンを使用する前の注意事項

ビオチンを使用する前に注意を払う必要があるいくつかの事柄があります、すなわち:

  • あなたが持っているアレルギーについて医師に伝えてください。ビオチンサプリメントは、この薬にアレルギーのある人には与えないでください。
  • 腎臓病があるか、消化器や消化器系の手術を受けたかどうかを医師に伝えてください。
  • 薬、サプリメント、またはハーブ製品を服用しているかどうかを医師に伝えてください。
  • 喫煙者は通常ビオチンのレベルが低いため、喫煙する場合は医師に相談してください。
  • ビオチンは血液検査の結果にエラーを引き起こす可能性があるため、血液検査を受ける前にビオチンを服用していることを医師に伝えてください。
  • 妊娠中、授乳中、または妊娠を計画している場合は、医師に相談してください。
  • ビオチンを服用した後にアレルギー反応や過剰摂取があった場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

ビオチンの使用量と使用説明書

ビオチンの投与量は、年齢や健康状態に応じて患者ごとに異なる可能性があります。ビオチン欠乏症を治療するための推奨用量は1日あたり10mgです。適切な用量とあなたの状態に応じて見つけるためにあなたの医者に相談してください。

ビオチンの栄養的妥当性率

ビオチンはまだ固定された毎日の栄養所要量(RDA)を持っていません。ただし、ビオチンの1日あたりの推奨摂取量には次の制限があります。

  • 10歳以上および成人: 30〜100mcg /日
  • 7〜10歳: 1日あたり30mcg
  • 4〜6歳: 1日あたり25mcg
  • 0〜3歳: 1日あたり10〜20 mcg

ビオチンを正しく使用する方法

使用を開始する前に、医師のアドバイスに従い、ビオチンパッケージの情報をお読みください。医師の助言なしにビオチンの摂取を減らしたり、追加したり、中止したりしないでください。

ビオチンフィルムでコーティングされた錠剤は、最初に噛んだり、つぶしたりせずに、丸ごと服用する必要があります。食事の1時間前または食事の2時間後にビオチンを服用してください。

ビオチンの服用の2時間前または2時間後には、乳製品、お茶、コーヒーの摂取を避け、薬の効果を妨げないようにしてください。

注射可能なビオチンは、医師の監督下で医師または医療関係者によって直接与えられます。注射可能なビオチンは、筋肉への注射(筋肉内/ IM)によって与えることができます。

ビタミンとミネラルのサプリメントは、特に食品からのビタミンとミネラルの摂取が体のニーズを満たすことができない場合に、ビタミンとミネラルに対する体のニーズを補完するために消費されます。

ビオチンは直射日光の当たらない場所に保管してください。ビオチンは子供の手の届かないところに保管してください。

ビオチンと他の薬物との相互作用

以下は、ビオチンサプリメントと特定の薬物、サプリメント、ハーブ製品、または食品との可能な相互作用の一部です。

  • アセタゾラミド、カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、またはプリミドンと併用した場合の体内のビオチンレベルの低下
  • クロザピン、オランザピン、プロプラノロール、テオフィリン、またはゾルミトリプタンの効果の低下
  • 一緒に使用すると、ビオチン、α-リポ酸、またはビタミンB5の体内吸収が低下します
  • 生卵白と一緒に摂取するとビオチン欠乏のリスクが高まります

ビオチンの副作用と危険性

推奨用量で使用した場合、ビオチンサプリメントは一般的に副作用を引き起こしません。ただし、吐き気、腹痛、下痢など、軽度の副作用が発生する可能性があります。

上記の副作用が治まらない、または悪化していないかどうか医師に確認してください。ビオチンサプリメントを服用した後にアレルギー反応を経験した場合も、すぐに医師の診察を受ける必要があります。