注意が必要な猫の毛皮の危険性

猫はかわいくて愛らしいです。ただし、毛皮には注意してください。特に家に猫がいる場合は、猫の皮屑にはさまざまな危険があります。猫の毛皮の危険性によるさまざまな病気を避けるために、あなたはそれを防ぐ方法も知る必要があります。

動物、特に猫を家に飼っている人にとって、猫の皮屑の危険性は注意すべき重要なことです。これは、猫の毛皮には白癬からトキソプラズマ症まで、さまざまな病気を引き起こす可能性のある細菌や寄生虫が含まれている可能性があるためです。

これは、妊娠中の女性、免疫力の弱い人、または自己免疫疾患などの特定の病状のある人にとってより危険な場合があります。

猫の毛が原因のさまざまな病気

美しい猫の毛皮は、しばしば維持されるべき魅力です。ただし、猫の皮屑によって引き起こされる可能性のあるいくつかの潜在的な病気があります。

1.キャッツクロー病(猫ひっかき病)

キャッツクロー病は細菌感染によって引き起こされます バルトネラ・ヘンセラ。これらのバクテリアは、猫の咬傷や引っかき傷だけでなく、猫の髪の毛を通しても人間に感染する可能性があります。

バクテリアに汚染された猫の毛皮を撫でたり、無意識のうちに直接目を拭いたりすると、この病気にかかる可能性があります。

キャッツクロー病は、HIV / AIDSや化学療法を受けている癌患者など、免疫力が低下している人々にとってより深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

2.白癬(白癬)

白癬は、皮膚の皮膚糸状菌感染症によって引き起こされる病気です。この病気は動物から人間に伝染する可能性があり、そのうちの1つは猫です。

猫は白癬に感染することが多い動物です。これらの動物は、毛皮が頻繁に濡れているか、ほとんど掃除されていない場合、白癬にかかる可能性があります。

猫の白癬の症状を見つけたときは注意が必要です。たとえば、無愛想で脱毛を伴う円形の領域などです。猫に白癬がある場合は、獣医施設や診療所に連れて行き、カビの胞子が残らないように家を徹底的に掃除してください。

3.トキソプラズマ症

トキソプラズマ症は寄生虫によって引き起こされる病気です トキソプラズマ原虫. この寄生虫は感染した猫の糞便に見られ、人間に感染する可能性があります。

この病気は、妊娠中の女性や免疫力の弱い人にとって危険な場合があります。妊娠中の女性では、トキソプラズマ症は流産、早産、または胎児の先天性疾患を引き起こすリスクがあります。トキソプラズマ症はまた、女性の出産を妨げる可能性があります。

4.アレルギー反応

猫の毛皮は、唾液、糞便、猫の尿にさらされることがよくあります。汚れた猫の毛皮に触れると、アレルギーの既往歴のある人がアレルギー反応を起こすことがあります。

一般的に現れるアレルギー反応は、皮膚のかゆみ、発疹、または隆起です。しかし、猫の皮脂の危険性によるアレルギー反応は、アレルギー性鼻炎による鼻水、くしゃみ、目のかゆみの症状を引き起こす可能性もあります。

喘息の病歴のある人は、猫の皮屑にさらされると、症状の再発をより頻繁に経験する可能性があります。

猫の毛の危険のリスクを減らす

猫の皮屑の危険から身を守るために、次の手順を実行することをお勧めします。

猫に触れた後は自分をきれいにしてください

猫に触れてケージやトイレを掃除した後は、必ずきれいな水と石鹸で手を洗うことを忘れないでください。この習慣は、家に住むすべての人、特に子供たちが適用する必要があります。

安全のために、猫のトイレに汚染されやすい場所で子供が遊んでいないことも確認してください。

猫と猫のケージを定期的に掃除する

体とケージの清潔さは、動物を育てる上で重要なことです。あなたの猫とあなた自身を健康に保つために、あなたの猫をきれいな水と特別な猫のシャンプーで定期的に入浴してください。これは、猫の体内で細菌、寄生虫、真菌の発生を防ぐために重要です。

ただし、妊娠中の女性は猫を入浴することはお勧めしません。妊娠している場合は、猫の皮屑の危険を避けるために、他の誰かにあなたと赤ちゃんを助けるように頼んでください。

猫をあなたと一緒に寝かせないでください

猫を入れたり、一緒に寝たりしないようにして、家の特定のエリア、特に寝室を制限します。これは、猫の毛が抜け落ちて、使用するシーツや毛布にくっつく可能性があるためです。

上記の猫の皮脂の危険性を減らすためのいくつかの方法に加えて、獣医に猫をチェックし、猫に定期的なワクチンを接種してください。予防接種は、ウイルスや細菌の感染から猫を守ることができます。

猫を飼うのはとても楽しいですが、上記のさまざまな病気を防ぐために猫の毛の危険性に注意する必要があります。猫の皮屑にアレルギーがある場合、または猫の皮屑にさらされた後に不満を感じる場合は、治療について医師に相談する必要があります。