体温が上がると熱を圧縮する

年齢を問わず、誰もが熱を感じることができます.熱が当たったときに体がより快適に感じるように、また体温を下げるのを助けるために、熱の圧迫はそれを行うための1つの方法です.

当然のことながら、体には細菌やウイルスの感染に対する抵抗力を提供できる防御システムがあります。体の中でこの「戦争」が起こると、私たちの体は温度の上昇、別名熱を経験します。体温が摂氏38度を超えると、体は熱を出すと言われています。

細菌やウイルスの感染に対する体の防御システムの反応に加えて、発熱は、過度の日光への曝露、免疫、特定の薬の副作用、または自己免疫疾患によっても引き起こされる可能性があります。

発熱圧縮、 y許可され、 y番号

多くの場合、発熱は危険なものによって引き起こされるものではなく、数日後に自然に治まります。それでも、体温が上がると体調が悪くなることがあります。それを和らげるために、あなたは熱圧縮をすることができます。

額、首、脇の下、または鼠径部に濡れた布を置くことは、熱があるときに体温を下げるために使用される一般的な手法です。あなたがする必要があるのは、布を普通の水(冷たすぎたり熱すぎたりしない)に浸し、それを絞ってから、湿った布を皮膚の上に置くことです。角氷や アイスパック.

この圧迫法は一時的に体温を下げるだけで、発熱の原因を治療することはできません。したがって、湿布を取り除いた後、しばらくすると発熱が再発する可能性があります。

冷水で解熱するだけでなく、温浴で解熱することもできます。発熱中は、冷たいシャワーを浴びないことをお勧めします。冷たいシャワーを浴びると震え、実際に体温が上がるからです。

また、1層の衣類と毛布だけを着用して涼むこともできます。部屋が暑い、または蒸し暑い場合は、ファンをオンにします。

医師が確認しなければならない条件

一般的に、熱は数日で自然に消えます。ただし、熱が治まらない場合や他の苦情が伴う場合は、警戒する必要があります。発熱に次の症状が伴う場合は、すぐに医師に連絡してください。

  • 皮膚に発疹があります。
  • 排尿時に灼熱感、刺痛感、または痛みを伴う感覚があります。
  • まれであるか、まったく排尿していません。
  • 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などの消化器疾患。
  • 後ろの部分の痛み。
  • 心拍数が速く感じます。
  • 息切れまたは呼吸時の胸痛。
  • 青い唇、皮膚、爪。
  • 耐え難い頭痛と肩こり。
  • 発作があります。
  • 意識の喪失または昏睡。

同様に、熱が3週間以上続く場合は、解熱薬(従来の解熱薬を含む)を服用しても熱が消えないか、温度が非常に高い(摂氏40度以上)場合があります。

基本的に、熱の圧縮は一時的に熱を和らげ、体をより快適にします。この行動は主な治療ステップではありません。したがって、熱がある場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。