迅速な抗体検査、これがあなたが知っておくべきことです

迅速検査 抗体は、血液中の抗体の存在をすばやく検出するための検査です。血液中の抗体の存在は、人が病気にかかっているか、現在感染していることを示している可能性があります。

ウイルスやバクテリアが体に侵入すると、免疫系はその微生物に特異的な抗体を産生することで反応します。これらの抗体は侵入するウイルスやバクテリアに付着し、麻痺させようとします。

標的 迅速検査 抗体は、特定の病気と戦うことができる血液中の特定の抗体の存在を検出することです。例として、 迅速検査 COVID-19に対する抗体は、患者の血液にコロナウイルスに特異的なIgMおよびIgG抗体(SARS-CoV-2)が含まれているかどうかを確認することを目的としています。

表示 迅速検査 抗体

上で説明したように、 迅速検査 抗体は、免疫グロブリンとしても知られる抗体を検出するために使用されます。病気の発作があったときに免疫系によって生成されることができる抗体の5つのタイプがあります。これらの抗体は次のとおりです。

  • 免疫グロブリンA(IgA)
  • 免疫グロブリンD(IgD)
  • 免疫グロブリンE(IgE)
  • 免疫グロブリンG(IgG)
  • 免疫グロブリンM(IgM)

5つの抗体のうち、 迅速検査 抗体は一般的に免疫グロブリンG(IgG)と免疫グロブリンM(IgM)を検出します。これらの2種類の抗体は、体が感染したときに形成され、血液中に見られます。

IgMは、感染があったときに早期に産生される抗体です。 IgGはよりゆっくりと現れますが、より長く持続し、将来同じ感染を防ぐのに役立ちます。

これらの抗体の存在を知り、そのレベルを測定することにより、 迅速検査 抗体は、医師が次のようなさまざまな感染症を診断するのに役立ちます。

  • HIV / AIDS
  • トキソプラズマ症
  • B型肝炎
  • デング出血熱
  • 腸チフス
  • 風疹
  • サイトメガロウィルス
  • ヘルペス
  • COVID-19(新型コロナウイルス感染症

言い換えれば、医師はできる 迅速検査 次のような上記の疾患の診断につながる症状または状態を持っている患者の抗体:

  • 原因がわからない発熱
  • 消えない下痢
  • 明らかな理由もなく体重が減る
  • 疲れやすい
  • 吐き気と嘔吐
  • 筋肉痛

患者の病歴、ライフスタイル、および活動パターンに関する医師の考慮も、患者が治療を必要としているかどうかを判断する上で主要な役割を果たします。 迅速検査 抗体かどうか。

警告 迅速検査 抗体

下線を引く必要があります、 迅速検査 抗体は、感染自体を引き起こす微生物ではなく、感染と戦うために体が産生する抗体を検出することを目的としています。したがって、 迅速検査 抗体は通常、初期検査(スクリーニング)としてのみ行われます。

病気の診断を確認するために、医師は次のような他の補助検査を行います。

  • 全血球計算
  • 血液タンパク質検査
  • 尿サンプル検査
  • ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR)
  • 迅速検査 抗原

迅速検査 抗体

受ける前に行わなければならない特別な準備はありません 迅速検査 抗体。ただし、検査結果に影響を与える可能性のある薬がいくつかあるため、病歴と現在服用している薬を提供することをお勧めします。

手順 迅速検査 抗体

迅速検査 抗体は指先から血液サンプルを採取することによって実行されます(指刺し)。以下は、血液サンプルを採取する過程で医師がとるステップです。

  • アルコールで患者の指先をきれいにします
  • 血液サンプルを除去するために患者の指先に針を挿入する
  • 血液サンプルをデバイスにドロップする 迅速検査
  • 抗体検出液をデバイスに滴下する 迅速検査 以前に患者の血液サンプルが滴下されていた

迅速検査 抗体

結果 迅速検査 抗体は同じ日に直接同定することができます。たとえば、 迅速検査 COVID-19に対する抗体、結果はわずか15分で出てくることができます。これらの結果は、IgMまたはIgGカラムの線の形でテストキットに記載されています。

結果 迅速検査 正(反応性)または負(非反応性)の場合があります。詳細は次のとおりです。

  • IgM陽性およびIgG陽性は、検査の約3週間前に発生したと推定される活動性感染を示します。
  • 陽性のIgMと陰性のIgGは、検査の1〜3週間前に発生すると推定される活動性の感染を示します。
  • 陰性のIgMと陽性のIgGは、検査の3週間以上前に発生したと推定される不活性な感染を示します。
  • 陰性IgMおよび陰性IgGは、患者が感染していないか、感染しているが抗体が形成されていないことを意味します。

それを覚えておくことは重要です 迅速検査 抗体は、病気の診断を確認するために信頼することはできません。これは、起こりうる結果があるためです。 迅速検査 誤検知または誤検知。

偽陽性の結果は結果を意味します 迅速検査 病気に対する抗体の場合、実際には患者が病気にかかっていないのに、陽性の結果を示します。偽陰性の結果は反対ですが、実際に陽性の場合は陰性を示します。

COVID-19迅速検査の例を見てみましょう。偽陰性の結果は、COVID-19の検査で陽性であるはずの誰かが結果を得たことを意味します 迅速検査 否定的なもの。この検査を診断の基準として使用すれば、人は自己隔離する必要がないと感じるでしょう。これは彼の周りの人々に危害を加えるリスクをもたらします。

副作用 迅速検査 抗体

迅速検査 抗体は有害な副作用を引き起こしません。血液サンプルを採取するために針を挿入すると、患者は多少の痛みを感じることがありますが、痛みはすぐに消えます。