妊娠中の女性にとっての葉酸の利点

妊娠中の女性は、栄養上のニーズを満たす必要があります。満たされなければならない摂取量の1つは妊娠中の女性のための葉酸です。葉酸は先天性欠損症の予防に役立つため、妊娠前および妊娠中に摂取することが非常に重要です オン 赤ちゃんの脳と神経。

葉酸は葉酸またはビタミンB9の合成形態です。妊娠中の女性に推奨される葉酸摂取量は、1日あたり約600マイクログラム(mcg)です。神経管欠損症の赤ちゃんを出産した妊婦の場合、1日あたりの葉酸摂取量を4,000mcgまで増やす必要があります。

葉酸欠乏症は、脱力感、下痢、舌の痛みなどの症状の出現によって認識できます。

これは妊婦にとって葉酸の重要性です

妊娠中または妊娠を計画している方は、葉酸を十分に摂取することが非常に重要です。この葉酸摂取量は、妊娠中のサプリメントと妊婦のための特別なミルクから得ることができます。

以下はあなたが知る必要がある妊婦のための葉酸の利点のいくつかです:

神経管の欠陥を防ぎます

葉酸は、赤ちゃんの神経管が適切に発達するのを助けるのに重要な役割を果たします。これにより、赤ちゃんが無脳症や二分脊椎などの神経管欠損症のリスクを回避できます。

無脳症は、赤ちゃんが脳と頭蓋骨なしで生まれる状態です。無脳症に苦しむ赤ちゃんは、一般的に出生後に死亡します。

一方、二分脊椎は、赤ちゃんが脊椎と脊髄に隙間を作る障害です。この状態の赤ちゃんは、歩行困難、脳と脊髄の感染症、発達障害から永続的な障害に至るまで、さまざまな合併症のリスクがあります。

神経管だけでなく、葉酸が赤ちゃんの口唇裂や先天性心疾患を予防することもできると示唆する研究者もいます。

流産を防ぐ

妊娠前および妊娠中の葉酸を毎日適切に摂取することで、流産を防ぐことができると考えられています。流産とは、在胎週数がまだ比較的若く、20週間未満である場合の、妊娠の喪失または胎児の死亡です。

流産に加えて、葉酸はまた、早産や子宮内胎児発育障害など、他のいくつかの妊娠障害のリスクを軽減すると考えられています。

子癇前症のリスクを減らす

いくつかの研究では、妊娠後期以降に十分な葉酸摂取量を得る妊婦は、子癇前症を発症するリスクが低いことがわかっています。この状態は、血圧の上昇、腫れ、および尿中のタンパク質レベルの上昇を特徴とする妊娠の合併症です。

この状態に苦しむと、妊娠中に母親が子癇や危険な発作を経験するリスクが高まります。子癇前症はまた、低出生体重で生まれる赤ちゃんのリスクを高める可能性があります。

貧血を予防する

貧血や血液不足は、インドネシアを含む世界中の多くの妊婦が今なお経験している健康上の問題の1つです。妊娠中の貧血は、母親と赤ちゃんの生命を脅かす可能性のあるさまざまな妊娠合併症を引き起こす可能性があります。したがって、妊娠中の女性は葉酸と鉄を十分に摂取する必要があります。

葉酸摂取量を満たす

葉酸のニーズを満たすために、次のような葉酸を含む食品を食べることができます。

  • アボカド、パパイヤ、オレンジなどの果物。
  • ほうれん草、ブロッコリー、ジャガイモ、レタスなどの野菜。
  • エンドウ豆、インゲン豆、インゲン豆などのマメ科植物。
  • 牛レバー。
  • 卵。
  • 葉酸で強化されたシリアルとロバのミルク。

これらの健康食品は、妊娠初期から妊娠後期までの妊婦に適しています。葉酸の毎日のニーズを満たすことは、妊娠サプリメントを服用することによっても行うことができます。ただし、最初に産科医と話し合う必要があります。医師は、妊娠の状態と全体的な健康状態に基づいて、適切で安全に摂取できるサプリメントの種類と投与量を決定します。

妊娠中の女性も定期的な婦人科検査を受ける必要があります。産科検査は、胎児の発育を監視するだけでなく、妊婦とその胎児が経験する健康上の問題を検出するのにも役立ち、早期に治療することができます。