点耳薬を使用する前に予測する

点耳薬は、感染症の予防と治療、および耳垢の除去に使用できます。 ただし、この薬を使用する際の参照として使用しなければならないいくつかの考慮事項があります。問題の参照は何ですか?

耳に問題がある場合は、すぐにそのような点耳薬を使用しないでください。点耳薬による治療が必要な状態と、それらを適切に使用する方法を知る必要があります。

点耳薬が必要な条件

点耳薬を治療として使用できるいくつかの耳の感染症があります。

  • 外耳の炎症

この状態は外耳炎としても知られています。この地域での感染の原因は、多くの場合、真菌や細菌です。感染症は通常、鼓膜と外耳の間にある外耳道の部分で発生します。この感染症の引き金は、汚れた水の侵入、または間違っているか硬すぎる耳を掃除するプロセスによる外耳道の損傷が原因です。

  • 急性中耳の炎症

これらの症例のほとんどはウイルスによって引き起こされますが、細菌は中耳炎や中耳炎の原因にもなります。中耳の炎症は、風邪や咳をしたり、耳管が詰まったりしている子供たちによく見られます。耳管は中耳を鼻腔に接続する管です。気道の感染症の存在もこの病気の原因となる可能性があります。

  • 耳の炎症 真ん中 慢性

耳の炎症は、中耳の水分も伴います。鼓膜の後ろの水分の量は、通常、子供にとっては面倒ではありません。液体は通常、数週間または数ヶ月後に消えます。しかし、それが消えないのであれば、それは間違いなく扱われなければなりません。

子供の外耳道の形はまだ短く、体の防御システムはまだ完全ではないため、子供はしばしばこの耳の病気にかかります。アレルギー、炎症、呼吸器感染症が中耳の炎症の原因です。

さらに、点耳薬は、耳の癤、特に外耳道に現れる癤を治療するために使用されることもあります。

使い方右耳薬

些細なことのように思えますが、点耳薬(耳のかゆみを含む)の使用には、使用する際にいくつかの注意を払う必要があります。間違った方法は実際にこの薬に含まれる利点を排除します。

必要に応じて点耳薬を使用してください。細菌による耳の感染症を治療したい場合は、抗生物質として作用する点耳薬を使用してください。効果がないため、痛みだけを治療する薬ではありません。抗生物質については、使用する前に医師の処方箋があることを確認してください。

点耳薬は常温の場所に保管してください。湿気の多い高温の場所や直射日光の当たる場所に保管しないでください。また、浮きスポットがある場合は、この薬の使用を避けてください。

点耳薬を使用する際に考慮すべきいくつかの事柄は次のとおりです。

  • 点耳薬を手に数分間持って温めます。
  • 点耳薬のボトルをゆっくりと振ってください。
  • 細菌が広がる可能性があるため、ボトルの先端を直接耳に触れないでください。
  • 治療する外耳道に向かってボトルを傾けます。
  • 点耳薬を注入したいときは、耳たぶを引いたままにします。
  • 滴が用量と一致するようにボトルをそっと押します。
  • 点耳薬が入った後、しばらく耳を傾けます。

上記の事項に注意することに加えて、パッケージの使用説明書を必ずお読みください。さらに、点耳薬を使用した後に次のいずれかが発生した場合は、医師に連絡してください。

  • 聴覚が鳴っています。
  • 耳がかゆみ、熱さ、または痛みを感じます。
  • 耳の周りに発疹があります。
  • めまいを経験している。

点耳薬に関することを知っておけば、耳の健康を維持するために適切に使用することができます。