アルプラゾラム-利点、投与量および副作用

アルプラゾラムは、不安障害やパニック障害の治療に使用される薬です。この薬は、感じる心理的緊張を和らげることができるので、服用する人は落ち着くことができます。

アルプラゾラムは脳の神経で働き、ガンマアミノ酪酸(GABA)と呼ばれる体内の天然化学物質の活性を高めることで鎮静効果を生み出します。

アルプラゾラムの商標:アルプラゾラム、フリキシタス、ザナックス、ジプラズ、アタラックス、オピゾラム、ゾラスティン

アルプラゾラムとは何ですか?

グループベンゾジアゼピン鎮静剤
カテゴリー処方薬
利点不安障害やパニック障害への対処
によって消費されます成熟した
妊娠と母乳育児のカテゴリカテゴリD: 人間の胎児へのリスクの肯定的な証拠がありますが、例えば生命を脅かす状況に対処する場合、利益はリスクを上回る可能性があります。

アルプラゾラムは母乳に吸収されます。母乳育児をしている場合は、最初に医師に相談せずにこの薬を使用しないでください。

剤形タブレット

アルプラゾラムを使用する前の注意事項

  • ベンゾジアゼピン薬にアレルギーがある場合は注意してください。
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺気腫、気管支炎、腎臓障害、肝臓障害の病歴がある場合は、医師に相談してください。 睡眠時無呼吸、緑内障、肥満、うつ病。
  • 薬物を乱用したことがあり、ケトコナゾールキノコ薬を服用している場合は注意してください。
  • 現在服用している薬や、最近歯科手術を含む手術を受けた場合は、医師に知らせてください。
  • アルプラゾラムによる治療中は、重機の運転や操作を避けてください。この薬はめまいや眠気を引き起こす可能性があります。
  • 薬を服用している間は、飲酒や喫煙を避けてください。
  • 高齢者はアルプラゾラムに敏感であるため、眠気を催しやすく、平衡障害を経験する可能性があります。
  • アレルギー反応や過剰摂取が発生した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

アルプラゾラムの投与量と指示

アルプラゾラムの投与量は、患者の健康状態、年齢、および薬剤への反応に応じて調整されます。投与量は低レベルから開始され、必要に応じて患者のニーズに合うまで徐々に増加されます。

以下は、アルプラゾラムの投与量です。

目標:不安を克服する

  • 大人(18-64歳)

    0.25〜0.5mgを1日3回。用量は3〜4日ごとに増加します。必要に応じて1日あたり最大用量4mg。

  • 先輩

    0.25mgを1日2〜3回。必要に応じて用量を増やすことができます。

目標:パニック障害の克服

  • 大人(18-64歳)

    0.5〜1mgを1日1〜3回。用量は3〜4日ごとに増加します。最大用量は1日あたり4-6mgです。

  • 先輩

    0.25mgを1日1回。必要に応じて用量を増やすことができます。

アルプラゾラムの使用をすぐに中止しないでください。用量は、3日ごとに0.5mg以下の減少でゆっくりと減少する必要があります。この薬の使用開始から停止までの期間は、一般的に8〜12週間以内です。

アルプラゾラムを正しく服用する方法

必ず薬のパッケージの指示を読み、アルプラゾラムを服用するための医師の推奨事項に従ってください。

薬の効果を最大化するために、毎日同じ時間に薬を服用するようにしてください。医師の指示がない限り、アルプラゾラムの投与量を変更しないでください。

アルプラゾラムは密閉容器に入れ、室温で保管する必要があります。直射日光の当たる場所や広場に保管しないでください。薬が不要になったらすぐに捨ててください。

アルプラゾラムの服用を忘れた場合、次の摂取スケジュールとの休憩が近すぎない場合は、すぐに服用することをお勧めします。それが近い場合は、それを無視し、用量を2倍にしないでください。

アルプラゾラムは中毒症状を引き起こす可能性があります。医師の助言なしに使用を増やしたり中止したりしないでください。突然薬を止める必要があり、離脱症状を引き起こす可能性があります。

アルプラゾラムと他の薬剤との相互作用

アルプラゾラムを特定の薬と一緒に服用すると、次のようないくつかのリスクが発生する可能性があります。

  • フルボキサミン、フルオキセチン、ジルチアゼム、エリスロマイシン、プロポフォール、シメチジン、モルフィン、ロラゼパム、ゾルピデム、およびドキシラミンと併用すると、アルプラゾラムの副作用が増加します。
  • 薬のジゴキシンの副作用を増やします。
  • カルバマゼピンやフェニトインなどの抗てんかん薬と併用すると、アルプラゾラム薬の有効性が低下します。

アルプラゾラムの副作用と危険性

医師は通常、副作用を最小限に抑えることができるように、アルプラゾラムを処方する前に最初に評価します。消えない重篤な副作用が発生した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。それらの副作用は次のとおりです。

  • 集中力の低下、めまい、眠気、または頭痛を感じる。
  • イライラするなど、気分のむらがあります。
  • 忘れやすい。
  • 唾液の産生が増加します。
  • 性的興奮の変化。
  • 吐き気、便秘、食欲の変化などの消化器疾患。
  • 歩行や会話の困難などの協調運動障害。
  • 排尿困難。
  • 関節痛。

黄疸(黄疸など)など、まれではあるが深刻な副作用が発生した場合は注意が必要です。黄疸)、薬物アレルギー、発作、幻覚、または息切れの症状が現れます。すぐに医師の診察を受け、適切な治療を受けてください。