なぜ胃が熱くなるのですか?

胃が熱くなると不快感を引き起こすだけでなく、特定の病気の兆候となることもあります。したがって、この苦情を適切に処理できるように、胃が熱くなる原因を調べましょう。

胃が熱くなるのは、辛いものを食べた後のことです。内容が カプサイシン 唐辛子風味の食品に含まれるものは胃を刺激する可能性があるため、反応は胃が熱くなるという形で起こる可能性があります。

胃の熱を引き起こす可能性のあるもう1つのことは、チョコレート、カフェイン、アルコール飲料、または脂肪分の多い食品の摂取です。これは、喫煙習慣が原因である可能性もあります。

NS原因 胃が熱くなり、注意が必要です

熱い胃の感覚は、多くの場合、消費された食物によって引き起こされますが、この苦情は、次のような消化器疾患の症状である可能性があります。

胃食道逆流症 (胃食道逆流症)

胃食道逆流症は、食物が胃に入った後、食道の最下部の筋肉の輪が完全に閉じない場合に発生します。その結果、胃酸は、時には食物とともに、食道に戻って上昇し、胃に灼熱感を引き起こします。

妊娠、肥満、喫煙習慣など、多くの要因がGERDにつながる可能性があります。さらに、食品はまた、トマトから作られた食品を含む、GERD、すなわち辛くて酸性の食品を引き起こす可能性があります。

胃食道逆流症の人は通常、次の症状を経験します。

  • 胃が焦げたり刺されたりするように感じ、夜や横臥時に悪化します。
  • 呼吸は喘息の人のように聞こえます(これは逆流が気道の炎症を引き起こすためです)
  • 乾いた咳
  • すぐに満腹感
  • 頻繁なげっぷと嘔吐
  • 口が酸っぱい

胃食道逆流症を診断するには、医師は身体検査に加えて、酸性度またはpH検査、内視鏡検査、X線検査などの補助検査を行う必要があります。治療のステップとして、医師は通常、胃酸の生成を抑制する薬を処方します。

消化不良

消化不良の患者は、胃の灼熱感を経験する可能性があります。この状態には、胸焼け、鼓腸、吐き気、げっぷ、食欲不振、上腹部痛などの他の症状が伴うことがあります。

消化不良は一般に、食べ過ぎや速すぎ、脂肪分の多い食べ物の食べ方、喫煙、アルコールやカフェイン入りの飲み物の飲み過ぎなど、生活習慣の悪化に関連しています。

このライフスタイルを適用し、消化不良の症状を感じる人は、医師に相談することをお勧めします。特に、暗いまたは黒い便、息切れ、喀血、顎、首、または腕の領域に広がる痛みなどの他の症状を伴う場合。

胃炎

胃が熱くなる次の原因は胃炎です。胃炎は胃壁の炎症によって引き起こされる状態です。胃の灼熱感を特徴とすることは別として、胃炎は一般的に以下を伴います:

  • 胸焼け
  • 食欲減少
  • 吐き気
  • むくんだ
  • しゃっくり

病気などの多くの要因 NSローン または大腸炎、セリアック病またはグルテンに対する過敏症、過度のストレス、喫煙、および過度のアルコール摂取は胃炎を引き起こす可能性があります。

方法 NS取り持つ 熱い胃

上記のように、熱い胃の治療は原因に合わせて調整する必要があります。ただし、不快感を和らげ、この状態が再発するのを防ぐために、できることがいくつかあります。

1.胃が熱くなるような食べ物は避けましょう

辛くて酸っぱい食べ物、トマト、玉ねぎ、ミント、コーヒー、チョコレートから作られた食べ物の摂取は避けてください。また、胃を空のままにしないようにしてください。胃酸が上昇し、胃が熱くなっている感覚につながる可能性があります。

2.ゆっくりと少しずつ食べる

ゆっくりと食べる習慣をつけ、食事を少しずつ分けて数回食べるようにします。消化器系が消化しやすくなり、消化不良を避けるため、少量を食べることをお勧めします。

3.gを適用します私は健康に暮らしています

太りすぎや肥満の場合は、体重を減らすことをお勧めします。次に、喫煙をやめ、飲酒を制限し、定期的に運動して、消化器系の健康をよりよく維持します。

4.管理ストレス

ストレスを悪化させる可能性のあるものは避けてください。もっとリラックスするために、定期的に運動したり、ヨガをしたり、瞑想したりする習慣を身につけることができます。

5.消費o 特定

胃酸逆流症の病歴がある場合は、胸焼けなどの苦情を和らげるために市販の制酸剤を服用してみてください。

この薬が苦情を克服するのに効果的でない場合は、医師の診察を受けてください。医師は通常、胃での酸の生成を抑制するのにより効果的な他の薬を処方します。原因が細菌感染である場合、医師は抗生物質も処方します。

あなたが熱い胃を経験するならば、上記の方法は応急処置になることができます。症状が非常に厄介な場合、週に2回以上発生する場合、または制酸剤を毎日服用して緩和する必要があると感じた場合は、すぐに医師に相談してください。