いびきを克服するためのさまざまな簡単な方法を認識する

睡眠中にいびきをかく習慣があると、周りの人の邪魔をすることを恐れて不快に感じることがよくあります。ただし、いびきに対処する方法はいくつかあり、睡眠をより快適にし、睡眠の質を向上させることができます。

いびきやいびきは誰でも体験できます。この状態は、たとえば人が非常に疲れていると感じるときなど、たまに発生する場合、一般的に無害です。

ただし、頻繁ないびきの苦情には注意する必要があります。睡眠や周囲の人を混乱させるだけでなく、睡眠中に頻繁にいびきをかくことは、過小評価できない特定の病状の症状である可能性があります。

いびきのさまざまな原因

眠りにつくと、口、舌、喉の屋根の筋肉が弱まり、気道の一部が塞がれます。気道の閉塞は振動を引き起こし、いびきを引き起こします。気道が狭いほど、いびき音が大きくなります。

さらに、次のような特定の状態や病気がある場合、頻繁にいびきをかくという苦情を経験するリスクも高くなります。

  • 睡眠時無呼吸または 睡眠時無呼吸
  • アレルギーまたは扁桃腺の肥大による気道の閉塞
  • 副鼻腔の腫れと炎症(副鼻腔炎)
  • 太りすぎまたは肥満
  • 顔と鼻の変形、例えば鼻中隔弯曲
  • アルコール飲料の消費と喫煙
  • おたふく風邪
  • 妊娠

いびきを克服するためのいくつかの方法

睡眠中にいびきをかくことが多く、いびきに悩まされている場合は、次のようないびきに対処する方法がいくつかあります。

1.睡眠位置の変更

体を右または左に傾けて寝ることをお勧めします。これは、仰向けに寝ると、舌の付け根が喉の奥に寄りかかり、喉の空気の流れが妨げられ、いびきが発生する可能性があるためです。

したがって、いびきを止めるには、空気が喉の中を自由に移動できるように、横向きの睡眠位置を変更します。

2.十分な休憩時間

倦怠感や睡眠不足は、いびきをかくことが多くなります。したがって、いびきの苦情を防ぎ、治療するために十分な休息をとる必要があります。推奨される睡眠時間は、毎晩約7〜8時間です。

3.理想的な体重を維持する

理想的な体重を維持することで、喉の組織が厚くなり、気管が狭くなるのを防ぐことができます。したがって、定期的に運動し、健康的な食事をとることによって、理想的な体重を維持するようにしてください。

4.ベッドと部屋を清潔に保つ

ほこりやタバコの煙に対するアレルギーなどのアレルギーにより、鼻や喉が腫れることがあります。この状態はあなたがより頻繁にいびきをかくようにすることができます。

したがって、部屋とベッドを清潔に保つことによって、これらのアレルギーの引き金に近づかないようにしてください。必要に応じて、加湿器を使用して寝室の空気の質を維持することができます(加湿器).

ただし、アレルギーによるいびきの訴えが頻繁に現れる、または再発する場合は、医師に相談して適切な治療を行う必要があります。

5.自分をきれいにするか、温かいお風呂に入る

いびきが副鼻腔炎によって引き起こされる場合は、就寝前に温かいお風呂に入ってみてください。これは気道を開くことができ、それによっていびきを減らすことができます。

いびきを和らげるために、温かいお風呂に入るだけでなく、就寝前に数分間温かい蒸気を吸い込んでみることもできます。

6.体液の適切な摂取

水分が不足すると、鼻の粘液がよりべたつくようになる可能性があります。時々、十分な水を飲まないと、睡眠中にいびきをかくのも簡単になります。これを克服するために、毎日少なくともコップ8杯の水を飲むようにしてください。

7.喫煙をやめる

タバコの煙による刺激は、気道の狭窄や喉の炎症を引き起こす可能性があり、睡眠中にいびきを引き起こす可能性があります。アルコール飲料を飲む習慣があると、舌や喉の筋肉が弱くなり、いびきの音がします。

8.使用する 鼻孔拡張テープ

使ってみることができます 鼻孔拡張テープ 頻繁ないびきの苦情を克服するために自由に販売されています。この道具は、鼻梁に付けて使う石膏のような形をしています。

鼻孔拡張テープ 気道をより開いて、睡眠中に鼻と喉の空気の流れをよりスムーズにするのに役立ちます。

いびきをかくと、睡眠の質が低下し、移動中に眠くなることがよくあります。これらの苦情を解決できるように、上記のいびきに対処するいくつかの方法を試すことができます。

ただし、これらの方法のいくつかを試しても、いびきの苦情がまだ表示される場合、または頻繁に再発する場合は、注意が必要です。上記の方法をいくつか行っても、いびきの習慣が減ったり消えたりしない場合は、すぐに医師に相談してください。

そうすることで、医師が検査を行い、いびきの原因を特定して、状態を適切に治療できるようになります。いびきの訴えに対処するために、医師はあなたに薬を与えたり、CPAPなどの補助器具の使用を提案したり、手術を行ったりすることがあります。