皮膚の赤い斑点、これらの原因と克服する方法

上の赤​​い斑点の出現 皮膚は兆候である可能性があります NS健康問題。どの病気に症状があるかを知るために の形で 皮膚の赤い斑点とその治療法については、この記事を見てみましょう。

医学用語では、皮膚の赤い斑点は皮膚プラークと呼ばれ、皮膚の色が滑らかな表面の質感で赤に変化します。ただし、スポットの種類によっては、表面がざらざらしている場合があります。皮膚の赤い斑点は、かゆみ、刺激、痛みなどの他の不満を伴うこともあります。

皮膚の赤い斑点の原因とそれを克服する方法

以下は、患者が皮膚に赤い斑点を経験する原因となる可能性のあるいくつかの種類の病気です。

NS皮膚炎 コンタクト

接触性皮膚炎は、石鹸、シャンプー、洗剤、金属製の宝石、ほこり、ラテックス、化粧品など、アレルギーを引き起こす可能性のある刺激性の物質や物質に皮膚が接触したときに発生する反応です。症状には、水ぶくれ、かゆみ、灼熱感を伴う皮膚の赤い斑点などがあります。

症状を和らげるには、刺激性またはアレルギーの原因となる物質への暴露を避け、患部の皮膚を傷つけないでください。抗ヒスタミン薬を服用したり、医師が処方したコルチコステロイドクリームを塗ったりすることもできます。

皮膚炎 NSトピック

これは、皮膚の赤い斑点の最も一般的な原因の1つです。この病気は喘息に関連しており、一般的に親から子供に伝染します。アトピー性皮膚炎または湿疹は、首、上半身、手、肘のしわ、足首、および脚に現れます。

湿疹の症状を引き起こす要因には、乾燥肌、皮膚感染症、アレルギーなどがあります。天候、ほこり、動物の毛などの環境要因も湿疹を引き起こします。

アトピー性皮膚炎の症状には、かゆみ、赤い斑点、うろこ状の皮膚、肌荒れや厚い皮膚、液体で満たされた小さなしこりの出現などがあります。この状態を治療するために、医師は通常、コルチコステロイドクリーム、抗ヒスタミン薬、抗生物質(皮膚感染症がある場合)、および保湿剤(皮膚が乾燥している場合)を処方します。

医師に相談しやすくするために、最寄りの病院の専門医を探すことができます。 ほら。あなたがアロドクターのウェブサイトから選ぶことができる何万人もの医者がいます。

じんましん

じんましんやじんましんによる皮膚の赤い斑点は、通常、かゆみ、刺痛、刺痛を感じる隆起を伴います。しみは、体の一部に現れることもあれば、顔、唇、舌、首、耳など、体の他の部分に広がることもあります。

じんましんの引き金となる要因には、アレルギー反応、感染症、熱風または冷気、ストレス、および抗生物質や非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)などの特定の薬剤が含まれます。

ほとんどの場合、じんましんは24時間以内に自然に消えるので、治療する必要はありません。しかし、じんましんによるかゆみが非常に厄介な場合は、抗ヒスタミン薬を服用してそれを和らげることができます。重度または広範囲のじんましんでは、医師による治療が必要です。

ばら色粃糠疹

疾患 ばら色粃糠疹 胸、背中、腹部、首、上腕、または太ももにある、楕円形、うろこ状、非常にかゆみのある皮膚の赤みがかった斑点が特徴です。楕円形の斑点の周りに赤みがかった発疹が現れます。

斑点が大きくなる前に、患者は発熱、食欲不振、喉の痛み、関節痛、頭痛などの初期症状を経験することがあります。

今まで、原因 ばら色粃糠疹 確実にはわかっていませんが、ウイルス感染に関連している疑いがあります。多くの研究は、免疫系障害もこの病気の発症に寄与することを示唆しています。

ばら色粃糠疹 通常、6〜8週間程度で自然に治癒します。ただし、保湿クリーム、炎症を軽減するコルチコステロイド軟膏、かゆみを和らげる抗ヒスタミン薬など、症状を軽減するために使用できる薬があります。

白癬

皮膚の赤い斑点も白癬の症状である可能性があります。この場合、赤いパッチは拡大してリングのように円を描くことがあり、通常はかゆみ、うろこ状、時には水ぶくれのある皮膚を伴います。白癬のパッチは、端が赤く見えます。

白癬は、次のような多くの真菌によって引き起こされます。 トリコフィトン, ミクロスポルム、 と 表皮植物。この病気は、患者との直接の接触または真菌で汚染された物体との接触によって伝染する可能性があります。

白癬は、次のような抗真菌性軟膏で治療できます。 クロトリマゾール また ミコナゾール。 2週間の治療後、白癬が改善しない場合は、すぐに医師に相談してください。

皮膚の赤い斑点のいくつかの不満は、同様の特徴と症状を持っているかもしれませんが、病気の原因と診断は異なる可能性があります。皮膚に赤い斑点ができた場合は、最初に医師に相談せずに不用意に推測して薬を使用しないでください。