体の健康のための小豆の5つの利点

小豆の健康には多くの利点があります。体重を減らすことに加えて、腎臓に似た豆は糖尿病患者にも適しています。それだけでなく、小豆を摂取することで得られるメリットは他にもたくさんあります。

小豆はその小さなサイズの背後に、豊富で体の健康に良いさまざまな栄養素が含まれています。このタイプの豆はタンパク質が豊富であることが知られており、菜食主義者の低脂肪タンパク質源としてよく使用されます。

小豆には、タンパク質に加えて、炭水化物、脂肪、繊維、ビタミンB群、葉酸、カリウム、マグネシウム、リン、鉄などのミネラルなど、同様に重要なさまざまな栄養素も含まれています。

多様 小豆の利点

その多様な栄養成分のおかげで、体の健康のための小豆のさまざまな利点があります:

1.維持する 心臓の健康

インゲンマメには、心臓の健康を維持するために非常に重要なカリウムが含まれています。ある研究によると、小豆の利点は血管機能を改善し、それによって冠状動脈性心臓病や脳卒中などの心血管疾患のリスクを減らすことができます。

2.がん細胞の増殖を防ぎます

小豆は心臓の健康を維持するだけでなく、癌細胞の増殖を防ぐこともでき、その1つが結腸癌です。この利点は、結腸の健康に良い繊維含有量に由来します。

食物繊維に加えて、ガンを予防する小豆の利点は、抗酸化物質の含有量にもあります。

3.血糖値を管理する

研究によると、小豆はグリセミック指数が低いため、2型糖尿病の人々が血糖値と体内のインスリンの有効性を制御するのに役立ちます。

ただし、小豆は塩分が多いので、自分で茹でて缶詰は食べないようにしましょう。

4.妊婦の栄養ニーズを満たす

小豆の利点は、タンパク質、葉酸、鉄など、母親と胎児の健康に重要な栄養素が含まれているため、妊娠中の女性にも適しています。

妊娠中の女性は、胎児の成長をサポートするために、より多くの鉄と葉酸の摂取が必要です。妊娠中の鉄欠乏症は、貧血、早産、低出生体重、および産後うつ病を引き起こす可能性があります。

5.体重を減らす

炭水化物が少なく食物繊維が多い食品を食べることは、体重を減らす1つの方法です。研究によると、インゲン豆は食物繊維が豊富で、満腹感が長くなるため、減量プログラムに役立つことがわかっています。

ただし、もちろん、減量プログラムが満足のいく結果をもたらすように、健康的な食事を取り、運動に熱心に取り組む必要もあります。

インゲン豆は健康には良いのですが、腸内で過剰なガスの形成を引き起こし、膨満感や不快感を引き起こす可能性があります。したがって、小豆を処理するときはもっと注意する必要があります。

さて、ここにあなたがすることができる小豆を処理するいくつかの方法があります:

  • インゲン豆を少なくとも4時間浸してから調理し、浸した水を数回交換します。
  • 小豆を柔らかくなるまで45分茹でます。
  • 小豆を沸騰させるために浸した水を使用することは避けてください。

小豆の健康へのメリットは非常に多様です。ただし、最大限のメリットが得られるように、適切に処理するようにしてください。

小豆の効能や小豆の適量摂取量など、症状に応じて医師に相談したり、機能を利用したりすることができます。 チャット ALODOKTERアプリケーションを介して医師と。