皮膚の解剖学的層とそれらを支える栄養素の認識

見た目ほど単純ではありませんが、人間の皮膚の解剖学的構造は、それぞれの機能を備えたいくつかの層で構成されています。最適に機能するために、皮膚は栄養を必要とします。なんでも?次のレビューで見てみましょう!

皮膚は人体で最も大きな器官の1つであり、体のほぼ全面を覆っています。皮膚にはさまざまな機能があり、その1つが筋肉、骨、内臓を保護することです。さらに、皮膚はまた、細菌、ウイルス、化学物質への曝露から体を保護し、水分と電解質のバランスを維持し、ビタミンDの合成を助け、安定した体温を維持するように機能します。

スキンレイヤー

まれにしか実現されませんが、皮膚は人の人生の中で絶えず変化する動的な器官です。内側にある層は、気付かずに落ちた外側の層に取って代わります。性別、年齢、その他の病状などにより、肌の厚みが異なります。一般的に、男性の肌は女性の肌よりも厚く、子供の肌は大人の肌よりも薄いです。

以下は、最外層から始まる3層の皮膚からなる人間の皮膚の解剖学的構造です。

  • 表皮

    人間の皮膚の最初の解剖学的構造は表皮です。表皮層には血管がありません。栄養素の供給と処分は、より深い層、すなわち真皮から得られます。表皮自体は、層と呼ばれる細胞のいくつかの層で構成されています。

    • 角質層

      この層は、ケラチンから形成された硬い角細胞で構成されています。皮膚の最外層は水分を吸収し、皮膚のより深い層を保護する働きをします。

    • 透明層.

      手足の手のひらの厚い皮膚にのみ見られる薄い層です。この層は、表皮の層間の摩擦を減らすのに役立ちます。

    • 顆粒層

      表皮の第3層であり、皮膚の保護細胞を形成する働きをします。

    • 有棘層

      皮膚細胞、髪、爪の構成要素であるケラチンの生成に役割を果たす表皮の一部です。

    • 基底層

      皮膚細胞を活発に形成する表皮の最も深い層です。この層にはメラノサイトが含まれています。メラノサイトは、皮膚を放射線から保護する皮膚の色を形成する細胞(色素)です。

皮膚の解剖学的構造では、表皮には、皮膚の免疫系の一部として機能するランゲルハンス細胞と、皮膚を触覚に敏感にするように機能するメルケル細胞もあります。

  • 真皮

    人間の皮膚の解剖学的構造の2番目の層は真皮です。真皮は表皮を支える働きをし、より複雑な構造を持っています。真皮の構造は、弾性繊維、細網繊維、コラーゲン繊維で構成されています。さらに、真皮には、神経終末、リンパ系、皮脂腺、毛包、結合組織、皮膚免疫細胞とともに血管も含まれています。真皮は、肌の弾力性を維持し、最高の肌の状態を維持する上で重要な役割を果たします。

  • 皮下注射

    人間の皮膚の解剖学的構造の第3層は皮下組織です。皮下組織は真皮層の下にあり、皮膚を筋肉や骨に付着させ、血管に供給し、皮膚を神経支配するように機能します。皮下組織自体はもはや皮膚層の一部ではありません。この層には、体の熱を和らげて断熱する脂肪組織があります。

栄養のサポート

皮膚の解剖学的構造を認識することに加えて、どの栄養素が皮膚の各層の健康を維持できるかを知ることも重要です。皮膚は最適に機能するために栄養素を必要とし、栄養素摂取量の変化は皮膚の状態に影響を与える可能性があります。

スキンケアで重要な役割を果たす栄養素には、次のようないくつかの種類があります。

  • ビタミン

    ビタミンAは、皮膚の最外層にケラチンを形成するプロセスを助け、UV曝露によって引き起こされる皮膚の損傷を克服し、しわを減らします。

    抗酸化剤としてのビタミンCは、コラーゲン合成のプロセスを助け、紫外線への暴露から肌を保護します。

    ビタミンEは、肌がフリーラジカルによるダメージと戦うのを助け、日光への露出から肌を保護します。

    ビタミンDは免疫システムと皮膚の修復プロセスを助けます。

  • 酸化防止剤

    フリーラジカルによって引き起こされる皮膚へのダメージを制御するために、あなたの毎日のメニューに抗酸化物質を含むいくつかの食品を含めることができます。多くの種類の果物や野菜は抗酸化物質が豊富です。例としては、イチゴ、ブルーベリー、ほうれん草、あらゆる種類のコショウがあります。

  • オメガ3脂肪酸

    オメガ3脂肪酸は、皮膚の外層を強く保つためにも重要です。このコンテンツは、サーモン、イワシ、クルミから入手できます。

皮膚の解剖学的構造の各層の健康を維持することは、十分な補助栄養素で行うことができます。できるだけ直射日光を避け、暑い太陽の下で活動するときは日焼け止めを使用してください。皮膚に不満がある場合は、皮膚科医に相談してください。