恐れる必要はありません、帝王切開は想像されたほどではありません

帝王切開は、計画が可能で、通常の分娩ほど苦痛ではないため、妊婦が選択することがよくあります。しかし、この操作を恐れる人はまだたくさんいます。実際、適応症があり、医師の推奨に従って実施された場合、帝王切開は通常の分娩よりも安全である可能性があります。

すべての妊婦は、体と胎児の健康状態を監視できるように、定期的に医師または助産師の産科検査を受ける必要があります。この検査を通じて、医師は正しい分娩手順、すなわち通常の分娩または帝王切開を提案することができます。

帝王切開の理由

一部の妊婦は、経膣分娩の選択肢があるにもかかわらず、帝王切開を選択することができます。この場合、帝王切開の選択は選択的であるか、必須ではありません。

しかし一方で、帝王切開で妊婦が出産しなければならない条件もあります。以下は、問題の状態または病気のいくつかです。

  • 赤ちゃんのサイズが大きすぎて、母親の骨盤のサイズが小さい
  • 二分脊椎、胎児機能不全、または赤ちゃんなどの胎児の異常は、臍帯に包まれています
  • 双子または結合双生児
  • 胎児の位置は骨盤位または横方向です
  • 子癇前症、妊娠糖尿病、妊娠中の高血圧などの妊娠合併症
  • 前置胎盤などの胎盤障害
  • 性器ヘルペス、B型肝炎、HIVなどの妊婦の感染症
  • 長時間労働
  • 前期破水
  • 母親は、心臓病、重度のマイナスの目、網膜障害などの特定の病気に苦しんでいます

さらに、以前に帝王切開で出産したことがある妊婦は、再度帝王切開で出産するようにアドバイスされる場合があります。

帝王切開手術手順

帝王切開で出産するということは、膣からではなく、母親の腹部から切開して赤ちゃんを取り除くことを意味します。手術の前に、医師はあなたに麻酔薬または硬膜外麻酔薬を与えて、切断される腹部の領域が麻痺するようにします。ただし、場合によっては、医師が全身麻酔をかけることもあります。

麻酔が効いた後、医師は腹部と子宮の筋肉を切開し、ゆっくりと赤ちゃんを取り除くことで帝王切開を開始します。この手順は通常、長くはかからず、赤ちゃんが最終的に出産するまで何時間もかかりません。

帝王切開による出産のリスク

帝王切開は非常に一般的で安全であると考えられている手術ですが、この手術は依然としてリスクを伴う主要なタイプの手術です。これが、医師がすべての場合にこの手順を推奨するわけではない理由です。

以下は、あなたが知る必要がある帝王切開で出産するリスクのいくつかです:

  • 特に切開部位での術後の痛み
  • 感染症、例えば、外科的切開、尿路、または子宮壁
  • 脚や肺の血栓
  • 大量の出血があるので、輸血を受ける必要があります
  • 吐き気、嘔吐、頭痛などの麻酔の副作用
  • 腹部および子宮の瘢痕または瘢痕組織の出現
  • 母乳の生産が阻害または減少する

さらに、一部の研究では、帝王切開で出産した母親は、その後の妊娠で前置胎盤や癒着胎盤などの胎盤に問題が発生するリスクが高いと述べています。

さらに、帝王切開は新生児の免疫系に影響を与えることも知られています。これは、赤ちゃんの免疫系の初期反応を刺激する可能性のある膣内の細菌への曝露が不足しているために発生する可能性があります。

ただし、母乳で栄養を補給することで克服できるため、心配する必要はありません。母乳には、プレバイオティクスやプロバイオティクスを含む完全な栄養素が含まれています。

シンバイオティクスとも呼ばれるこれらの2つの栄養素は、消化管内の微生物叢のバランスを回復し、赤ちゃんの免疫システムをサポートできるようにすることが知られています。

帝王切開を受けた後のヒント

帝王切開を受けた後に妊娠中の女性が経験する痛みは、通常、数週間しか持続せず、回復とともに徐々に改善します。

帝王切開後の回復プロセスをサポートするには、次のようないくつかのことを行う必要があります。

1.激しい身体活動を避ける

回復中は、充電するために十分な休息と睡眠が必要になります。重い物をたくさん持ち上げたり、サイクリング、ランニング、エアロビクスなどの激しい運動をしたりしないことをお勧めします。 腹筋、およびその他の激しい運動を少なくとも6週間行います。

医師から回復して健康であると宣言された場合は、通常どおり活動に戻ることができます。

2.部屋の中をゆっくり歩き回ってみてください

帝王切開後は、歩くと痛みを感じます。ただし、少しずつ歩いてみてください。歩くことで、血流を改善し、便秘や血栓を防ぐことができます。

3.しばらくセックスをしないでください

まだ術後の回復段階を経ている間、あなたは数週間セックスをするべきではありません。ただし、外科的創傷が治癒し、医師によって健康状態が宣言された後は、セックスに戻ることができます。

4.帝王切開の傷や縫い目に十分注意してください

毎日ぬるま湯と石鹸で傷口をきれいにし、清潔なタオルで軽くたたいて乾かします。傷口に刺激や痛みを与えないために、刺激の少ない化学薬品で作られた、または無香料の石鹸を選択してください。

傷口が濡れている場合や衣服にこすれる場合は、傷口をガーゼで包みます。ガーゼは毎日定期的に交換してください。傷口は常に清潔で乾燥した状態に保ってください。

帝王切開後に回復する間、あなたはまたあなたの体が十分なエネルギーと栄養を得るように十分な水を飲みそして栄養価の高い食べ物を食べる必要があります。牛乳生産を支援することも重要です。

あなたとあなたの胎児が妊娠中に良好な状態にある場合、通常の分娩または帝王切開の方法はあなた自身の考慮事項である可能性があります。ただし、特定の状態や病気がある場合は、帝王切開があなたと赤ちゃんに最適な唯一の選択肢である可能性があります。

それでも正しい分娩方法を選択するかどうかわからない場合、または自分の状態で帝王切開分娩が可能かどうかを確認したい場合は、産科医に相談してください。

医師は、妊娠や胎児の状態に適した分娩方法を決定します。これにより、分娩プロセスが安全に保たれ、将来的に健康上の問題が発生することはありません。