ショ糖とその子どもの発達への影響を知る

甘いものや飲み物は多くの人、特に子供たちに愛されています。しかし、子供たちに甘い食べ物や飲み物を与えることは実際には制限されるべきであり、特にショ糖が多いものはそうです。その理由は、このタイプの砂糖は赤ちゃんの健康に悪影響を与える可能性があるためです。

子供たちが甘い食べ物や飲み物を好むのは普通のことです。アイスクリーム、ソフトドリンク、フルーツやチョコレート風味の甘い飲み物、缶詰食品は舌にやさしいです。

まれではありませんが、子供たちは母親が作った食べ物と比較して、これらの食べ物や飲み物をより貪欲に消費する傾向があります。同じことを経験したことがありますか?

もしそうなら、あなたは甘い食べ物や飲み物の提供を制限する必要があります、はい。このタイプの食品は、一般的にあなたの子供が実際に必要とするよりも多くの砂糖やショ糖を消費する原因になります。これは、後年の健康に悪影響を与える可能性があります。

これがショ糖、果糖、ブドウ糖の違いです

甘い食べ物や飲み物を食べすぎると子供が潜む健康への影響を知る前に、ほぼ毎日消費される砂糖には、ブドウ糖、果糖、ショ糖の3種類があることを知っておく必要があります。説明は次のとおりです。

グルコース

ブドウ糖は砂糖の最も単純な形です。ブドウ糖は、分子を再び分解する必要がなく、血流に直接吸収されるため、消化が非常に簡単です。ブドウ糖は、ホルモンのインスリンの助けを借りて、細胞内で直接エネルギーに変換することができます。

フルクトースやスクロースと比較して、ブドウ糖は甘みが少ないです。一般的に、ブドウ糖はパン、米、トウモロコシなどの高炭水化物食品に含まれています。

フルクトース

フルクトースは、果物、蜂蜜、および一部の塊茎によく見られる砂糖の一種です。他の種類の砂糖と比較すると、果糖は最も甘い味がします。

ただし、フルクトースは血糖値を直接上昇させることはありません。それをエネルギー源にするプロセスは、肝臓で最初にブドウ糖に変換されなければならないため、比較的複雑です。

スクロース

ショ糖は私たちが毎日消費する砂糖の別名です。ショ糖は、果糖とブドウ糖の2つの分子の組み合わせです。ショ糖はブドウ糖と果糖でできているので、蔗糖の味はブドウ糖より甘く、果糖より甘くないという中間のどこかにあります。

ショ糖が消化されて血流に吸収されると、プロセスが簡単になるため、体は最初にブドウ糖の使用を優先します。一方、フルクトースは最初に脂肪の形で貯蔵されます。

上記の糖に加えて、ブドウ糖とガラクトースの組み合わせである糖乳糖のタイプもあります。これらの糖は、母乳や動物乳製品に自然に含まれていますが、加工食品や飲料にも含まれています。

乳糖は子供たちのエネルギー源になる可能性があり、子供たちの代謝に良い影響を与えることが知られています。さらに、子供が摂取する食べ物や飲み物に含まれる乳糖は、腸内の善玉菌の数を増やし、ビタミンB12やカルシウムなどの他の栄養素の吸収を最適化する可能性があります。

過剰なショ糖消費が子供に与える影響

上記の3種類の砂糖のうち、ショ糖は包装された食品や飲料によく添加される甘味料です。子供が過剰に摂取すると、悪影響は次のようになります。

虫歯を引き起こす

甘い食べ物は子供の歯の健康に非常に不親切です。砂糖を多く含む食べ物や飲み物を頻繁に摂取すると、虫歯を引き起こす可能性があります。その理由は、歯の隙間にたまった残りの糖分が口腔内のバクテリアと混ざり合うからです。

あなたがそれを定期的に掃除しないならば、これはあなたの子供が歯痛または虫歯を経験する原因となる可能性があります。虫歯がすぐに治療されない場合、あなたの子供が彼の歯を抜く必要がある虫歯を経験することは不可能ではありません。

肥満のリスクを高めます

前に説明したように、ショ糖中の果糖は最初に脂肪として体に積み重なる傾向があります。この脂肪は子供たちのエネルギーの蓄えになるはずです。

しかし、残念ながら、子供の食べ物や飲み物に含まれる砂糖は、子供の実際のエネルギー需要の何倍にもなる可能性があります。その結果、この砂糖のほとんどは脂肪の山になり、子供を肥満にするだけです。

この状態は軽視すべきではありません、パン。すぐに治療しないと、肥満は子供の日常生活に支障をきたし、糖尿病や心臓病など、後年のさまざまな慢性疾患に苦しむ危険性があります。

体が必要とする他の栄養素の摂取量を減らします

ショ糖や砂糖を多く含む食品は通常味が良いので、あなたの子供はそれらを食べるのをやめられません。母が作った食べ物にまったく触れていなくても、これは確かに彼を満腹にするでしょう。

これが継続的に起こると、あなたが与えた健康的な食べ物を食べたくないので、リトルワンの体に必要な他の栄養素の摂取量が減少します。実際、バランスの取れた栄養を備えた健康食品は、成長と発達をサポートするために非常に重要です。

実際、2〜18歳の子供は、1日あたり25グラム(小さじ6杯)を超えるグラニュー糖を摂取しないようにアドバイスされています。一方、2歳未満の子供は砂糖をまったく加えないことをお勧めします。

上記の情報を見ると、特にショ糖を多く含む傾向のあるパッケージ食品や飲み物からの砂糖の摂取量を制限することが重要です。

お子様の体に入る砂糖の量を簡単に制御し、甘い食べ物や飲み物を食べたいという欲求を減らすことができるように、自宅で健康的な甘いおやつにすることをお勧めします。

ただし、それでもお子様の砂糖摂取量の管理に問題がある場合は、医師に相談して適切な解決策を得る必要があります。