精神遅滞児のさまざまな考えられる原因とその特徴

精神障害者 人の名前です 一般的に子供と比較して平均以下の知的および認知能力. この状態 たぶん......だろうで発生します 赤ちゃん 生まれ、赤ちゃんは 子宮内または出産中。

精神遅滞のある人は、一般的に健康な子供よりも遅い思考と学習のプロセスから特定できます。それだけでなく、彼らは通常の日常活動を実行するためのスキルの練習にもあまり熟練していません。精神遅滞のある人は、知的障害のある人の別の用語です。

マグロを引き起こす可能性のあるさまざまなものNSライタ

基本的に、精神遅滞児は2つの主な点で制限があることが知られています。1つは知的機能(IQ)の制限、つまり学習、決定、理由の発見、問題解決の能力です。 2つ目は、効果的なコミュニケーション、自分の世話、相互作用の難しさなど、適応性の限界です。

上記の状態は、一般的に次の原因で発生する可能性があります。

  • 赤ちゃんが生まれた後に発生する脳感染症。
  • 早産の赤ちゃん。
  • 事故や転倒による脳の損傷。
  • 親から受け継がれる遺伝子には異常があります。
  • 赤ちゃんは分娩中に十分な酸素を摂取できません。
  • 妊娠中に母親が感染した。
  • 母親は妊娠中にアルコール、違法薬物、または特定の薬物を消費します。

しかし、実際には精神遅滞のほとんどの症例の原因はまだ確実にわかっていないため、この状態は実際にはさらに調査する必要があります。

NSサインを認識する-サイン幼い頃から精神遅滞

精神遅滞児の兆候は、子宮内にいるときから学校に入るまで認識できます。最も一般的な兆候のいくつかは次のとおりです。

  • 子供は話す、座る、這う、または寝返りをするのに遅れます。
  • 覚えるのは難しいです。
  • 一人で食べる、着替える、トイレを使うなどの基本的なスキルを習得するのが遅い。
  • 頻繁な制御不能な気性タントラムなどの行動障害。
  • アクションをアクションの結果とリンクできません。
  • 論理的に考えることや軽い問題を解決することの難しさ。

精神障害のある子供たちの中には、視覚障害、聴覚障害、自閉症、運動能力障害などの健康上の問題を発作に経験する人もいます。

精神遅滞のほとんどの症例を防ぐことはできませんが、妊娠中の女性は、飲酒や産後ケアなどの危険な活動を常に回避できます。遺伝性疾患が原因の場合は、遺伝性疾患を検出するための検査を適用できます。

精神薄弱児にはさまざまなレベルがありますが、精神薄弱児も一般的な通常の子供と同じように自立して生活できるようになることを学ぶ必要があります。公共交通機関を利用して移動するなど、日常のスキルを学ぶことができます。彼らが成長したとき、彼らは彼らの能力に応じて通常の活動を行うことができるように。

精神薄弱児を抱える親は、彼らに同行する正しい方法を含め、精神薄弱の状態について可能な限り知ることが期待されています。また、医師または児童心理学者に相談して、精神遅滞児の治療方法およびサポートの提供方法に関する情報を入手することもできます。