免疫化-利点、投与量および副作用

免疫化は、人を病気に対して免疫または免疫にするプロセスです。このプロセスは、免疫系を刺激して病気に免疫を与えるワクチンを投与することによって行われます。

新生児はすでに受動免疫と呼ばれる天然の抗体を持っています。抗体は、赤ちゃんがまだ子宮の中にいるときに母親から入手しました。ただし、この免疫は数週間または数ヶ月しか持続できません。その後、赤ちゃんはさまざまな種類の病気にかかりやすくなります。

免疫化は、特定のレベルの抗体を形成することにより、病気に対する人の免疫を構築することを目的としています。これらの抗体が形成されるためには、人は所定のスケジュールに従ってワクチンを与えられなければなりません。予防接種のスケジュールは、予防する病気の種類によって異なります。ワクチンの中には、1回接種するだけで十分なものもありますが、数回接種し、特定の年齢で繰り返す必要があるものもあります。ワクチンは注射または経口で投与できます。

インドネシアでの完全な定期免疫

現在、インドネシアの免疫化の概念は、完全な基本免疫化から完全なルーチン免疫化に変更されています。完全なルーチン免疫または必須免疫は、基本免疫とフォローアップ免疫で構成され、詳細は次のとおりです。

基本的な免疫

  • 0ヶ月:B型肝炎の1回投与
  • 生後1か月:BCGとポリオの1回投与
  • 生後2か月:DPT、B型肝炎、HiB、ポリオの1回接種
  • 生後3か月:DPT、B型肝炎、HiB、ポリオの1回接種
  • 生後4か月:DPT、B型肝炎、HiB、ポリオの1回接種
  • 生後9ヶ月:はしか/ MRの1回投与

高度な免疫

  • 18〜24か月齢:DPT、B型肝炎、HiB、はしか/ MRの1回接種
  • グレード1SD /同等物:はしかとDTの1回投与
  • グレード2および5SD /同等物:1用量のTd

免疫化の範囲に関して、保健省のデータによると、2017年にインドネシアの乳児の約91%が完全な基本免疫を受けていました。この数字は、2017年の戦略計画の目標である92%をまだわずかに下回っています。インドネシアの34州のうち19州は、まだ戦略計画の目標を達成していません。パプアと北カリマンタンは70%未満の達成で最も低い場所を占めています。

これらのデータに基づいて、インドネシアのほぼ9%または40万人以上の乳児が完全な基礎免疫を受けていないことも知られています。

一方、高度な免疫化の適用範囲については、2017年にDPT-HB-HiB免疫化を受けた12〜24か月の子供の割合は約63%に達しました。この数字は、2017年の戦略計画の目標を45%上回っています。一方、2017年にはしか/ MR免疫を受けた子供の割合は62%でした。この数値は、2017年の戦略計画の目標である92%からはまだかけ離れています。

上記のいくつかのタイプのワクチンに加えて、COVID-19ワクチンが現在開発および研究されています。免疫は子供を100%保護するものではないことに注意してください。

免疫化された子供はまだ病気にかかる可能性がありますが、その可能性ははるかに低く、約5〜15パーセントにすぎません。これは、免疫化が失敗したことを意味するのではなく、免疫化保護が約80〜95パーセントであるためです。

免疫化の副作用

ワクチン接種には、軽度から高熱、注射部位の痛みと腫れ、少しの騒ぎなどの副作用または免疫化後のフォローアップイベント(AEFI)が伴う場合があります。ただし、反応は3〜4日で消えます。

お子さんが上記のようなAEFIを患っている場合は、4時間ごとに温湿布と解熱剤を与えることができます。覆われることなく、薄い子供の服を着るだけです。さらに、果物や牛乳からの追加の栄養素とともに、母乳をより頻繁に与えます。症状が改善しない場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

上記の反応に加えて、一部のワクチンは発作に対して重度のアレルギー反応を引き起こす可能性もあります。ただし、これらの副作用は比較的まれです。子供の免疫化の利点は、起こりうる副作用よりも重要であることを覚えておくことが重要です。

お子さんがワクチンを接種した後にアレルギー反応を起こしたことがあるかどうかを医師に伝えることが重要です。これは、ワクチンの反復投与によって引き起こされる可能性のある危険な反応の発生を防ぐためです。

タイプインドネシアでの免疫NS

以下は、免疫化プログラムでインドネシア小児科医協会(IDAI)が推奨するワクチンです。

  • B型肝炎
  • ポリオ
  • BCG
  • DPT
  • ヒブ
  • 麻疹
  • MMR
  • PCV
  • ロタウイルス
  • インフルエンザ
  • チフス
  • A型肝炎
  • 水痘
  • HPV
  • 日本脳炎
  • デング熱

B型肝炎

このワクチンは、B型肝炎ウイルスによる重篤な肝感染症を予防するために投与されます。B型肝炎ワクチンは、赤ちゃんが生まれてから12時間以内に投与され、その前に少なくとも30分前にビタミンKが注射されます。その後、ワクチンは2、3、4ヶ月の年齢で再び与えられます。

B型肝炎ワクチンは、発熱や脱力感などの副作用を引き起こす可能性があります。まれに、かゆみ、皮膚の発赤、顔の腫れなどの副作用があります。

ポリオ

ポリオはウイルスによって引き起こされる感染症です。重症の場合、ポリオは息切れ、麻痺、さらには死を引き起こす可能性があります。

ポリオの免疫は、1か月の年齢まで新しい子供が生まれたときに最初に与えられます。その後、ワクチンは毎月、つまり子供が2、3、4か月のときに再び与えられます。強化のために、子供が18ヶ月の年齢に達したときにワクチンを再度与えることができます。ポリオワクチンは、特定の状態の成人にも投与できます。

ポリオワクチンは、摂氏39度以上の発熱を引き起こす可能性があります。発生する可能性のある他の副作用には、かゆみ、皮膚の発赤、呼吸困難または嚥下困難、顔の腫れなどのアレルギー反応が含まれます。

BCG

BCGワクチンは、一般的に肺を攻撃する深刻な感染症である結核(TB)の発症を予防するために接種されます。 BCGワクチンは結核感染から人々を守ることができないことに注意してください。しかし、BCGは、結核感染が結核性髄膜炎などの深刻な結核病状に進行するのを防ぐことができます。

BCGワクチンは、2か月齢まで、新生児が生まれたときに1回だけ接種されます。 3ヶ月以上経過するまでワクチンが接種されていない場合、医師はまずツベルクリン検査またはマントゥー検査を行い、赤ちゃんが結核に感染しているかどうかを確認します。

BCGワクチンは注射部位に潰瘍を引き起こし、BCG注射の2〜6週間後に現れます。膿の沸騰が破裂し、瘢痕組織が残ります。アナフィラキシーなどの他の副作用は非常にまれですが。

DPNS

三種混合ワクチンは、ジフテリア、百日咳、破傷風を予防するための混合ワクチンの一種です。ジフテリアは、息切れ、肺炎、心臓の問題、さらには死を引き起こす可能性のある深刻な状態です。

ジフテリア、百日咳、百日咳と大差ありませんが、呼吸器系の問題、肺炎、気管支炎、脳損傷、さらには死を引き起こす可能性のある重度の咳です。破傷風は、発作、筋肉のこわばり、さらには死を引き起こす可能性のある危険な病気です。

三種混合ワクチンは、子供が2、3、4か月のときに4回接種する必要があります。ワクチンは、強化として18ヶ月と5歳で再び与えることができます。その後、フォローアップワクチンは10〜12歳と18歳で与えることができます。

DPT免疫後に現れる副作用は、炎症、痛み、体のこわばり、感染など、非常に多様です。

ヒブ

細菌感染を防ぐためにHibワクチンが投与されます NSaemophilusインフルエンザ タイプB。これらの細菌感染症は、髄膜炎(脳の内層の炎症)、肺炎(湿った肺)などの危険な状態を引き起こす可能性があります。 敗血症性関節炎 (関節炎)、および心膜炎(心臓の保護内層の炎症)。

Hib免疫は、子供が2か月、3か月、4か月、15〜18か月の範囲で4回行われます。

他のワクチンと同様に、Hibワクチンも、摂氏39度を超える発熱、下痢、食欲不振などの副作用を引き起こす可能性があります。

麻疹

はしかは、発熱、鼻水、乾いた咳、発疹、目の炎症など、いくつかの症状を特徴とする小児のウイルス感染症です。はしかの免疫は、子供が生後9か月のときに行われます。強化として、ワクチンは18ヶ月の年齢で再び与えることができます。ただし、子供がMMRワクチンを接種している場合は、2回目のはしかワクチンを接種する必要はありません。

MMR

MMRワクチンは、はしか、おたふく風邪、風疹(ドイツのはしか)を予防するための混合ワクチンです。これらの3つの状態は、髄膜炎、脳浮腫、難聴(難聴)などの危険な合併症を引き起こす可能性のある重篤な感染症です。

MMRワクチンは、子供が15か月のときに投与され、その後5歳のときに強化剤として再度投与されます。 MMR免疫は、はしかの免疫を用いて最低6か月の距離で実施されます。ただし、12か月の年齢で子供がまだはしかワクチンを接種していない場合は、MMRワクチンを接種することができます。

MMRワクチンは、摂氏39度を超える熱を引き起こす可能性があります。現れる可能性のある他の副作用は、かゆみ、呼吸困難または嚥下困難、顔の腫れなどのアレルギー反応です。

免疫化を取り巻く多くの否定的な問題があります、その1つは自閉症を引き起こすことができるMMRワクチンの問題です。この問題はまったく当てはまりません。これまで、MMRまたは他のタイプの免疫化と自閉症との間に強い関連性はありません。

NS履歴書

PCV(肺炎球菌)ワクチンは、細菌によって引き起こされる肺炎、髄膜炎、敗血症を予防するために投与されます 肺炎連鎖球菌。予防接種は、子供が2、4、6か月のときに、順番に行う必要があります。さらに、子供が生後12〜15か月になると、予防接種が再度行われます。

PCV免疫化から生じる可能性のある副作用には、微熱を伴う注射部位の腫れや発赤などがあります。

ロタウイルス

この免疫化は、ロタウイルス感染による下痢を防ぐために行われます。ロタウイルスワクチンは、赤ちゃんが生後2、4、6か月のときに3回接種されます。他のワクチンと同じように、ロタウイルスワクチンも副作用を引き起こします。一般的に、現れる副作用は軽度の下痢など軽度であり、子供はうるさくなります。

インフルエンザ

インフルエンザを予防するためにインフルエンザワクチンが接種されます。この予防接種は、18歳まで、1年に1回の繰り返し頻度で6か月の子供に与えることができます。

インフルエンザ免疫の副作用には、発熱、咳、喉の痛み、筋肉痛、頭痛などがあります。まれに、息切れ、耳の痛み、胸の張り、喘鳴などの副作用があります。

チフス

このワクチンは、細菌によって引き起こされるチフスを予防するために与えられます NS腸チフス。 腸チフスワクチンは、子供が2歳のときに、18歳まで、3年ごとに繰り返し接種することができます。

まれではありますが、腸チフスワクチンは、下痢、発熱、吐き気と嘔吐、胃のけいれんなど、多くの副作用を引き起こす可能性があります。

A型肝炎

名前が示すように、この免疫化は、ウイルス感染によって引き起こされる炎症性肝疾患であるA型肝炎を予防することを目的としています。 A型肝炎ワクチンは2〜18歳の範囲で2回接種する必要があります。 1回目と2回目の注射は6か月または1年間隔で行う必要があります。

A型肝炎ワクチンは、発熱や脱力感などの副作用を引き起こす可能性があります。その他のまれな副作用には、かゆみ、咳、頭痛、鼻づまりなどがあります。

水痘

このワクチンは、Vウイルスによって引き起こされる水痘を予防するために投与されます。帯状疱疹。 水痘免疫は1〜18歳の子供に行われます。 13歳以上の子供にワクチンを接種する場合、ワクチンは少なくとも4週間の間隔で2回接種します。

水痘ワクチンを接種した子供たちの5人に1人は、注射部位に痛みと発赤を経験します。水痘ワクチンも皮膚の発疹を引き起こす可能性がありますが、この副作用は10人に1人の子供にのみ発生します。

HPV

HPVワクチンは、一般的にウイルスによって引き起こされる子宮頸がんを予防するために思春期の少女に与えられます NSパピローマウイルス。 HPVワクチンは、10〜18歳から2〜3回接種されます。

一般的に、HPVワクチンは、注射部位の痛みや発赤だけでなく、頭痛の形で副作用を引き起こします。ただし、これらの副作用は数日以内に消えます。まれに、HPVワクチンの接種者は、注射部位で発熱、吐き気、かゆみやあざを経験することがあります。

日本脳炎

日本脳炎 (JE)は、蚊に刺されて広がる脳のウイルス感染症です。一般的に、JEは軽度のインフルエンザのような症状のみを引き起こします。しかし、一部の人々では、JEは高熱、発作、さらには麻痺を引き起こす可能性があります。

JEワクチンは、特にJE流行地域に住んでいる、または旅行している場合、1歳から投与されます。ワクチンは、長期的な保護のために1〜2年後に再び投与することができます。

デング熱

デング熱の免疫化は、蚊によって広がるデング熱のリスクを減らすために行われます。 ネッタイシマカ。デング熱ワクチンは、9〜16歳のときに6か月間隔で3回接種されます。