高コレステロールの兆候について調べる

制御されていない高コレステロール値は、脳卒中、心臓発作、末梢動脈疾患(PAD)などの危険な病気につながる可能性があります。したがって、これらの病気を避けるためには、高コレステロールの兆候を知ることが重要です.

実際、コレステロールは必ずしもあなたの体に悪いわけではありません。なぜなら、体は代謝プロセスをサポートし、新しい細胞を作り、ビタミンDの生成を助け、ホルモンを形成するためにこれらの物質を実際に必要とするからです。

残念ながら、不健康なライフスタイルは、血中のコレステロール値の上昇を引き起こす主な要因であることがよくあります。この状態が続くと、コレステロールがプラークを形成し、血流を遮断して心臓や血管の病気を引き起こします。

高コレステロールの兆候

確かに、高コレステロール値を確実に説明できる「典型的な」苦情はありません。それでも、誰かが高コレステロールを持っているときにしばしば感じられるいくつかの症状があります:

1.首の痛み

筋肉や神経の痛みなど、さまざまな原因が考えられますが、実際、この苦情は高コレステロール血症の人によく見られます。これは、首の領域の血管にプラークが蓄積することに関連しています。このプラークの蓄積は、首や脳への血流を妨げる可能性があります。

2.足の疲れや痛みを感じやすい

血中の高レベルのコレステロールの結果として現れる血管のプラークは、体組織への血流の減少を引き起こす可能性があります。これが最終的に高コレステロール血症の人をより疲れやすくするものです。さらに、このプラークの蓄積が脚の血管で発生した場合、患者の脚の領域は重く、痛みを感じ、さらには灼熱感のような刺痛を感じる可能性があります。

3.胸の痛み

コレステロール値が高すぎると、心臓の血管にもプラークが蓄積する可能性があります。これは、心臓への血流を妨害し、阻害することさえあります。

この結果として一般的に発生する不満の1つは、胸の痛みです。閉塞が完全であっても、心臓発作を引き起こす可能性があります。

高コレステロールを防ぐ

危険な可能性のある高コレステロールのさまざまな影響を回避するために、次の予防措置を講じることをお勧めします。

1.食事を調整する

高コレステロールを防ぐためにできる一つの方法は、より健康になるように食事を調整することです。ファーストフードに含まれる飽和脂肪とトランス脂肪の量を減らすことから始めます。

代わりに、魚、鶏の胸肉の煮物またはグリル、低脂肪の乳製品、ナッツ、葉物野菜など、低脂肪または健康的な脂肪を含む食品を選択してください。

2.喫煙をやめる

喫煙習慣は、血管内のコレステロールプラーク形成のリスクを高める可能性があります。したがって、高コレステロールによるプラークの蓄積のリスクを減らすために喫煙をやめてください。

3.定期的に運動する

上記の2つの方法に加えて、コレステロール値の上昇を防ぎ、コレステロール値を下げるのを助けるために、定期的に運動することもお勧めします。

高コレステロールの兆候は、直接感じることができない場合があります。したがって、不健康な食生活やパターン、喫煙、肥満などの危険因子がある場合、または上記の苦情を経験したことがある場合は、医師に定期的に健康診断を行ってください。これは、コレステロール値を測定し、高コレステロール値による合併症を防ぐために必要です。