妊娠中のセックス:それを行うための安全で適切な方法を認識する

一部の妊婦は、胎児に有害であると考えられているため、妊娠中にセックスをすることをためらうことがあります。実際、正しく行われれば、妊娠中のセックスは有害ではなく、実際に妊娠中の女性と胎児に利益をもたらします。

妊娠中のセックスは実際には安全なので、妊娠中の女性はそれをしたいのか心配する必要はありません。しかし、妊娠中の女性が性的欲求の低下を経験することをしばしば引き起こす多くの要因があります。

これは、ホルモンの変化、乳房の圧痛、過敏症など、妊娠初期の体の状態のさまざまな変化によって引き起こされる可能性があります。 つわり、不安定な感情、そして倦怠感。

また、在胎週数が高くなると、子宮や胎児のサイズも大きくなります。これにより、妊娠中の女性は腰痛などの特定の不満を感じる可能性があるため、セックスをするのが不快になります。

しかし、それは妊娠中のセックスができないという意味ではありません。妊娠中の方がワクワクする女性もいます。あなたがそう感じるならば、彼らが快適で、彼らの体が健康である限り、妊娠中の女性は妊娠中にセックスをすることを恐れる必要はありません。

セックスしても大丈夫ですか?■妊娠中ですか?

妊娠中の女性が妊娠に問題がない限り、妊娠中のセックスは安全であると考えられています。このアクティビティは実際にはもっと楽しく、多くの利点を提供できます。

妊娠中にセックスをすることの利点は、血液循環がスムーズになることです。そのため、胎児の酸素と栄養素の摂取が妨げられることはありません。これは確かに妊婦の健康と胎児の発育に良いです。

実際、妊娠中の定期的なセックスが子癇前症のリスクを減らすことができると述べている研究があります。これは、精子中のHLA-Gのタンパク質含有量が妊婦の免疫システムを改善できるためです。

この活動はまた、子宮内の胎児を傷つけることはありません。子宮内では、胎児を取り巻く羊水が存在し、子宮、骨盤、腹部の筋肉が保護されているため、胎児は十分に保護されています。さらに、子宮頸部の粘液も胎児の感染を防ぎます。

安全で快適な位置 接続する 妊娠中のセックス

妊娠中の女性は、快適な性交体位を選択し、大きくなっている胃の変化に適応することができます。ただし、子宮に圧力がかかる可能性があるため、選択した位置で腹部を過度に圧迫しないようにしてください。

妊娠中にセックスをしたい場合、妊娠中の女性とそのパートナーは次のセックス体位を試すことができます。

1. ポジション 側位

ポジション 側位 これは、特に妊娠後期の妊娠中の女性にとって非常に便利です。この位置では、妊娠中の女性は横向きに寝ることができ、パートナーは妊娠中の女性の後ろに横になります。妊娠中の女性をより快適にし、浸透を促進するために、妊娠中の女性は片足にいくつかの枕を置くことができます。

2.位置sideバイサイド

妊娠中のもう1つの安全で快適な性交体位は並んで。この姿勢は、ベッドに横になって、妊婦とそのパートナーが向かい合うことによって行われます。この位置で行われる浸透はより深くなる可能性があります。

妊娠中の女性とそのパートナーが互いに向き合うので、快適であることに加えて、この位置は親密さを増すことができます。

3.位置騎乗位

騎乗位 妊娠中の女性の胃を落ち込ませないので、妊娠中に行うのに安全な位置です。この位置では、妊娠中の女性は浸透の速度と深さを制御できます。

あなたが動くのにうんざりしているとき、妊娠中の女性は彼らのパートナーに彼らの腰を動かすように頼むことができます、一方、妊娠中の女性は彼らの足を握ります。

4.位置後背位

位置とのセックスNSタイル ひざまずくと、ひじと手で体を這うように支えながら体が曲がります。

この位置は膀胱と子宮に圧力をかけないので、妊娠中に安全に行うことができます。位置で行われた浸透後背位 さらに深くなることもできます。

上記の4つのセックス体位に加えて、オーラルセックスも安全です。血管を塞ぐ空気である空気塞栓症を引き起こす可能性があるため、パートナーが膣に空気を吹き込まないように注意してください。この状態は、妊娠中の女性や胎児にとって致命的となる可能性があります。

一方、肛門性交は、特に妊婦が痔核を持っている場合、肛門から膣への細菌感染の拡大を引き起こす可能性があるため、お勧めできません。

その条件 妊娠中のセックスは避けるべきです

一般的に安全ですが、妊娠中の女性とそのパートナーが妊娠中のセックスを制限または回避する必要があるいくつかの条件があります。

  • 以前の妊娠における大量出血の病歴
  • 以前の妊娠における流産または早産の病歴
  • 膣分泌物または出血
  • 前置胎盤などの胎盤障害
  • 双子の妊娠
  • 前期破水
  • 子宮頸部が開き始めました

上記の条件に加えて、パートナーがヘルペス、性器いぼ、クラミジア、HIVなどの性感染症を患っている場合、妊娠中の女性は妊娠中にセックスをすることもお勧めしません。妊婦や胎児に感染する恐れがあります。

妊娠中の女性とその胎児に害を及ぼす性感染症の感染を防ぐために、妊娠中のセックス中にコンドームを使用することもお勧めします。

妊娠中のセックスは、適切に健康な妊娠状態で行われている限り、妊娠中の女性や胎児に多くの利益をもたらします。

妊娠中の女性がまだ妊娠中のセックスの利点とリスクについて質問がある場合、またはセックスをすることを恐れている場合は、医師に相談することを躊躇しないでください、 はい .