疲れた目を予防し、克服する方法

疲れた目は危険ではなく、休息後に自然に改善します。ただし、チェックしないでおくと、目の疲れがより深刻な障害を引き起こす可能性があります。したがって、自宅で自分でできる疲れた目を予防および治療する方法を知ってください。

眼精疲労は、休むことなく長時間目を使用した結果として発生する障害です。コンピュータの画面を長く見つめすぎたり、 ガジェット、眼精疲労は、車を長距離運転したり、明るすぎる光にさらされたりするなど、他の原因によっても発生する可能性があります。また、老眼が原因で発生することもあります。

目の疲れの訴えはしばしば不快感を引き起こしますが、この状態は一般的に危険ではありません。ただし、場合によっては、目の疲れが視力の問題の兆候である可能性があり、医師によるさらなる治療が必要になります。

多様性を知る 疲れた目の症状

目の疲れから生じる可能性のあるいくつかの症状があります:

  • 目が痛い、痛い、またはかゆみを感じる
  • 水っぽいまたはドライアイ
  • ぼやけたまたはゴーストのビジョン
  • 目は光に対してより敏感になります
  • 集中するのが難しい

目の疲れの症状は、肩、首、背中の痛み、頭痛など、体の他の部分にも広がる可能性があります。睡眠不足、目の疲れは生産性を低下させ、深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

目の疲れを防ぐ方法

いくつかの条件では、特にそれが仕事に関連している場合、目の継続的な使用は避けられません。ただし、次の方法で目の疲れを防ぐことができます。

1.コンピュータ画面の照明と位置を調整します

目の疲れを防ぐために、使用しているコンピューターまたはデバイスの照明を調整できます。また、画面と目の間の安全な視距離(約50〜66 cm)を常に維持するようにしてください。

また、目とコンピューターの画面との距離が保たれるように、位置を調整できる椅子を使用することもできます。

2.部屋の照明を調整します

部屋の照明が明るすぎて眩しすぎないようにしてください。十分な明るさ​​のルームランプや電気スタンドを使用している場合は、コンピューターやデバイスの照明レベルを下げることができます。逆に。

3.目を休ませます 定期的に

コンピューターを使用したり、読書をしたり、車を運転したりするときは、時々休憩を取ることをお勧めします。 20分の作業ごとに、少なくとも20秒間目を休ませてください。

4.定期的に目のケアを行う

ぬるま湯で湿らせた布で目を圧迫したり、目薬で目が乾いたら目薬をリフレッシュするなどの治療で目が疲れるのを防ぐこともできます。

5.適切なメガネまたはコンタクトレンズを選択します

眼鏡やコンタクトレンズを着用する必要がある場合は、コンピューター画面の前で作業するために特別に設計されたものを選択するか、 ガジェット。最初に眼科医に相談して、適切な眼鏡またはコンタクトレンズを決定することができます。

さらに、きれいな空気は、疲労を引き起こすドライアイを防ぐこともできます。したがって、部屋の空気がきれいに保たれるように、作業スペースで喫煙しないようにしてください。

疲れた目を克服する方法

目の疲れを防ぐことができなくなった場合、それを克服する方法はいくつかあります。

  • 目を閉じてこめかみを数分間マッサージし、目の疲れを軽減します。
  • コンピュータ画面の解像度を上げ、部屋の照明を減らします。
  • の間隔、コントラスト、フォントサイズを調整します ガジェット.
  • コンピュータの画面から目を離すか、 ガジェット しばらくの間。
  • 腕、脚、肩、背中を伸ばして体の疲労を軽減します。
  • 目薬または温湿布を使用して、倦怠感によって引き起こされるドライアイを治療します。

オメガ3脂肪酸を含む魚油やビルベリー抽出物などの天然物の使用は、疲れた目の症状を軽減すると考えられています。ただし、これにはさらに調査が必要です。

一つ確かなことは、疲れた目はあなたが休む必要があるというサインです。目を休めるために行う活動の合間に少し時間を取ってください。

上記の倦怠感に対処するためにさまざまな方法を行っても、経験した倦怠感の訴えが改善されない場合は、眼科医に苦情を確認して適切な治療を受ける必要があります。