それを無視しないでください、これは女性の性器の世話をする正しい方法です

女性の臓器を健康に保つためには、女性の性器の世話をすることが重要です。それだけでなく、常によく維持されている親密な臓器は、膣分泌物など、その地域でのさまざまな健康問題の発生を防ぐこともできます。

膣は女性の生殖器系の重要な部分です。適切に手入れされ、洗浄されていない場合、この臓器は膣感染症などの問題を起こしやすいです。それだけでなく、膣の問題や病気は他の生殖器にも広がる可能性があります。

女性の性器の世話をする方法

女性の性器の健康を維持するためにできるいくつかの方法は次のとおりです。

1.膣を適切に掃除します

排尿または排便のたびに、膣をきれいにする必要があります。膣をきれいにする正しい方法は、きれいな水で洗ってから、ティッシュで前から後ろへ、または膣から肛門まで乾かすことです。これは、肛門から膣への細菌の移動を防ぐために重要です。

可能であれば、温水を使用して膣領域をきれいにすることもできます。膣を掃除する前後に手を洗うことを忘れないでください。

2.香水を含む石鹸の使用は避けてください

膣を掃除するときは、石鹸、特に香水を含む石鹸を使用する必要はありません。このタイプの石鹸の使用は、実際に膣内のpHバランスと善玉菌を破壊し、膣領域に炎症を引き起こす可能性があります。

それでも石鹸を使って親密な臓器をきれいにしたい場合は、ラベルの付いた石鹸を選択してください 低アレルギー性.

さらに、膣にスプレーされる女性用衛生製品も避けてください(ダウチング)。これは、その中の成分が実際にpHバランスを乱し、膣感染症のリスクを高める可能性があるためです。

3.タオルで乾かします

洗浄後は、膣部分を湿らせておくために、清潔なタオルまたは軟組織で親密な部分を乾かすことを忘れないでください。膣内の細菌や真菌の増殖を防ぐことも重要です。

4.適切な下着を使用する

下着の使用と手入れも考慮する必要があります。汗を吸収しやすく、過度の湿気を避けるためにきつすぎない綿の下着を着用してください。

少量の洗剤を含み、柔軟仕上げ剤を含まない石鹸で下着を洗ってください。特に活動後や湿気や濡れを感じたときは、定期的に下着を交換することを忘れないでください。

5.香り付きパッドの使用は避けてください

月経中は、特に敏感肌の場合は、香りのある生理用ナプキンの使用を避けてください。パッドの香水含有量は、あなたの親密な臓器を刺激し、膣分泌物を引き起こす可能性があります。

さらに、少なくとも3〜4時間ごとに頻繁にパッドを交換することもお勧めします。これは、感染や膣内の不快な臭いの発生を防ぐために行うことが重要です。

6.伝統的な治療法に注意してください

百や膣のグラなどの女性の性器に対する伝統的な治療法は、女性の臓器を浄化し、栄養を与えると長い間信じられてきました。しかし、これらの伝統的な治療法が膣の衛生とケアを維持するのに効果的であることが証明されていることを示す研究はありません。

女性の親密な臓器の健康に良いことが証明されていないことは別として、100分の1からの蒸気と熱い煙の使用は実際に膣に刺激と火傷を引き起こす危険があります。

親密な臓器のために特別な洗浄液が必要ですか?

実際、膣は膣液を通して自分自身をきれいにすることができる器官です。膣には、その領域のpHバランスを維持できる善玉菌がたくさんあります。これは、膣領域を攻撃する可能性のある悪玉菌や真菌の増殖を防ぐのに役立ちます。

液体の女性の性器を浄化することは確かに膣の領域をきれいにすることができます。しかし、残念ながら、これらのタイプの液体のほとんどは、膣を保護する善玉菌を含め、実際にはすべてをきれいにします。

さらに、膣洗浄液が女性の性器を感染から保護できることを証明する研究はありません。一方、これらの製品は感染のリスクを高める可能性があります。

したがって、医師の推奨がない限り、膣洗浄液の使用は避けてください。使用したい場合は、まず医師に相談することをお勧めします。

女性の親密な臓器障害の原因に注意してください

女性の性器の世話を日常的に行うことに加えて、膣障害の次の原因にも注意する必要があります。

ホルモンの変化

閉経に近づくにつれてホルモンのエストロゲンのレベルが低下すると、女性の性器の状態に影響を与える可能性があります。これにより、膣の内壁が薄くなり、天然の潤滑剤として機能する膣液が減少します。

膣液の減少は、膣の乾燥を引き起こし、性交中に痛みを引き起こす可能性があります。

セックスの問題

強制的で強すぎる特定の性的運動を行うと、親密な臓器に損傷を与え、膣を不快に感じる可能性があります。

さらに、性感染症は、女性と骨盤領域に痛みを引き起こし、骨盤の炎症や子宮頸がんなどの他の病気の合併症を引き起こす可能性もあります。

ストレス

ストレスや不安やうつ病などの心理的問題を頻繁に経験する女性は、セックスにあまり熱心ではありません。また、セックス中に女性に痛みや不快感を与える可能性もあります。

避妊薬

コンドームや殺精子剤などの避妊薬の使用は、特に敏感肌の女性やこれらの物質にアレルギーのある女性に、膣の炎症を引き起こす可能性があります。その結果、親密な臓器は不快または痛みを感じるでしょう。

上記の女性の性器の世話をするためのさまざまな手順は、たまに行うことはできません。定期的に行うことをお勧めします。

さらに、女性の性器の健康を維持するために、安全なセックスを実践することも重要です。たとえば、セックス中は常にコンドームを使用し、性的パートナーを変えないようにします。

親密な臓器の健康状態を確認したい場合、または女性の性器とそれらを適切に維持する方法についてまだ質問がある場合は、医師に相談して答えを見つけることができます。