粉ミルクに適さない赤ちゃんの特徴とその対処法をここで知ってください!

粉ミルクに適さない赤ちゃんの特徴を母親が認識することは重要です.NS起源, この症状が認識されず、粉ミルクが飲み続けられた場合, 時間が経つにつれて、子供たちは成長と発達障害を経験する可能性があります.

市場で入手可能なすべての粉ミルク製品がすべての子供に適しているわけではありません。一部の製品は、粉ミルクに適さない粉ミルクを引き起こす可能性さえあります。通常、これは、乳児が粉ミルクにアレルギーがあるか、乳糖不耐症であるために発生します。

粉ミルクアレルギーは、粉ミルクのタンパク質の1つに対して過剰な乳児の免疫応答です。一方、乳糖不耐症は、乳糖の天然糖である乳糖を体が消化できないことによって引き起こされる反応です。

この2つによって引き起こされる消化器系の問題は非常に似ている可能性があり、母親を混乱させることがあります。

粉ミルクに適さない赤ちゃんの特徴

粉ミルクアレルギーによって引き起こされる粉ミルクに適さない乳児の特徴は次のとおりです。

  • 腹痛、嘔吐、疝痛、下痢、便秘、時には血便などの消化器系の問題
  • 赤くかゆみを伴う発疹、唇、顔、目の周りの腫れなど、皮膚への反応
  • 風邪などのアレルギー症状
  • 治療しても良くならない湿疹
  • 喘鳴、咳、息切れなどの呼吸器系の問題
  • 直ちに医師の診察が必要なアナフィラキシー反応

乳糖不耐症のために粉ミルクに適さない乳児の特徴は次のとおりです。

  • 重度の下痢
  • ギャグ
  • 胃のけいれんや痛み
  • むくんだ

上記の症状は、粉ミルクを飲んだ後、数分から数時間以内に現れることがあります。

粉ミルクに適さない赤ちゃんの症状を克服するためのヒント

粉ミルクに適さない赤ちゃんの特徴に正しく対応できるように、次のヒントを参考にしてください。

  • あなたの子供が本当に粉ミルク以外の選択肢がない場合は、あなたの子供により適した粉ミルク製品の交換について医師または栄養士に相談してください。
  • 最初に医師の診察を受けずに、大豆ベースのものを含むいかなる種類の粉ミルクもあなたの子供に与えないでください。
  • あなたがまだあなたの子供を母乳で育てているならば、ミルクまたは乳製品のない食事療法をしてください。

乳糖不耐症のために乳児が粉ミルクと互換性がない場合は、次の方法で対処できます。

  • 乳糖を含むすべての乳製品および食品を避けるか、制限してください。
  • 買い物をするときは、乳糖や牛乳が含まれていないことを確認するために食品ラベルをチェックしてください。
  • 乳糖を含まない乳製品を1つあげましょう。
  • あなたの子供に新しい食べ物を与えるとき、乳糖不耐症の症状が発生するかどうかに注意してください。
  • 牛乳からのカルシウム摂取の代わりに、緑の野菜、フルーツジュース、豆腐、ブロッコリー、サーモン、柑橘系の果物などのカルシウム源を含む、赤ちゃんの母乳の完全な補完食品。
  • 赤ちゃんの食事に、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、リンなどの他のビタミンやミネラルを補給することも忘れないでください。

お子様が上記のように粉ミルクに適さない赤ちゃんの特徴を示している場合は、適切な粉ミルクと、お子様の体に重要な栄養源が必要かどうかについて、すぐに医師または栄養士に相談することをお勧めします。