皮膚の赤い斑点は、次の10の病気によって引き起こされる可能性があります

皮膚の赤い斑点は一般的に軽度で、自然に消えることがよくあります。ただし、赤い斑点が現れることも特定の病状の症状である可能性があり、すぐに治療する必要があるため、この状態を軽視しないでください。

皮膚の赤い斑点は、感染、炎症、アレルギーなどのさまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。ほとんどの赤い斑点は自然に消えて無害ですが、医師による治療が必要なものもあります。

適切に治療するためには、まず皮膚に赤い斑点が現れる原因を知る必要があります。

皮膚の赤い斑点のさまざまな原因

皮膚の赤い斑点の出現は、いくつかの条件によって引き起こされる可能性があります。

1.沸騰

癤は、細菌によって引き起こされる毛包または皮脂腺の皮膚感染症です NSタピロコック我ら。この病気の初期の症状は、皮膚の赤い斑点と感染部位の柔らかいしこりの出現です。

4〜7日後、しこりは白くなり、皮膚の下に膿を形成します。癤は、体を清潔に保たず、免疫力が弱く、糖尿病に苦しんでいる人によく見られます。

2.膿痂疹

皮膚の赤い斑点は、膿痂疹によっても引き起こされる可能性があります。この状態は、細菌感染が原因で発生します 黄色ブドウ球菌。膿痂疹は、鼻、口、手、足の周りの皮膚など、どこにでも現れる可能性のある痛みや赤い斑点が特徴です。

数日後、傷口が破裂して黄色い液体を放出し、乾燥して痂皮を形成する可能性があります。膿痂疹は、皮膚にクリームを塗るか、医師が処方した抗生物質の錠剤を服用することで治療できます。

3.蜂巣炎

蜂巣炎は、皮膚の赤い斑点、腫れ、痛み、膿を引き起こす可能性があります。この状態はほとんどの場合足に現れますが、体のほとんどの部分を除外するものではありません。

蜂巣炎は、発生する感染症が体全体に急速に広がり、生命を脅かす可能性があるため、すぐに治療する必要があります。

4.にきび

ホルモンの要因、遺伝学から不適切な化粧品の使用に至るまで、にきびの出現を引き起こす可能性のあるさまざまな要因があります。現れるにきびの重症度は、軽度、中等度、重度の場合があります。

軽度のにきびは、最初は黒または白の斑点として現れることがありますが、重度のにきびは、赤く膿が充満した斑点を引き起こし、瘢痕組織を形成する可能性があります。

にきびを治療するには、過酸化ベンゾイル、レチノイド、抗生物質などの局所薬または経口薬を使用できます。ただし、これらの薬を使用する前に、まず医師に相談する必要があります。

5.フルンkulosis

癤は、膿と痛みを伴うしこりを特徴とする皮膚の細菌感染症です。これらのしこりは、癤としても知られています。癤は通常、首、脇の下、太もも、または臀部の皮膚に現れます.

6.

これらは、皮膚の下に集まる皮膚上の赤い膿で満たされた斑点です。この状態は細菌感染によって引き起こされます 黄色ブドウ球菌 肌の表面に。

通常、首の後ろや太ももの側面に現れます。現れる赤い斑点は、破裂し、膿をにじみ出させ、皮膚に潰瘍を形成する可能性があります。赤い斑点に加えて、付随する症状 発熱、倦怠感、そして痛みです。

7.毛嚢炎

毛嚢炎は、細菌または真菌感染によって引き起こされる毛包の炎症です。この状態は通常、皮膚の赤い斑点のように見えるか、毛包の周りの白いにきびに似ています。

毛嚢炎は危険な状態ではありませんが、かゆみ、痛み、不快感を伴うことがあります。軽度の毛嚢炎は通常自然に治りますが、炎症が改善しない、または悪化する場合は医師の診察を受けることをお勧めします。

毛嚢炎が原因で皮膚に赤い斑点が現れるリスクを高める要因はいくつかあります。毛嚢炎は、きつい服を着ていることが多く、口ひげやあごひげを頻繁に剃る習慣があり、清潔に保たれていない温水浴槽に浸ることがあります。

8.天然痘

水痘は、体のどこにでも広がる皮膚の赤い斑点が特徴です。これらの赤い斑点には、水ぶくれや破裂を引き起こす可能性のある透明な液体が含まれています。赤い斑点が折れたり剥がれたりすると、新しい斑点が現れることがあります。

このウイルスによって引き起こされる病気は、大人だけでなく小さな子供も攻撃する可能性があり、伝染性が高いです。実際、水痘の人と同じ部屋にいることで、人が感染する可能性があります。同様に、水痘の膿に感染したアイテムに触れると。

9.皮膚炎

皮膚炎は、皮膚の赤い斑点が特徴の炎症で、乾燥して見え、かゆみを感じます。この状態は軽度から重度の場合があります。重篤な皮膚炎は、液体で満たされたクラストまたは水疱の形成をもたらす可能性があります。

皮膚炎の原因は、免疫系の障害、皮膚炎ウイルスにさらされた物体との直接接触、アレルギー、または遺伝的要因です。皮膚炎の原因となる引っかき傷や細菌への曝露によるかゆみや痛みも、皮膚や膿に赤い斑点を引き起こす可能性があります。

10.疥癬

皮膚に侵入する小さなダニは、疥癬の出現を引き起こす可能性があります。この状態は、かゆみを感じる皮膚の赤い斑点が特徴です。これらの赤い斑点は、細菌に感染すると水疱や膿になる可能性があります。

疥癬ダニは、感染者と直接接触したり、同じベッドで寝たり、タオル、衣類、その他の身の回り品を共有したりすることで広がる可能性があります。

疥癬は伝染性の高い病気です。したがって、医師は通常、疥癬のある人と頻繁に接触するすべてのグループの人々または家族に治療を勧めます。

皮膚に赤い斑点を引き起こすさまざまな病気は、皮膚にさらなる損傷を与えて他の人に広がらないように、すぐに治療する必要があります。

皮膚に赤い斑点ができたり、上記の病気の症状が疑われる場合は、医師に相談して適切な治療を受けてください。