月経前に茶色の斑点が現れる5つの原因を認識する

月経前の茶色の斑点は、ほとんどすべての女性が経験する一般的なものです。ただし、茶色の斑点は特定の状態や病気によっても引き起こされる可能性があるため、この状態を軽視しないでください。

茶色の斑点または血の斑点は通常、月経周期の最初または最後に現れます。ほとんどの場合、この状態は正常で無害です。

しかし、茶色の斑点が継続的に出て、他の症状を伴う場合、これは特定の病状の兆候である可能性があります。

月経前の茶色の斑点の原因

月経前に茶色の斑点が現れる原因はいくつかあります。

1.ストレス

ストレスは、月経周期に影響を与えるホルモンを含む、体内のホルモンレベルを混乱させる可能性があります。これは月経期間に入る前に茶色の斑点の出現を引き起こす可能性があります。

2.妊娠

月経前の茶色の斑点も妊娠の初期の兆候である可能性があります。一般的に、茶色の斑点は妊娠の最初の学期に出てきて、ほとんどの場合、妊娠の6〜7週間で発生します。

ただし、茶色の斑点の出現に腹部のけいれんや通常の月経よりも多く出てくる血液が伴う場合、これは流産の兆候である可能性があります。

3.閉経期

月経前の茶色の斑点は、40歳以上の更年期障害への移行中にも現れる可能性があります。これは、月経周期にも影響を与えるホルモンエストロゲンの量の減少が原因で発生する可能性があります。

4.避妊薬の副作用

経口避妊薬の摂取は、不規則な茶色の斑点の出現を引き起こすことも知られています。避妊薬に加えて、茶色の斑点を引き起こす可能性のある他の避妊薬は、IUDまたはスパイラル避妊薬です。

5.感染症

性感染症、酵母感染症、HPV感染症などの女性の臓器の感染症は、月経前に茶色の斑点が現れる原因となる可能性があります。

それだけでなく、通常、これらの状態には、膣のかゆみや痛み、性交後の痛み、膣からの不快な臭いなどの他の症状も伴います。

月経前の茶色の斑点の出現から注意すべきこと

体を危険にさらす状態ではありませんが、生理前ににきびができた場合は医師にご相談ください。さらに、その状態が痛みやかゆみなどの他の症状を伴う場合、性交後に出血が起こります。

さらに、生理前に茶色の斑点が現れるリスクを減らすためにできるいくつかの方法があります。

  • 体重を維持する
  • ストレスを避ける
  • 推奨されるように避妊薬を変更するか、避妊薬を服用する
  • 定期的なパパニコロウ塗抹標本を実行する

さらに、生理が現れる前に茶色の斑点があるたびに注意することもできます。これらの斑点の存在または斑点の色の変化に伴う他の症状がある場合にも注意してください。

月経前の茶色の斑点の出現に伴う他の苦情がある場合は、原因を特定して適切な治療を行うことができるように医師に相談する必要があります。