後頭部の隆起の原因と注意すべき時期

後頭部のしこりは一般的に無害です。ただし、しこりが痛みを伴う、出血している、サイズが大きくなり続ける、または持続性の頭痛、発熱、嘔吐などの他の症状を伴う場合は、警戒を怠らないでください。

後頭部の隆起にはさまざまな質感や形があり、触ると柔らかく、硬く、形が変わるものもあります。それらはまた、エンドウ豆のサイズからゴルフボールのサイズまで、サイズが異なります。

現れるしこりは、時には痛みを伴うか、まったく痛みがないことさえあります。

後頭部の隆起の原因

以下は、後頭部にしこりが現れる原因のいくつかです。

1.衝突または事故

頭が硬い物体にぶつかったり、転倒によって頭部が怪我をしたりすると、しこりが現れることがあります。この状態は、自分自身を癒すための体の反応の一形態です。

けがによる後頭部のしこりは、紫がかったあざや頭皮の血腫を伴うことがあります。これは、皮膚の表面の下に出血があることを示しています。このタイプのしこりは、通常、数日以内に消えます。

2.成長しない髪

後頭部の隆起は、剃るのが好きな人にも見られます。この状態は、皮膚を通して成長するはずの髪が代わりに皮膚に入るときに発生します。

皮膚に閉じ込められたこれらの毛は、一般的に小さな赤い隆起を引き起こします。無害ですが、埋没毛は感染症や癤を引き起こす可能性があります。

3.毛嚢炎(毛包の感染症)

毛嚢炎は、一般的に細菌や真菌の感染症によって引き起こされる毛包の感染症または炎症です。毛嚢炎の隆起は赤または白で、にきびのように小さいです。

この状態は一般的に無害ですが、かゆみ、脱毛、脱毛を引き起こす可能性があります。

4.基底細胞がん

基底細胞がんは、皮膚の最深層で増殖し、悪性の腫瘍です。これは、発見された最も一般的なタイプの癌です。

色は赤または ピンク 傷、傷、またはしこりがあります。基底細胞癌は一般に、強い日光への曝露の結果として発生します。

5.脂肪腫

脂肪腫は良性の脂肪性腫瘍で、柔らかく触ると柔らかく感じ、変化する可能性があります。脂肪腫は頭に比較的まれであり、肩や首に現れることが多いです。

脂肪腫は通常無痛です。ただし、サイズが大きくなり続ける場合、医師は腫瘍の外科的切除を勧めることがあります。

6.類表皮嚢胞

類表皮嚢胞は、一般的に顔や頭皮の皮膚の下に成長するしこりです。それらは大きくても小さくてもよく、痛みがないことがよくあります。

類表皮嚢胞は、皮膚形成タンパク質であるケラチンの蓄積によって引き起こされます。それらが煩わしくない場合、これらの嚢胞は無害であるため、通常は治療する必要はありません。

7.柱状嚢胞

類表皮嚢胞と同様に、柱状嚢胞はしこりであり、一般的に頭皮に成長します。これらの嚢胞も痛みを引き起こしませんが、それらが大きい場合は外観を乱す可能性があります。

8.脂漏性角化症

脂漏性角化症は、通常、高齢者の頭や首に発生する小さなほくろのような隆起や疣贅です。形は皮膚がんにやや似ていますが、良性で無害に分類されます。

これらのしこりは、凍結療法(凍結手術)または医師による電気外科手術によって取り除くことができます。

9.毛母腫

毛母腫は、良性の毛包の腫瘍です。これらの腫瘍は、子供や青年によく見られます。しこりは一般的に痛みがなく、首、顔、または頭に現れますが、体の他の部分にも現れる可能性があります。

10.外骨腫

外骨腫は、正常な骨の上に新しい骨が良性に成長したときに発生します。この状態は一般的にまれであり、原因は確実にはわかりません。外骨腫は痛みを伴う場合がありますが、痛みがない場合もあります。

後頭部のしこりはいつ危険ですか?

上記のように、後頭部のほとんどのしこりは無害です。ただし、次のような症状が見られる場合は、後頭部のしこりをすぐに検査して治療する必要があることに注意してください。

  • ギャグ
  • 意識の喪失または失神
  • バランス障害または身体協調性
  • 記憶喪失
  • 出入りする痛み
  • 鎮痛剤を服用しても頭痛は良くなりません
  • しこりが大きくなっている、または開いた傷になっている

上記の状態に加えて、血友病などの血液凝固障害の病歴がある場合、または脳手術や頭部の手術を受けた場合は、医師に見えるしこりを取得する必要があります。

けがをしなくても、後頭部にしこりができたら医師の診察を受けてください。医師は原因を究明し、適切な治療を行うために検査を行います。