サカトニック肝臓-利点、投与量および副作用

サカトニック肝臓とは何ですか?

Sakatonic Liverは、鉄欠乏による貧血の治療に役立ちます。その上、サカトニック肝臓も機能します にとって 妊娠中の女性のビタミンやミネラルのニーズを満たします。

Sakatonic Liverは、鉄、ビタミンB群、およびマンガン、カルシウム、亜鉛などの他のミネラルを含むマルチビタミンサプリメントです。ビタミンやサカトニック肝臓などのミネラルサプリメントは、食物だけで摂取するだけでは不十分な場合、または貧血、妊娠中、月経中の場合に、これらの物質に対する体のニーズを満たすために必要です。

肝臓サカトニックの種類と内容

Sakatonic Liverは、100mlおよび310mlのカプセルとシロップにパッケージされています。カプレットのサカトニック肝臓には、次のビタミンとミネラルが含まれています。

  • グルコン酸第一鉄の形の鉄
  • 葉酸
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB3
  • ビタミンB5
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • リン酸カルシウム
  • マンガン

Sakatonic Liverシロップパックには次のビタミンとミネラルが含まれています:

  • リポファーとグルコン酸第一鉄の形の鉄
  • 葉酸
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB3
  • ビタミンB12
  • グルコン酸亜鉛
  • マンガン

あれは何でしょう サカトニック肝臓?

構成鉄とビタミンB群
グループ無料の薬
カテゴリー鉄分とビタミンのサプリメント
利点鉄欠乏性貧血を治療します。
によって消費されます大人と子供
妊娠中および授乳中の母親のためのサカトニック肝臓カテゴリA: 妊娠中の女性を対象とした管理された研究では、胎児へのリスクは示されておらず、胎児に害を及ぼす可能性は低いです。妊娠中の女性は、適切な鉄分を摂取する必要があります。妊娠中にサカトニック肝臓などのサプリメントを服用する必要があるかどうかを産科医に尋ねてください。これらのサプリメントは母乳に吸収されますが、母乳の鉄分は母体の鉄分レベルの影響を受けません。
剤形カプレットとシロップ

消費する前の警告 サカトニック肝臓:

  • サカトニック肝臓の成分に対するアレルギーの病歴がある場合は、医師に相談してください。
  • ヘモクロマトーシスなどの鉄代謝障害がある場合は、医師に相談してください。
  • 糖尿病、肝疾患、大腸炎の病歴がある場合は医師に相談してください。
  • 他の薬、サプリメント、またはハーブ成分を服用しているかどうかを医師に伝えてください。
  • Sakatonic Liverに含まれる成分は、臨床検査の結果に影響を与える可能性があります。特定の臨床検査を行うかどうかを医師に伝えてください。
  • 薬に対するアレルギー反応や過剰摂取の場合は、すぐに医師に連絡してください。

サカトニック肝臓を飲むための投与量と規則

サカトニック肝臓の投与量の詳細は次のとおりです。

肝臓サカトニック投与量カプレット

  • 大人:1カプレット、1日1回。

サカトニック肝臓シロップの投与量

  • 大人:大さじ1〜2、1日1〜2回。
  • 子供:大さじ1、1日1〜2回。

肝臓サカトニックを正しく消費する方法

薬の包装または医師のアドバイスに記載されている使用説明書に従って、サカトニック肝臓を使用してください。医師の助言なしにサカトニック肝臓の投与量を増やさないでください。

サカトニック肝臓は食事の前に摂取することができます。ただし、空腹時にサカトニック肝臓を服用した後に消化不良が発生した場合は、食後にこのサプリメントを服用してください。

サカトニックレバーシロップまたはカプレットを飲んだ後、コップ1杯の水を飲みます。サカトニック肝臓カプレットは、最初に押しつぶしたり噛んだりするのではなく、一度に飲み込む必要があります。

Sakatonic Liverは、室温で直射日光の当たらない乾燥した場所に保管してください。 SakatonicLiverを子供の手の届かないところに保管してください。

他の薬との肝臓サカトニック相互作用

サカトニック肝臓に含まれる成分は、クロラムフェニコール、シプロフロキサシン、テトラサイクリン、フェニトイン、レボドパ、メチルドパ、およびレボチロキシンと併用すると、相互作用と危険な副作用を引き起こします。

肝臓の悪魔的な副作用と危険性

サカトニック肝臓の鉄とビタミンBの含有量は、次のような多くの副作用を引き起こす可能性があります。

  • 便秘
  • 下痢
  • 腹痛
  • 黒い章

サカトニック肝臓に含まれる成分は、一部の人々にアレルギー性薬物反応を引き起こす可能性があります。次のようなアレルギーの症状が現れた場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

  • 皮膚のかゆみを伴う発疹
  • 特定の体の部分の腫れ
  • 呼吸が難しい