妊娠中にパラセタモールを服用しても安全ですか?

熱があるとき、 妊娠中の女性はすぐにパラセタモールでそれを和らげることを考えるかもしれません。これは確かに解熱に使用される最も一般的な薬です。しかし、本当にNSrは安全です番号飲む妊娠中のパラセタモール?

パラセタモールまたは アセトアミノフェン は、発熱、頭痛、歯痛、筋肉痛、または関節痛の治療に一般的に使用される解熱剤および鎮痛剤です。パラセタモールは、医師の処方箋なしで購入できる市販薬でもあります。

安全ですか NSアラセタモール 母によって消費されたNSアミル?

基本的に、妊娠中にパラセタモールを服用することは、この薬が特に妊娠の第2および第3学期に胎児に害を及ぼす可能性があることを示唆する証拠がないため、比較的安全です。

パラセタモールは妊娠中に服用しても安全ですが、妊娠中の女性が最初に産科医に相談したほうがよいでしょう。医師は、妊娠中の女性の全体的な健康状態に基づいて、妊娠中の女性がパラセタモールを服用できるかどうかを判断します。

特に妊娠初期の妊婦の場合、どうしても必要な場合を除いて、病気のときはできるだけ薬の服用を避けてください。その理由は、鎮痛剤を含む特定の薬を最初の学期に服用すると、流産のリスクが高まることが懸念されているためです。

注意事項 NSパラセタモールを服用する前に

妊娠中の女性は、最初に医師に相談することに加えて、パラセタモールを服用する前に次のことに注意を払う必要があります。

1.読むパラセタモールのカフェイン含有量

妊娠中の女性にとって、購入したパラセタモール医薬品に含まれるカフェインのレベルを確認することは重要です。はい、妊娠中の女性にカフェイン含有量の高いパラセタモールを摂取させないでください。これは、流産、低出生体重児、またはその他の健康上の問題のリスクを減らすためです。妊娠中の女性の最大用量は1日あたり200mgです。

2.低用量でパラセタモールを服用します

また、妊娠中の女性がパラセタモールを低用量で短期間のみ服用するようにしてください。妊娠中の女性が安全に摂取できるパラセタモールの投与量は、1日あたり最大500ミリグラムです。

3.手を洗います

妊娠中の女性は、薬を取り扱う前に、細菌が体内に侵入するのを防ぐために、まず手を洗う必要があります。

妊娠中にパラセタモールを服用することは、特に在胎週数が妊娠後期に入った場合、基本的に安全です。それでも、薬を服用する前に、産科医に相談してください。より安全であることに加えて、妊娠中の女性が感じる苦情の原因も知り、対処することができます。